首位ホークスの意外な弱点とは

パ・リーグ首位を走るソフトバンクホークス。打率10傑に7選手がランクインするなど好調な攻撃陣を擁する一方で、投手陣でも大隣憲司が難病から復帰、さらには育成入団の飯田優也がプロ初勝利を挙げるなど、3年ぶりのV奪回へ向けまい進中だ。そんな盤石の戦いを見せているホークスにも意外な? 弱点が存在していた。

■増加の一途を辿る、盗塁企図数

表1

表1

表1には、2004年以降のチーム盗塁阻止率をまとめた。まず、05年以前の阻止率とそれ以降の阻止率を比較していただきたい。明らかに05年を境に下落傾向にあるのが見て取れる。それもそのはず、05年までは球界を代表する捕手・城島健司が在籍していたからだ。城島が抜けた06年以降は、盗塁企図数(盗塁を試みられた回数)が増加の一途を辿り、ついには08、09、12、13年の計4年間でリーグワーストの企図数を誇るまでになってしまった。さらに、許した盗塁数でも前述の年に07年を加えた計5年間でリーグワーストを記録。つまり、城島が抜けて以降、ホークスは慢性的に「盗塁を許してしまう」状態に陥ってしまっているのだ。

■意外なあの人がチームワースト記録

表2

表2

では、今年はどうかと言うと…企図数はワースト、許した盗塁数もワースト2位と例年通りの成績となっている(表2参照)。幸いにも得点圏被打率.262を上回る好調な打線(チーム得点圏打率.279)のおかげで首位をキープしているものの、その根は深そうだ。投手個人で見てみると、意外なあの人がチームワーストの成績をたたき出していた。

■リーグでも三冠達成

表3

表3

表3をご覧いただきたい。こちらは、ホークス先発投手陣の盗塁阻止成績を比較したもの。各投手それぞれに投球回のばらつきがあるものの、「盗塁企図数」で摂津が他を大きく引き離してのワースト1位となっている。また、「9回あたり」でみた企図数でも、1.83と他投手の倍以上の数値が示すように、他球団は摂津との対戦時に多くの盗塁を試みているのである。同様に表4にパ・リーグの規定投球回数到達者との比較を示したが、こちらでも「盗塁企図数」「許盗塁」「9回あたりの企図数」で三冠を達成。つまり、意外なことに球界随一とも称されるコントロールの持ち主である摂津が、一番盗塁を仕掛けられているということの証拠だ。

■共同作業とは言え…

表4

表4

そうは言っても、盗塁はバッテリーで防ぐ共同作業でもある。では、ホークス捕手陣の盗塁阻止率はどうかというと、表5にあるように細川の盗塁阻止率の低さが目立っている。西武時代は高い盗塁阻止能力を誇っていたが、ソフトバンク移籍後は成績が低下している。細川は摂津とコンビを組むことが多く、その試合では必ずと言っていいほど盗塁企図数が増えることに。実際に、8月1日の試合でも2回企図されている。この試合では細川が意地を見せた形でともにアウトとしたが、もはや恒例ともいえる。一方今季から加入の鶴岡はリーグ2位の阻止率で気を吐いており、この点では的確な補強だったのだが、リード面で信頼を得ることができておらずレギュラーに固定されていない。まさに一長一短といったところで悩ましい問題となっている。

■チーム全体の共通意識で

表5

表5

摂津だけのせいではなく、もはやチームとして他チームからナメラレタ状態にあることは変わりない。ここ数年の結果を見ても分かるように、ホークスにとってのウイークポイントはまさしく「盗塁企図」ならびに「許盗塁数」である。クイックの習得など一朝一夕でできることではないが、一丸となって取り組まないことには今後もずっと付きまとう課題である。この弱点を克服できたときに「最強ホークス」が誕生することだろう。