オールスター未出場の実力者たち

今年もオールスターの季節になった。昨年は外野手として出場した日本ハムの大谷が今年は投手として出場、阪神の藤浪も高卒2年で2度目、巨人の坂本は25歳にして7回目、広島の堂林は22歳にして3回目と若くして常連化する選手たちがいる一方で、長年プロ生活を送りながらいまだこの舞台に縁のない選手たちがいる。今回はプロ生活が10年を超えながらまだオールスターに出場したことのない選手たちをポジション別に紹介したい。
(打者の成績は表1-1、1-2、投手の成績は表2-1、2-2を参照)

表1

表1

表2

表2

■先発投手:安藤優也(阪神、13年目)

2ケタ勝利3回、3年連続で開幕投手を務めた実力者だが、ここまでなぜかオールスターに縁がない。11勝した2005年はオールスター後に7連勝、翌2006年は9月以降に6連勝、5月終了時に6勝していた2008年は6月を全休と活躍期間とオールスターの選考期間がかみ合わないのが一因か。

■中継ぎ投手:横山竜士(広島、20年目)

現役の未出場者の中では最もキャリアが長い選手。2001年にファン投票で中継ぎ投手部門が新設されたが、基本的に中継ぎ投手は選出されにくい。現役で100ホールド以上を記録している10投手のうち横山を含む4投手(日本ハム・宮西、ヤクルト・押本、ヤクルト・松岡)はいまだ未出場だ。

■抑え投手:小山伸一郎(楽天、18年目)

球団創設時から楽天のブルペンを支えてきたベテラン。2007年にはキャリアハイの16セーブ、防御率0.58と抜群の成績だったが、惜しくもすべて後半戦での活躍だった。ちなみに未出場の日本人で最もセーブを挙げているのはロッテの荻野忠寛だ。

■捕手:鶴岡一成(阪神、19年目)

捕手は基本的に3選手が選出されるため、チームのレギュラーであればほかのポジションよりも出場へのハードルは低い。今年もっとも初出場のチャンスがあったのはこの選手だろう。規定打席未到達の谷繁(中日)中村(ヤクルト)が選ばれる人材難のシーズンとなっただけに、レギュラーをつかみかけていた5月下旬の戦線離脱が痛かった。

■一塁手:吉村裕基(ソフトバンク、12年目)

2006年から3年連続で20本塁打以上、2008年にはリーグ5位の34本塁打を放っているが、2007年の一塁には栗原、ウッズ、2008年の外野には青木、金本、ラミレス、内川、和田、前田智とそうそうたるメンツに阻まれてしまった。そして以降は自身の成績が振るわずと、まさに巡りあわせに恵まれなかった選手の代表である。

■二塁手:田中浩康(ヤクルト、10年目)

歴代8位の通算288犠打で通算打率は.274、球界でもっとも2番打者らしい選手の一人。実績は十分だが、3年連続ファン投票で選出の東出(広島)そして荒木、井端の中日勢を超える決め手がなかった。

■三塁手:関本賢太郎(阪神、18年目)

人気球団で長く活躍している名脇役、今年は代打の切り札として活躍中。内野をすべて守った経験のある非常に使い勝手のよい選手だが、オールスター出場という観点からはそのポジションの定まらなさが裏目に出た格好か。ただ球団の大先輩・川藤は19年目にしてオールスターに初出場を果たした。代打の神様として来年はその再現を期待したい。

■遊撃手:後藤光尊(楽天、13年目)

オールスター未出場ながら通算1000安打を超えている2選手のうちの1人。2000年代のオリックスを代表する選手だが、こちらもそのユーティリティー性が出場を阻んだ面があるといえるだろう。ポジションごとに選手をノミネートするファン投票では固定されたポジションのイメージがない選手はどうしても不利になる傾向がある。

■外野手:栗山巧(西武、13年目)

現役で最も実績のある未出場選手、通算1212安打は未出場選手の中でトップの数字だ。長らく強豪西武の主力として活躍しながら、なぜか今まで出場がない。西武ドームで9年ぶりの開催となる今年は最大のチャンスだったがファン投票では5位と届かず。パ・リーグ外野手の層の厚さを証明する選手といえる。

■外野手:亀井善行(巨人、10年目)

2009年のWBCにサプライズ選出、シーズンでも主力として打率.290、25本塁打を記録したがこの年は出場ならず。2009年の赤松真人(広島)や2012年の明石健志(ソフトバンク)のように数少ない活躍年にピンポイントで出場を果たした選手は多いが亀井はその機会を逃してしまった。巨人で2000年以降に規定打席に到達した選手でオールスターに出場がない選手は、亀井と脇谷(現西武)だけだ。

■外野手:赤田将吾(日本ハム、16年目)

全盛期には西武の中心選手として2度の日本一を経験した松坂世代の代表選手だったが、活躍は長く続かず。それでも通算640安打はオールスター未出場選手中7位。

■指名打者:石川雄洋(DeNA、10年目)

今年10年目を迎えたDeNAのキャプテン。通算717安打は未出場選手中5位。入団当初から地元の有力選手として将来を渇望され、2010年には打率.294、36盗塁とブレイクしたがその後はあと一歩殻を破れていない。ただまだ今年で28歳、まだまだ出場のチャンスは十分だ。

ここまで球界である程度の地位を確保しながらオールスターに出場できていない選手たちを紹介してきたが、今年のオールスターで悲願の初出場を果たす選手たちもいる。中日の山井は13年目、ヤクルトの雄平は12年目にして初めてのオールスターだ。紆余曲折を経た選手たちがようやく夢の舞台に出場する姿を見るのも楽しみの一つ。今回名前を挙げた選手たちが一人でも多くその舞台へたどり着くことを期待したい。