<プロ野球>出身地&投打あれこれ

ドラフト指名という狭き門をくぐった者のみが入団を許される、日本野球界の頂点・日本プロ野球。今回は、その世界に入団できたプロ野球選手たちのバックボーンにある出身地(都道府県・国ともに含む)や投打(例:右投げ左打ちなど)に注目してみたいと思う。

まずは、出身地について。これは野球選手に限らず、サッカー選手や芸能人などでも気になるところ。過去に自分と同じ出身地の選手や芸能人を見つけては妙な親近感を覚えた経験がおありの方も多いはず。

■大阪、福岡、神奈川…

表1

表1

それでは、表1をご覧いただきたい。こちらは、2014年現在、プロ野球界に所属する選手の出身地を場所別にまとめたもの。上位は大阪、福岡、神奈川など高校野球でも強豪校を多く抱える土地が上位にランクインしている。それと同時に、赤字にも注目していただきたい。これらは、プロ野球の球団を抱える都道府県となっている。やはり、地元に憧れの対象となる球団が存在するということは、小さい子供たちにとっても大事なことであると同時に、それに伴う小・中・高校などの育成環境との連係にも大きな影響を与えていることがうかがえる。

■鳥取県が唯一の現役選手1人

現在現役でプレーしているプロ野球選手は、見事に47都道府県すべてから輩出されている。が、それをかろうじて守ったのが鳥取県で、現役プロ野球選手は1人だけとなっている。かつては、川口和久や角盈男といった名投手を生んだ土地にあって、唯一のプロ野球選手として頑張っているのが広島のルーキー・九里亜蓮。開幕こそ1軍だったものの、勝ち星に恵まれず現在は2軍で調整中だ。地元の星として、ぜひとも奮起を期待したいところ。

■変化する獲得外人選手

表2

表2

次に、出身者数上位10地域の選手をポジション別に示した表2をご覧いただきたい。ここでは、唯一ランクインしてきた米国や、その他の海外国に着目したい。この表からも分かるように投手の人数が野手に比べて圧倒的に多くなっている。以前は主砲に外国人選手を必ず獲得するイメージがあったが、今の主流は柱になれる先発投手やクローザーに外国人投手を配置すること。この数字を見ても分かるように、各球団とも外国人投手の獲得に、より力を入れてきている証拠となっている。

■自国選手の奮起に期待

それを招いている要因としては、日本人投手のメジャー挑戦が挙げられるのではないだろうか。近年では、田中将大やダルビッシュ有らを筆頭に日本で結果を出した投手の海外挑戦が頻繁に行われている。球団はそれに伴う代わりの選手として、自国の選手に頼るのではなく海外投手に依存。支配下選手数というしばりの中での優先順位も「外国籍野手」<「外国籍投手」に推移している結果と言える。

■唯一の右投げ左打ちは?

表3

表3

次に選手の投打について。表3にまとめたのが現役選手の投打一覧となっている。時代の流れなのか、両打ちが増えてきているのがうかがえる。両打ちで有名なのは松井稼頭央だが、1990年以降の生まれの選手では8人も存在するなど、これからも増えていく傾向にありそうだ。また、珍しい投打と言える左投げ右打ちが3人も存在する。その内訳は、投手2人に野手1人。中でも、現在プロ野球に所属する野手で唯一の左投げ右打ちなのが、オリックス竹原直隆。一塁に走るのに左打席より距離がある右打席。それゆえ、左投げであれば本来左打席に入るのがセオリーなところを、持ち前の長打力と俊足を武器に右打席でプロに上り詰めた外野手だ。現在1軍では思うような成績を残せていないものの、2軍ではイ・ウ両リーグで本塁打王になるなど、その素質は抜群。早くその実力が開花してほしい。