テレビ観戦のための競技トリビア

テレビ観戦のための競技トリビアを掲載しました。

▽唯一のIOC誕生競技「近代五種」

近代オリンピックの父、フランスのクーベルタン男爵が、古代アテネオリンピックの五種競技(レスリング、円盤投げ、やり投げ、走り幅跳び、短距離走)に倣い、近代オリンピックを創設する際に考案した。そのことから「古代」五種競技に対して「近代」五種競技と呼ばれる。数あるオリンピック競技の中で唯一、国際オリンピック委員会(IOC)から誕生した競技である。

▽クレー射撃の的は鳩だった

クレー射撃に使用される「クレー」は、粘土を素焼きし、直径15cmほどの円盤状に加工したもの。今日ではこのクレーを的として使用するが、前身となる競技では生きたアオバトを放ち標的に使っていたことから、「クレーピジョン(粘土の鳩)」とも呼ばれる。何らかの原因でクレーが放出されなかった場合に「ノーバード」というのも、当時の名残である。

▽E.T.」のBMXは日本製

自転車競技に使用するBMX.。大ヒットした映画「E.T.」で、主人公とE.T.が月に向かって飛んでいく名場面に使われたBMXは大阪の「桑原商会」(当時)が開発したもの。スピルバーグ監督がどんな自転車を使おうか、出演者の子供たちにリサーチところ、「KUWAHARA」と答えたからだといわれる。USJには、この時使われたBMXのレプリカが飾られている。

▽マラソン

スタートからゴールするまでに要した最長タイムについて。
マラソンの最長記録保持は日本人の金栗四三(かなぐりしそう)さん。記録は54年8ヶ月6日5時間32分20秒3。
金栗さんは1912年にストックホルムオリンピックに出場、しかしレース中日射病で倒れてしまい、すぐそばの農家で介抱されました。通常棄権となるところ手違いがあり競技の途中で行方不明になったという記録となっていた。そんな中、1967年にストックホルムではオリンピック開催55周年記念式典が行われ、オリンピック委員会が過去の記録を調べたところと金栗さんが棄権ではないことに気付き54年ぶりのマラソン完走が実現しました。粋なはからいですね。当時金栗さんは75歳でした。

▽シンクロナイズドスイミング ノーズクリップの意外な効果

競技者が鼻に着けるノーズクリップ。これは鼻から水が入らないようにすることの他に、空気を体外に排出しないことで浮力を維持する効果があるといわれている。
シンクロナイズドスイミングの選手の鼻が高い(高く見える?)のはノーズクリップを着用しているから、という噂が一部美容ファンの間で都市伝説のように囁かれていたが、その効果は定かではない。

▽テニスのカウント

テニスは4ポイント獲得で1ゲームを取ることができるが、ポイントの数え方は0、1、2、3、4ではなく0、15、30、40。なぜこのような数え方になったのかは諸説あるが代表的なものを紹介する。
14世紀ごろのフランスのドゥニエ銅貨一枚の価値が15スウという単位であった。テニスプレーヤーがこのドゥニエ銅貨を賭けに使用したため1ポイントを15という単位で表したとする説。その他、時計の文字盤を4分割したために15という単位を採用したなどが有力な説。これらの説に従うと、3ポイント目は40ではなく45になるはずだが、45だとフィフティ・ファイブとなり言いづらかったために単純化したとも言われている。

▽3000m障害

一般的に3000mSCと表記される。「SC」とは「スティープルチェイス」(Steeplechase)の略。“Steeple(教会の尖塔)を追う(chase)”という意味の競技名が示す通り、村の教会を出発点とし、別のある村の教会をゴールとした徒競走をする際に村境を示す柵や堀を飛び越えて行ったことに由来する。障害物と水豪は、競馬の障害競走を陸上競技に転用したという説もある。

▽ハードル

男子110mHのハードルの高さ1.067mは、3フィート6インチ。これはJR在来線のレール幅と同じ。日本最初の鉄道はイギリスの技術を導入して開業したためだ。陸上競技の発祥地がイギリスであることの名残といえる。バーの高さより低い位置を通ってはいけないルールだが、400mHではカーブを走りながらハードルを越えるために後から越える“抜き足”がバーより低い位置を通ってしまい、レース後に失格となるケースもある。

▽長短距離走

400mまでの種目では、「位置について」「用意」の後、号砲が鳴る。800m以上の種目では、「位置について」の後に号砲が鳴る。短距離種目は「追い風」の中で競技を行えば当然のように風の力で自分本来の力よりも加速でるため、追い風2mを超えるコンディションで出した記録は参考記録となり、正式な記録とは認められない。