【甲子園】決勝でプレーしたプロ野球選手たち

大阪桐蔭の2年ぶり4度目の優勝で幕を閉じた夏の甲子園。夏の決勝と言えば、全国の高校球児の最終目標となる試合。今回は青春時代の最高目標とも言えるこの試合でプレーし、プロ野球選手になれた。そんな素晴らしい経歴を持つ選手たちを紹介したい。

○2014年 大阪桐蔭-三重

表1

表1

決勝戦を戦ったばかりの両チームから今年のドラフト候補を紹介したい。まず打の候補では、大阪桐蔭の主軸を担う、香月一也と正随優弥の両スラッガーに注目。香月は抜群のバッティング技術に高校通算30発の長打力を兼備した内野手で、一方の正随も振り切るスイングから放たれる強烈な打球が魅力で運動神経抜群の外野手だ。また投手では、全6試合で計814球を投げた三重・今井重太朗に期待。テンポ良く、粘り強い投球が身上の投手で、大学・社会人を経験してからでも面白い存在になりそう。

○2013年 前橋育英-延岡学園

優勝した前橋育英のエース高橋光成が2年生だったこともあり、現時点でプロ入りした選手は0。ただ延岡学園の先発・横瀬 貴広は神奈川大、3番手の奈須怜斗は早稲田大、決勝打を放った前橋育英の4番荒井海斗は明治大で野球を続けている。98年以降、夏の甲子園決勝でプレーした選手は少なくとも1人はプロ入りしており彼らの今後に期待したい。

○2012年 大阪桐蔭-光星学院

大阪桐蔭春夏連覇のバッテリー藤浪晋太郎(阪神)と森友哉(西武)はともにドラフト1位でプロ入り、2人とも1年目から実力を発揮している。一方の光星学院も北條史也(阪神)と田村龍弘(ロッテ)がプロへ。この2人は前年も決勝でプレーしており、これは2005、2006年の田中将大以来の快挙だった。

○2011年 日大三-光星学院

翌年も決勝に進んだ光星学院からは北條、田村のほかに川上竜平(ヤクルト)もドラフト1位でプロに進んだ。優勝した日大三からはまだプロ入りした選手はいない。

○2010年 興南-東海大相模

沖縄県勢初優勝を果たした興南のエース島袋洋奨は現在中央大の4年生、秋のドラフトでの指名を待っている。島袋と投げ合った一二三慎太(阪神)はドラフト1位でプロへ進み外野手に転向した。

○2009年 中京大中京-日本文理

近年屈指の名勝負となった決勝戦。優勝した中京大中京のバッテリー堂林翔太と磯村嘉孝はともに広島からの指名を受けプロでもチームメイトとなった。日本文理からのプロ入りはなし。エースの伊藤直輝は東北福祉大→ヤマハで野球を続けている。

○2008年 大阪桐蔭-常葉菊川

大阪桐蔭の1番浅村栄斗は大会を通じて29打数16安打の活躍で優勝に貢献、ドラフト3位で西武入りした。この試合からのプロ入りは浅村1人だけとなりそうだ。

○2007年 佐賀北-広陵

甲子園ベストゲームの1つ。8回裏に副島浩史が放った逆転満塁本塁打はいまも語り草となっている。その一発を浴びた野村祐輔(広島)小林誠司(巨人)のバッテリーに加え、土生翔平(広島)と上本崇司(広島)と4人の選手がプロへ進んだ。4人がプロ入りしたチームは2001年の日大三以来だ。

○2006年 早稲田実-駒大苫小牧

説明の必要のないほど有名となった一戦。死闘を繰り広げた斎藤佑樹(日本ハム)と田中将大(楽天→ヤンキース)がプロ入りしたのは周知のとおり。ただこの試合からはもう1人プロ入りした選手がいる。早稲田実控えの2年生投手だった塚田晃平は早稲田大に進学後育成ドラフトで広島入り。2年で戦力外となってしまったが、いまもアメリカ独立リーグで野球を続けている。

○2005年 駒大苫小牧-京都外大西

ご存知のとおり駒大苫小牧の田中将大はいまやヤンキースのエース。57年ぶりの大会2連覇、3年連続の決勝進出を果たした駒大苫小牧だがその後プロ入りしたのは田中ただ一人だ。

