【プロ野球】個人タイトルを取るのは誰だ

プロ野球のレギュラーシーズンもいよいよあと十数試合を残すのみとなった。セ・リーグでは巨人が完全に抜け出しリーグ優勝目前、パ・リーグでは逃げるソフトバンクをオリックスが必死に追っている。その一方で個人タイトル争いも佳境を迎えている。下位チームのファンにとっては残された楽しみの一つでもあるタイトルレース。今回はその行方を占ってみたい。
※文中、表中の成績は9月20日現在

表1

表1

表2

表2

■首位打者

セ・リーグはマートンが逃げ切り濃厚、パ・リーグは大混戦

まずは両リーグの首位打者争いから。セ・リーグでは2010年3位、2011年2位、2013年4位とあと少しで首位打者を逃してきた阪神のマートンを今シーズン打撃開眼した2人の若手二塁手、ヤクルトの山田と広島の菊池が追う展開となっていたが、ここにきてマートンがほぼ安全圏までリードを広げた。表1はマートンの残り試合での成績により最終打率を、追う2人が上回るために必要な成績を表したものである。マートンが残りの試合で2割そこそこの打率(33打数7安打)で終わったとしても菊池、山田が上回るためには残りの試合で5割近い成績が必要なのだ。阪神の順位が確定すれば打率を落とさないために欠場することも可能で、よほどのスランプに見舞われない限りは初タイトルを獲得することになりそうだ。
一方のパ・リーグは大混戦。表2はセ・リーグと同様に現在首位打者の糸井(オリックス)を追う4人が上回るために必要な成績を並べたものである。20日現在で1位糸井と2位銀次(楽天)の差はわずか1毛。3位の内川(ソフトバンク)も前を行く2人が残りの試合で3割を切るようであれば可能性は十分、柳田(ソフトバンク)、中村(ソフトバンク)の2人は相当なペースアップが必要だが7試合で13、14安打は不可能な数字ではない。
ただソフトバンク勢は全日程の終了が10月2日と早いのがネック、逆に3日以降に4試合を残している銀次が立場上一番有利となりそうだ。糸井は8月下旬から調子が下降気味だったが19、20日に2試合連続本塁打と復調気配、オリックスからの首位打者となれば2000年のイチロー以来実に14年ぶりだ。

■本塁打王

セ・リーグはエルドレッドでほぼ決まり、パ・リーグは3人の争い

首位打者と同様にセ・リーグはほぼ決まり、パ・リーグはまだまだ激しい争いが繰り広げられそうだ。セのエルドレッド(広島)は8月以降深刻なスランプに陥り、19日に34号を放つまで55日間もノーアーチが続いた。しかし3本差に迫ったバレンティン(ヤクルト)も手術のため21日の試合が今シーズン最終戦となることが濃厚。そのほかに追いつける選手は見当たらず初のタイトルを獲得しそうだ。パ・リーグは西武のメヒアが32本でトップ、1本差で同僚の中村とペーニャ(オリックス)が追っている。西武、オリックスともに残り試合は12と条件はほぼ互角だが本塁打ペースで上回るメヒアがやはり有力だろう。もし3選手が同時タイトルとなれば1943年の岩本章、加藤正二、古川清蔵(すべて名古屋)が4本塁打で並んで以来71年ぶりの珍事となる。

■打点王

セ・リーグはゴメスがリード広げる、パ・リーグは中田が初タイトルへ

セ・リーグはエルドレッドに一時10点以上の差をつけられていた阪神のゴメスが9月に入って逆転、20日の試合では3打点を挙げて100打点を突破した。2位に落ちたエルドレッドもここにきて復調の気配があるが残り試合11試合で8点差は大きくゴメスが来日1年目でのタイトル獲得となりそうだ。パは日本ハムの4番中田がペーニャに7点差をつけてリードしている。1試合3打点以上が12試合と爆発力のあるペーニャの追撃を抑えたいところだが、前を打つ1番・西川、2番・中島が揃って調子を落としているのが気がかりだ。

■盗塁王

梶谷、西川がともに初タイトル濃厚

両リーグともに1位が抜け出している。DeNAの梶谷は2位に12個差と大量リード、2位の大島(中日)は残りが7試合で追いつくのは厳しい。DeNAからの盗塁王は横浜時代の2000年石井琢朗以来となる。パ・リーグは日本ハム西川がリード、2位以下の柳田、ヘルマン(オリックス)、糸井は優勝争い中とあって自由に走るわけにはいかず追撃は難しそうだ。昨シーズン陽岱鋼が球団史上初の盗塁王となった日本ハムから2年続けての盗塁王となりそうだ。

表3,4

表3,4

■最多勝

メッセンジャーが混戦抜け出す、パ・リーグは金子が2度目のタイトルへ

井納、久保とDeNA勢がリードしていた最多勝争いだが、14日、20日に連勝した阪神のメッセンジャーがトップに立った。そのほか上位の投手と予想される残り登板数をまとめたものが表3だ。メッセンジャーは残り2登板で連勝すれば確定、1勝に終わっても久保が3連勝しない限りは問題なし。追う5投手はメッセンジャーが未勝利に終わった場合にチャンスがでてくる。久保、井納はチーム21年ぶりの最多勝タイトルをめざし、菅野(巨人)が獲得すればMVP最有力となるだろう。パ・リーグはトップの金子(オリックス)が残り3度登板すれば最有力だが、早めに順位が確定すれば2度の可能性もある。その場合追う則本(楽天)、岸(西武)がタイトル獲得のために登板を増やすことも考えられそうだ。とくに則本は絶好調、ここ一番での強さもあり逆転の可能性は十分だ。

■最優秀防御率

セ・リーグは菅野、前田の一騎打ち、大谷は金子を逆転できるのか?

セ・リーグは菅野が前田を一歩リードしている。指のケガから復帰後は2登板で2失点と好調、次回登板が予想される中日戦で好投すれば1999年上原以来となる入団2年目での最優秀防御率タイトル獲得に大きく前進となる。追う前田の残り3登板は今季9勝を挙げている本拠地マツダスタジアムでの試合となりそう。地元の利を生かして再逆転すれば史上2人目の3年連続の最優秀防御率獲得だ。パ・リーグはここも金子がリード、2位につける大谷(日本ハム)が残りの登板で18イニング無失点だとしても、金子は18イニング5失点で上回ることが可能。二刀流でタイトル獲得ともなれば快挙だがそのハードルは相当高い。

■最多奪三振

メッセンジャーは決まり、金子は則本を抑え投手三冠なるか?

セ・リーグはメッセンジャーが218奪三振でトップ、2位に50個以上の差をつけて独走しており、2年連続の奪三振王は間違いない。セ・リーグで200個以上の奪三振王タイトル獲得は2004年の井川以来だ。パ・リーグは19日の試合で14奪三振の則本が1位の金子に5個差に迫った。9月の奪三振数は金子の13個に対して則本は29個。勢いの差は明らかで逆転が濃厚か。金子はこのタイトルを獲得すればパ・リーグでは斉藤和己以来となる投手三冠達成に大きく近づくがチームの優勝争いも佳境なだけに三振狙いの投球は難しいだろう。