【プロ野球】CS1stステージ勝つのはどっちだ

プロ野球のクライマックスシリーズが11日から開幕する。セ・リーグが昨年と同じ広島と阪神の対戦、一方のパ・リーグは昨年5位のオリックスと最下位の日本ハムが顔を合わせる。日本シリーズへの第一関門を突破するのはどちらのチームなのか、超短期決戦のポイントを紹介したい。

■広島-阪神 阪神の有利は動かず

まずはセ・リーグの対戦から。8月末まで巨人を含めた3チームでの優勝争いを展開していた両チームだが、ともに巨人との直接対決で3連敗、勝負どころで力不足を露呈してしまった。その後両チーム決め手を欠きながらの2位争いは広島の最終戦までもつれ、6日の広島-巨人の結果次第となった。広島が引き分け以上ならマツダスタジアムで、広島が負ければ甲子園でシリーズが開催されるが、いずれにしても阪神の圧倒的有利は動かないだろう。その根拠は3つある。

1.広島救援陣の崩壊と絶好調の呉昇桓

まずは最初のポイント。表1は9月以降の両チーム救援陣の成績である。もっとも登板数の多い中田が3敗し、防御率10.66の惨状なのを筆頭にすべての投手がイニング数を上回る被安打を記録、出ればピンチを招くような状態となっている。加えて守護神のミコライオが4日に登録抹消、暫定の抑えには中崎の名前が挙がっているが経験不足は否めない。右肩関節炎からの復帰を目指す一岡も代役候補だが実戦復帰もまだの状態で復帰できても不安はぬぐえない。大量リードする展開は望みにくいポストシーズンの試合で、終盤を任せられる投手が皆無という状況は大きなマイナス要素となるだろう。

表1

表1

一方の阪神は呉昇桓が絶好調、9月以降は13試合に登板、15回2/3を投げて被安打はわずかに3、失点も2、イニングをまたいでの登板も何度も成功させており獅子奮迅の活躍を見せている。さらに広島戦では14回を自責点0と完ぺきな内容を残している。抑え不在の広島との差は大きい。ただし、唯一の不安はセットアッパー。今シーズン8回を任されてきた福原が9月以降絶不調。広島戦も得意とはいえず9月26日、10月1日と2度にわたってピンチを招いて降板、呉昇桓の救援を仰いでいる。形にこだわる傾向がみられる和田監督と中西投手コーチが福原のセットアッパー起用にこだわるようであれば蟻の一穴となりかねないだろう。

2.大事な試合を落とし続けた広島の失速

次のポイントは広島のチーム状態だ。表2は9月以降の広島の対戦チーム別成績である。9月以降12勝15敗と負け越しているのだがその内容は数字以上に悪い。得意のDeNA、ヤクルト戦に勝ち越すことでなんとか星を稼いでいるものの、優勝や2位を争った巨人、阪神戦は2勝9敗と大きく負け越しているのだ。9月以降阪神戦4勝1敗、巨人戦5勝2敗として初のクライマックスに臨んだ昨シーズンとの勢いの差は明らかで苦戦は免れないのではないだろうか。

表2

表2

3.阪神3本柱の充実

最後に(3)のポイント。阪神の先発が予想される3投手は広島で好内容を残している(表3)。能見は主軸の丸に対して10打数0安打、菊池に9打数1安打で対戦被打率は.211、メッセンジャーも堂林を13打数1安打、エルドレッドを7打数1安打に抑えるなど被打率は.207、藤浪は対広島6勝の好相性だ。広島救援陣に大きな不安があるだけに、試合を確実に作れる3投手がいることは大きなアドバンテージとなる。

表3

表3

阪神最大の敵は?

