敬遠のうまいチームはどこ?

プロ野球には敬遠という作戦がある。守備側の都合で勝負する相手をある程度選択できるというほかの球技にはなかなかない作戦だ。自らピンチを広げることでピンチからの脱出を図るという、ハイリスクハイリターンな作戦をうまく活用しているのはどのチームなのか。今回は敬遠について調べていきたい。

12球団のここまでの敬遠数と成功率(得点をゆるさなければ成功)、敬遠した打者をまとめたものが表1。そして敬遠時の塁状況をまとめたものが表2である。この2つのデータをもとにチームごとの傾向をみてみたい。

表1

表1

表2

表2

積極的なチームはヤクルト、日本ハム、ロッテ

■ヤクルト(試行回数11回、成功率55%)

12球団で最多となる11度の敬遠を行っている。比較的点差があっても試みるところが特徴的なのだが、同点の場面での成功率が83%なのに対して、ビハインド状態での成功率は25%、これ以上リードを広げられたくない場面での敬遠がことごとく裏目に出ている。今季よく見られる大量失点の原因はこのあたりにもありそうだ。ただし1死二塁での敬遠は見事で、5度あったこのケースのうち4度はダブルプレーで切り抜けている。

■日本ハム(試行回数11回、成功率73%)

ヤクルトと並ぶ11度の敬遠を行っているが、こちらは成功率も高い。3度の失敗も2度は続く打者を打ち取りながらその後の打者に打たれたもの。作戦の選択自体は間違っていないといえる。敬遠した打者の顔ぶれからもわかるように危険な打者を徹底的に避ける方針が好結果を生んでいるようだ。この方針がはまったのが6月17日阪神戦の10回。1死二塁で鳥谷を敬遠し、新井良を三振、続くマートンを再び敬遠し今成を打ち取るというまさに思惑通りの結果だった。

■ロッテ(試行回数10回、成功率80%)

成功率は12球団トップ。走者三塁での敬遠が4度、試合中盤の5、6回の敬遠も4度と塁状況よりも、勝負する打者を重視している姿勢がうかがえる。2度許した得点も犠飛によるもので敬遠後の被安打はいまだ0。名捕手だった伊東監督の眼力が十分に発揮されているといえそうだ。

消極的な中日、広島、オリックスは?

■中日(試行回数4回、成功率25%)

4回の敬遠で成功したのは1回だけ、その1回も次打者に四球を与えながらその後をしのいだもので、意図した結果とは言い難い。少ない成功体験が消極的な姿勢を生んでいるのだろうか。

■広島(試行回数3回、成功率33%)

ここまでの敬遠数はわずかに3回。4、5月はリリーフ投手が軒並み好調だったこともありピンチ自体が少なかったことで試行回数も少なくなっていた。最大の失敗は5月31日の楽天戦。同点の9回1死二塁から岡島を避けジョーンズとの勝負を選んだが結果は最悪のサヨナラ3ラン。敬遠の難しさを象徴するシーンとなってしまった。

■オリックス(試行回数0回)

オリックスの試行回数はなんと0回。しかしこの数字にはカラクリがあり実際には勝負を避けている場面はある。ではなぜ0なのか。実は公式記録上の敬遠(故意四球)は、キャッチャーが投球する前から立ち上がっていて投手にストライクを投げる意志がないと公式記録員が判断できる場合でのみ記録されるのだ。今シーズンのオリックスは勝負を避けるケースでもキャッチャーが立ち上っていないため、敬遠としては記録されていないのである。オリックス戦ご覧になるときにはぜひ注目していただきたい。

外国人との勝負は危険

最後に敬遠の成功率を紹介したい。ここまで敬遠が行われたのは79回、うち成功は50回で成功率は63%だった。絶対に点を与えたくないという場面であることを考えるとほぼ3回に2回という成功率は悪くないように感じられる。ただし注意したいのが外国人選手と勝負するケースだ。表3にまとめたようにこのケースは12度あって、結果は9打数4安打2犠飛。内野ゴロでの得点もあり、7度は点を許す結果となっている。とくにメジャーでも大打者だった、ジョーンズ(楽天)はサヨナラ3ラン、キューバの至宝セペダ(巨人)は逆転満塁ホームランを放っている。いくら調子がよくないとはいえバットで勝負してきた選手の集中力は軽視できないものがある。当たり前のこととはいえ相手をよく見て勝負を挑みたいものだ。