浅野内匠頭屋敷跡 <<築地さんぽ12月号>>

「忠臣蔵」で有名な浅野内匠頭の屋敷跡です。

明石町の聖路加看護大学の敷地内、ちょうど築地川公園に面するあたりに石碑が建っています。築地川公園は、かつてはその名の通り川であり、赤穂浅野家の上屋敷もこの川に面していました。当時、この辺りは鉄砲洲と呼ばれていたようです。

浅野内匠頭屋敷跡に建つ石碑。近くには芥川龍之介出生の地を示す看板もあります

浅野内匠頭屋敷跡に建つ石碑。近くには芥川龍之介出生の地を示す看板もあります

浅野内匠頭長矩は、寛文7年(1667年)にこの屋敷で生まれました。それから34年後に、江戸城中松之廊下で吉良上野介に斬り付けることになります。内匠頭は即日切腹、浅野家は御家断絶となり、この上屋敷も没収され無主の地となりました。

浅野内匠頭長矩(1667~1701)

浅野内匠頭長矩(1667~1701)

翌年の暮れ、四十七士は本所(現・墨田区両国近辺)の吉良邸に討ち入った後、この上屋敷跡の前を通って、高輪の泉岳寺まで引き揚げました。どんな思いでこの場所を通ったのでしょうか。

なお、浅野内匠頭が生まれた225年後の明治25年(1892年)には、芥川龍之介がこの地で出生しています。母は龍之介の生後すぐに亡くなり、彼は母の実家・芥川家に引き取られましたが、その芥川家が、本所・吉良邸跡の近所にあったのは、奇縁と言うほかありません。

築地さんぽ(本文用)