最後に両チームにとって最大のポイントとなる点が1つずつある。有利な情勢は間違いない阪神だがファイナルステージ進出に向けて最大の課題となるのがその「負の歴史」である。表4は過去に阪神がクライマックスシリーズに進出したシーズンの全結果
である。なんと4回出場したシリーズで勝ち抜けは0回、試合に勝ったのもたったの1試合しかないのである。シーズン中は五分に戦った相手からは1勝もできず、17勝6敗と大きく勝ち越していた2008年の中日からでさえ1勝を挙げるのが精いっぱいだった。メンバーが移り変わり、監督が交代しても消せない勝負弱さを今年こそ払拭できるだろうか。

表4

表4

一方の広島は守護神ミコライオの登録抹消を可能な限りプラスとしたい。9月以降のミコライオはケガの影響からか不安定な内容に終始、2度の緊急降板をするなどチーム最大のアキレス腱となっていたことも事実。むしろこの抹消で空いた外国人枠を最大限活用することを考えたい。昇格の候補はバリントンとキラ。ひじ痛から復帰を目指すバリントンはファイナルステージ進出の場合の先発候補でもあるが、これだけ救援陣の層が薄い状態であればプルペン待機も考えたい。そしてキラ。昨年のクライマックス初戦では藤浪から逆転3ランを放ち勝利の立役者となった。今シーズンは好調が持続せず終盤は2軍暮らしが続いたが、対メッセンジャーは4打数2安打2四球、対藤浪は15打数5安打6四球、そして呉昇桓からはチーム唯一の得点となるホームランを放っている。投手力を考えると打ち勝つ必要がある今回のシリーズでは、切り札としてスタメン起用まで検討してもよいのではないだろうか。

■オリックス-日本ハム 対戦成績は互角、先発の選択がポイントか

パ・リーグも好調とは言い難いチーム同士の対戦となった。ソフトバンクと激しい優勝争いをしたオリックスだが、9月以降9勝14敗と失速したソフトバンクに対して12勝15敗とこちらも負け越し。結局10月2日の大一番にも敗れて優勝は成らなかった。今シーズンチームを支えた救援陣にも疲労の色は濃く、チーム状態は決して良いとはいえない。一方の日本ハムは2位とも4位とも大きく差が開きモチベーションを保ちづらい状況での終盤戦となった。結果9月は13勝13敗の5割。勝ったり負けたりで好調が続かないままレギュラーシーズンを終えた。この両チームの対戦成績も12勝12敗と互角、打線や先発陣の力も拮抗していてどちらが勝ってもおかしくないシリーズとなりそうだ。

最大のポイントは初戦の投げ合い

このシリーズ最大のポイントはパ・リーグ最高の投手・金子と桁違いの成長力で2年目にしてリーグを代表する投手となった大谷の先発が予想される初戦の勝敗だ。両チーム2番手以降の先発投手は現時点でも流動的、オリックスは安定感のあるディクソン、松葉、後半戦不調も12勝を挙げている西が先発候補、日本ハムはオリックス戦4勝の上沢、チーム最多26先発のメンドーサらが候補となるがいずれも絶対的な存在ではなく、初戦をとって楽な状態で先発させたいところ。さらにオリックスは今シーズン金子先発で負けた試合の翌日は2勝5敗と苦戦、エースの敗戦は次の試合へ影響も大きく何としても金子で勝ちたいところだ。

ハム戦未勝利の金子、大谷は万全で投げられるか

金子、大谷の日本ハム戦、オリックス戦の成績は表5のとおり。大谷は対オリックス2戦2勝。直近の登板となった9月13日の先発では完封勝利を挙げており、いい印象で試合に臨めそうだ。ただ9月末に体調を崩し先発をスキップしたのは不安材料、5日の試合で復帰し2回無失点、公式戦自己最速の162キロをマークするなど結果は残したが今年初の中5日で万全の状態にできるかがキーになる。

表5

表5

一方の金子は日本ハム戦に3度登板、意外なことに一度も勝っておらず試合も3戦全敗、すべての試合で3失点以上を記録するなど実力からすると満足のいく結果ではない。そして金子には大きな不安材料が1つある。それがデーゲームだ。このシリーズはすべて14:00開始のデーゲームで行われるのだが、今シーズンの金子はデーゲームの登板がわずか2回で2敗、防御率、被打率、WHIPなども軒並み成績を落としている。これは今年だけの傾向ではなく2012年以降毎年のことだ(表6)。今季最大の大一番が普段と違う時間帯に行われることがどのように影響するのか?この点にも注目をしてみたい。

表6

表6

クライマックスシリーズが始まって8年目、ファーストステージ(旧第1ステージ)の出場チームにこれほど好調なチームがいないのは珍しい。長いシーズンを何とか戦い終えたといった様子の各チームがどのように最後の力を振り絞るのか。それぞれのチームの首脳陣の実力も問われる、今年はそんなポストシーズンとなるのではないだろうか。