活字発祥の地 <<築地さんぽ7月号>>

築地は、活字に関わる仕事をする私たちにとっては格別の意味を持つ街です。

写真の明朝かな書体は「築地体」と呼ばれます。その名の通り、築地で生まれた日本初のかな活字の書体です。日本の明朝体のかな活字は、この「築地体」が基になって、その書体を多様に発展させていきました。築地は、日本の活字発祥の地でもあるのです。

築地体の書体見本の一種

築地体の書体見本の一種

「築地体」の誕生には2人の人物が関わっています。日本の活字活版の父ともいえる本木昌造と、その弟子・平野富二です。江戸幕府の長崎オランダ通詞の家に生まれた本木は西洋文明に強い関心を持ち、活版印刷にも早くから興味を抱いていました。そして維新後、中国から漢字活字を持ち込んで、長崎に活版所を創業しました。

東京活版の跡地のコンワビルの敷地内には、活字発祥の記念碑がひっそりと建つ

東京活版の跡地のコンワビルの敷地内には、活字発祥の記念碑がひっそりと建つ

しかし、かなの活字がまだ存在せず、事業経営も苦しいものでした。そこで、本木は平野の経営の才を見込み、市場の大きな東京に進出させました。1873年(明治6年)のことで、東京築地活版製造所の興りです。平野は、ここで「築地体」の活字のほか活版印刷機も製造・販売し、印刷業も展開しました。事業は成功し、「築地活版」の社名は業界の大看板になりました。そのため、築地周辺には印刷・出版など関連業種の会社が多く集まりました。築地周辺に今でも印刷屋さんが多いのはこの名残です。「築地活版」の所在地は、現在の築地1丁目、京橋築地小学校近くのコンワビルの辺りでしたが、今では小さな記念碑がそのことを知らせるのみです。

 


築地さんぽ(本文用)