ドラフト会議を楽しむ視点とは

楽天がドラフトに参加してから10年が経過。今年もプロ野球ドラフト会議の季節がやってきた。10月23日の開催を前に、「今年はやや不作」と言われている。昨年も同様の扱いだったものの、ふたを開けてみれば前評判の高かった大瀬良大地を筆頭に、又吉克樹や森唯斗らのようにチームの主力に成長した選手も数多くいる。プロとして華々しい実績を残す選手もいれば、その逆もいるプロの世界への入り口 ドラフト会議。今回は様々な角度から直近10年(2004~2013年)のドラフト会議を振り返ってみたい。

表1は、球団別ドラフト指名選手たちのプロ契約後の動向をまとめたものとなっている。こちらを参考にしながら読み進めていただきたい。※表中の「○」は日本プロ球団所属選手。数字は、戦力外を基準に日本プロ球団所属外となった選手のプロ所属年数(今後の動向とは別に、今年戦力外となった選手も含む)。
表1 巨人
表1 阪神
表1 広島
表1 中日
表1 DeNA
表1 ヤクルト

表1 ホークス
表1 オリックス
表1 日本ハム
表1 ロッテ
表1 西武
表1 楽天

■どれくらいプロに残っているの!?

それでは表2をご覧ください。こちらは、ドラフト指名後に晴れてプロ契約を結んだ選手が戦力外通告を受けずに現在もプロ野球界に在籍しているかをドラフト年度別にまとめたものとなっている(日本ハムを退団した多田野数人やダルビッシュ有、田中将大らメジャーリーガーは除外)。当然のことながら、直近になればなるほど在籍率は高い。その一方で、10年前ともなると4割も残っていない。以前に比べて選手寿命が延びたとは言え、一流の選手以外は生き残れないのがプロの世界ということだろう。また、直近10年の平均プロ球団退団年数は4.5年となっている。
表2

■最低は巨人の54%

次は表3。こちらは球団の視点から、指名した選手が日本プロ野球界に選手として在籍しているかを計ったもの。※トレードや戦力外となったものの他球団に移籍した場合でも、ドラフト指名後に入団した球団で計算。12球団を見渡して見て60%台が多い中、巨人だけが圧倒的に低い数値(54.0%)をたたき出している。その理由は以下のように推測される。
表3

巨人のドラフト指名選手において、その多くを占めるのが育成ドラフトの選手たち。他球団がこれまで15人前後の選手を獲得しているのに対し、巨人は38人と倍以上。3年という契約期間で結果が出なかった育成選手は戦力外を通知され、その絶対数が多いことにより、低いプロ在籍率の数値が出ている。

しかしその一方で、松本哲也や山口鉄也らのように育成選手出身で新人王に輝く例もあり、できることなら金の卵を多く採りたいのが本音。ただ、当然のことながら育成選手にも球団が負担する人件費が掛かっており、現実的には資金力が豊富な巨人にしか成し得ない戦略とも言える。

■日本ハムと西武の共通点は?

巨人とは逆に、在籍率が高いのが西武と日本ハムで70%を超えている。意外にもこちらの理由も育成選手に関係がありそう。西武がこれまで2選手獲得しているのに対し、日本ハムはゼロ。驚くことにこれまで1人の育成選手も獲得していないのである。両球団ともに在籍する選手へ出場機会を与えるため、育成選手獲得に消極的なのだ。その甲斐あって日本ハムでは、大谷が二刀流に成功、西武も浅村や秋山らが主力に成長しており、生え抜きレギュラーが多いのも共通点と言える。限りある戦力を底上げすることでチーム力を上げようとする西武や日本ハムに対し、多くの戦力を保持し、その中から光る原石を探し続ける巨人といった、それぞれ各球団の方針が数字となって現れている。

球団の今後を占うドラフト会議まであと少し。今年のドラフトではどんなドラマが生まれるのか。今回取り上げた視点から各球団の獲得選手を見てみると、その球団の思い描く未来予想図がうっすら見えてくるかもしれない。