○2004年 駒大苫小牧-済美

大エース田中の活躍で優勝した翌年とは違いこの年の駒大苫小牧は猛打での優勝だった。壮絶な打ち合いに敗れ春夏連覇を逃した済美のエース福井優也はその後広島へ、主砲の鵜久森淳志はその年のドラフトで日本ハム入りした。

○2003年 常総学院-東北

東北勢初優勝を目指した東北の前に名将木内監督率いる常総学院が立ちはだかった試合。4失点で完投した東北のダルビッシ有は日本ハムからレンジャースへ。その球を受けたキャッチャーの佐藤弘祐は巨人、サードの加藤政義は大学進学後日本ハム入りし再びダルビッシュとチームメイトになった。勝った常総学院の坂克彦は近鉄でプロ入り、現在は阪神で貴重なベンチプレーヤーとして活躍している。

○2002年 明徳義塾-智弁和歌山

明徳義塾のショート森岡良介はドラフト1位で中日入り、2008年に戦力外となったがトライアウトを経て入団したヤクルトでは選手会長を務めるなど第一線で活躍中。キャッチャーの筧裕次郎は近鉄入り後、分配ドラフトでオリックスに移籍した。

○2001年 日大三-近江

98年以降では最多の6人がプロ野球選手となった試合。勝った日大三のエース近藤一樹はオリックスで2ケタ勝利を挙げるなど活躍したが、千葉英貴(横浜)内田和也(ヤクルト)都築克幸(中日)は期待に応える活躍ができず現役を終えた。継投で勝ち進んだ近江の2投手、島脇信也(オリックス)竹内和也(西武)もプロでは結果を出すことができなかった。

○2000年 智弁和歌山-東海大浦安

史上最強打線と呼ばれた智弁和歌山の主軸だった武内晋一は早稲田大に進学後、希望枠でヤクルト入り。以降はレギュラーには定着できていないが長打力と守備力を生かし貴重な戦力となっている。敗れた東海大浦安のショート山田憲はその年のドラフトで日本ハム入りしたが1軍でプレーすることはできなかった。

○1999年 桐生第一-岡山理大付

群馬県勢初優勝を果たした桐生第一のエース正田樹はドラフト1位で日本ハム入りし3年目には新人王と華々しく野球人生をスタートさせたがその後は波乱万丈。トレードで移籍した阪神を戦力外となった後は台湾、アメリカマイナーリーグ、BCリーグ・群馬とチームを転々としたが2011年に4年ぶりにヤクルトでNPBに復帰、2013年には8年ぶりの勝利投手となった。現在は四国アイランドリーグでプレー中だ。正田の控えだった一場靖弘(楽天→ヤクルト)も裏金問題などで波乱の野球人を送った。桐生第一の4番だった大廣翔治(楽天)もプロ入り。敗れた岡山理大付の3番手岡本直也も横浜に入団、メキシカンリーグ、マイナーリーグなどでプレー後ヤクルト入りしNPB復帰。偶然にも正田と似たプロ野球人生を送った。

○1998年 横浜―京都成章

史上最強のチームの1つ横浜が春夏連覇を果たした試合。エースの松坂は西武からメジャーリーガーとなった。女房役の小山(中日)小池正晃(横浜→中日→DeNA)もプロでプレー、クリーンナップの一角を務めた後藤武敏は西武入団後DeNAに移籍、甲子園決勝でプレー経験のあるNPBの現役選手では最年長だ。松坂にノーヒットノーランを喫し敗れた京都成章のキャッチャー吉見太一は大学、社会人を経て2006年にプロ入り、1年だけ松坂と同じチームに在籍することになったが、試合でバッテリーを組むことはなかった。

○1998年 夏の甲子園を戦った“松阪世代”のその後

表2

表2

松坂を筆頭に、杉内俊哉(巨人)や和田毅(カブス)ら多くの優れた高校球児を輩出したことで知られる「松坂世代」。この世代からは、実に93人ものプロ野球選手が誕生した。そのうち98年夏の甲子園出場校からは、36人(大学・社会人経由含む)がプロの世界に飛び込み、先述の3人以外にも村田修一(巨人)永川勝浩(広島)久保康友(DeNA)らが現在も第一線で活躍中だ。前項の「甲子園決勝→プロ野球」に進んだ選手は「甲子園出場→プロ野球」の進路を取った選手の14%にも当たる。また、プロに入った「松坂世代」93人の38%に当たる35人が今も現役(日米合わせて)でプレーしており、「甲子園出場校の選手」に限れば、47%と半数近くが現役だというから驚きだ。