あのトレードの結果は?5年間のトレードを振り返る

7月22日にヤクルト-ソフトバンク間でトレードが成立、ソフトバンクからは新垣、山中の2投手、ヤクルトからは日高投手と川島内野手が新天地に異動となった。NPBでは7月の末までトレードを行うことが可能で、新外国人の補強とともにシーズン中に行える戦力補強の手段となっている。今回は過去5年間のトレードを振り返り、その結果や球団ごとの傾向を検証してみたい。

オリックス、DeNAは積極的に活用、消極的なチームは?

図1

図1

まずは図1をご覧いただきたい。これは過去5年間(2010シーズン開幕以降)に成立したトレードの図である。トレードが成立したチーム同士を線で結び、件数の多いチーム間を太線で表している。オリックス、DeNA、そして西武、楽天が多くのトレードを成立させていることがお分かりいただけるかと思う。この中で最も特徴的なチームがオリックスだ。基本的にトレードは異なるリーグに所属するチーム間で成立することが多い。実際、過去5年間にセ・リーグ内で成立したトレードはわずか2件である。しかしオリックスは同じパ・リーグのチームとも数多くの取引を行っていて、ソフトバンクとは3件、ロッテ、西武とも2件のトレードを成立させている。この姿勢が大きな成果を生んだのが2013年シーズン前の大型トレードだ。オリックスは日本ハムに木佐貫、大引の主力選手と赤田を放出、その見返りとして球界を代表する外野手である糸井と八木を獲得したのだ。このトレードは結果的に大成功となった。2013年のシーズンは順位こそ5位だったものの、成績は前年から大きく向上、そして今シーズンはソフトバンクと激しく首位を争うほどにチームが強化された。糸井の獲得が長く低迷していたチームの潮目を変えたといえるのではないだろうか。

オリックス以外ではDeNAが多くのトレードを敢行しているが、オリックスとは違いセ・リーグとの取引はゼロ。投手同士の交換や、内野手の獲得が目立つもののチームを変えるほどの成功例は見られない。多村、吉川輝の再獲得、地元横浜高校の後藤、土屋を獲得するなど地元、縁故を重視する傾向がうかがえる。
逆にトレードに消極的なのが広島、中日、ロッテの3球団だ。広島はオフシーズンの動きがほとんどなく、シーズン中の穴埋め的な動きのみ。中日は件数が少ないうえに選手同士の交換ではなく金銭トレードが多い。この5年間での交換トレードはわずかに2件だ。ロッテは2011年シーズンまでは積極的に活用していたが、2011年オフ以降はわずかに1件、12球団一とも言われる外野の選手層を誇るだけにその活用を図ってもよいのではないだろうか。

最もトクしたチーム、損したチームは?

表1

表1

表2

表2

次に表1と2をご覧いただきたい。これはトレードで放出した選手、獲得した選手を移籍後の成績でランク分けしたものである。獲得した選手にAが多く、放出した選手にCが多いのが理想といえる。これを元に12球団のトレード成功度を5段階(A~E)で評価していきたい。
まずA評価を与えたいチームがオリックスと阪神である。オリックスは前述のように多くのトレードを敢行、Cランクの選手も目立つがなんといっても糸井の獲得が大きい。阪神は成立件数こそ少ないものの水田圭で新井良、若竹で今成を獲得した2件が秀逸。余剰戦力で効果的な補強を果たすという理想的な結果になっている。
次にB評価となるのが、日本ハムと巨人である。日本ハムは”血の入れ替え”的なトレードが多く、その最たる例が糸井のトレードだった。糸井、今成、江尻など移籍先で活躍した選手も多いが、獲得した選手も多くがそれなりの結果を残しており、目的は達しているといえるだろう。巨人はサブロー、高橋信など野手のビックネームの獲得も目立つが、成功例は香月、青木高、朝井と投手に偏る。一方、放出した選手に活躍は目立たず、東野、オビスポ、ロメロなど一時期活躍した選手の放出時期も適切だった。
C評価は4チーム。DeNAは日本ハム同様、選手の入れ替えが目立つが藤田、渡辺直の放出はいまの内野の選手層を考えると痛かった。とくに藤田と内村の交換は藤田の飛躍と内村の伸び悩みという最悪の結果になっている。江尻、長田など役にたった選手も多いが高評価はできない。ソフトバンクは投手の放出が目立つが三瀬以外の投手はほとんど活躍していない。その一方で獲得した選手も金澤以外は大きく活躍した選手もおらず、可もなく不可もなくといったところ。西武は成立件数が多いものの、大半が一軍半クラス。大きくチーム力を向上させた選手はいないが、星孝、鬼崎、米野など一時的にチームの助けになった選手は多い。楽天は毎年多くの投手を獲得してきたが金刃以外はほぼ全滅。しかし前述のように藤田の獲得は大当たりでC評価とした。
D評価は広島とロッテ。ともに近年トレードに消極的。放出して悔やまれる選手も広島の青木高ぐらいで、獲得が成功といえる選手もいない。プラスもないがマイナスもなくこの評価となった。
最後にE評価の2チーム。ヤクルトは獲得した選手がほぼ全滅。渡辺恒が一時中継ぎとして働いたのが目立つ程度だ。鬼崎、川本良、米野など移籍先で一時的ではあるものの一軍で働いた選手がおり、収支としてはマイナスだろう。ただ先日獲得した山中は早くも一軍で登板、新垣も首脳陣の期待は大きくこのトレードの結果如何では評価が大きく変わりそうだ。中日は広島、ロッテ同様、ほとんどトレードを活用せず。その中で岩崎達と小山桂を金銭トレードで楽天に放出、新井良と水田圭を交換するなど少ない動きがマイナスにしか働いておらず評価はできない。

日本のプロ野球ではメジャーリーグのようなビックネームのトレードは滅多に成立しない。しかし、オリックスが糸井を獲得し、楽天が藤田を見出したようにその効果はときにチームを大きな飛躍へ導くことがある。ファンにとっても新たな選手の獲得は大きな楽しみの一つだ。トレード期限まであとわずか、1件でも多く心のときめくトレードが成立することを願いたい。