防御率5.69、ヤクルトのリリーフはなぜ打たれる?

プロ野球開幕から1か月をすぎ、広島やオリックスなど低迷期の長かった球団が躍進を果たしている。その一方でヤクルト、DeNA、西武の3チームは勝率3割台と苦戦中だ。いったい勝てない理由はなんなのか?それぞれのチームの事情を探ってみた。

■西武 深刻な得点力不足は解消できるのか?

パ・リーグ最下位に沈む西武、大型連敗こそ避けられているものの、3連戦での勝ち越しはわずかに2回と上昇のきっかけをつかめていない。その原因は打撃不振につきる。チーム得点数102、チーム打率.227、ホームランの13本はすべて12球団で最下位と打線の迫力は皆無に等しい。先月25日には主砲・中村が復帰したが、その後の9試合の平均得点も中村復帰前と変わらず3点強と状況は好転していない。DeNAを戦力外になった森本が本来のポジションである外野ではなく一塁でスタメン出場するなど、打者の人材不足は深刻な状況だ。

<表1>

<表1>

表1は主な打者の得点圏での成績だ。得点圏打数が10以上の選手で得点圏打率が3割を超える選手は渡辺。ほとんどの選手が2割前後というひどい状態であることは一目瞭然であるが、とくに注目していただきたいのは三振の数だ。ランサムの15を筆頭に安打よりも三振のほうが多い選手が目立つ。チーム全体での得点圏三振率は.299、パ・リーグ5球団の平均が.209であることからみても非常に高い数字といえるだろう。チャンスの打席でバットに当てることすらできない選手がこれほど多くいては得点が入らないのは道理だろう。
もちろん三振が多いことは悪い面だけではない。じっくりボールを見ていくことの副産物として三振が増えてしまうのは仕方のない面もある。実際西武の四球数はリーグトップの127。出塁数を増やすという面では成功している。しかし、出塁してもそれを返す打者がないのでは意味がない。チャンスで積極的に振っていけるタイプの打者の起用、西武の得点力回復にはこれが必要ではないだろうか。

※注目選手 アーネスト・メヒア

ランサムの不振を受けアトランタ・ブレーブスから獲得した強打の一塁手。メジャーリーグの経験はないもののブレーブスの40人枠には入っておりそれなりの期待は受けていた。マイナーリーグ通算864試合で572打点、3Aの通算でも287試合で199打点と打点を稼げるタイプで、補強ポイントにはぴったり適合している。今シーズンはブレーブス傘下の3Aで開幕から3試合連続本塁打、4月12日からは5試合連続マルチ安打を含む12試合連続安打と絶好調な状態での来日となった。
NPBに適応できるかという最大の問題はもちろんあるが、まだ28歳と若く、当たればチームの救世主となる可能性を感じさせる選手だ。

■ヤクルト 場当たり感を感じる投手起用でリリーフ陣が崩壊

<表2>

<表2>

4月中旬に9連敗を喫し、下位に低迷するヤクルト。バレンティン、畠山など打線には実力者や好調な選手が多く得点力はリーグトップクラスだ。しかし小川、館山の両エースを筆頭に投手陣には故障者が続出。とくに救援投手陣は防御率5.69の惨状で、点をとってもそれ以上に失っている。

表2は投手の苦しい台所事情を表したもの。今シーズン同点の場面で登板したリリーフ投手はすでに8人、3点以内のリードで登板した投手も6人と役割が固定できていないようすが見て取れるだろう。さらに結果をみてみると同点での15登板のうち8度は勝ち越しを許している。3点リードの場面でも失敗(走者をためて降板、同点&逆転を許す)が半分とまったく役目を果たせていない状態だ。

なぜこれほど救援に失敗するのか?その原因と思われるのが「ピンチを作ってからの投手交代」だ。ここまでの試合でヤクルトの投手が得点圏にいる状態で登板したのは19回にも及ぶ。この数字がいかに多いかは投手陣の好調な広島の場合5回しかないということでお分かりいただけるだろう。ピンチでの投手交代は結果に対するリスクが非常に高い。走者を残して降板した投手への信頼は降板した時点で失われ、登板した投手は失敗の許されない状況でのピッチングを余儀なくされる。そして失敗した場合には2人の投手への信頼が同時に失われてしまうのだ。

この「危険な継投」を繰り返すことでベンチには信頼のおける投手がいなくなり、”その日調子のよさそうな投手”や”直近2,3試合で結果を残している投手”などが日替わりで起用される状況に陥ってしまうのである。その場はしのげたとしてもチームの状態として好ましいものではないだろう。

5月1日の試合では同点の6回に登板したカーペンターが勝ち越しを許したが、イニングの最後までは投げきった。結果はうまくいかなかったもののこういう形の継投を継続することができれば投手陣の役割分担もできてくるのではないだろうか。目先の試合結果だけにとらわれない投手起用が浮上へのポイントになる。

※注目選手 秋吉亮

走者がいる状況を苦手とする投手が多い中でルーキーの秋吉の投球内容は注目に値する。ここまで11試合に登板して防御率3.92で0勝3敗と一見パッとしないものの、与えた四球は2、得点圏での被打率は13打数で0安打とリリーフ投手としての高い資質を感じさせる数字を残している。すでに5本のホームランを浴びている点は課題ではあるが、総崩れのブルペンを立て直す際の中心選手として活躍を期待したい。

■DeNA 課題の投手陣は改善せず。しかし打線は強化された

昨シーズンはついに最下位を脱出、さらなる前進が期待されたシーズンだったが開幕からDeNA初年度を上回るペースで黒星を重ねてしまった。しかしここにきて初の4連勝を記録するなど上昇の兆しが出てきている。

<表3>

<表3>

開幕からのつまずきの原因となったのは先発投手だ。表3にあるようにほぼ半数の試合で初回に失点、3回までに失点した試合は全体の75%にも及んでいる。この結果多くの試合で先手を奪われることになり、ここまでにDeNAが先制した試合はわずか8試合。昨年のNPBで先制したチームの勝率は.668である。ほとんどの試合を不利な状況で始めてしまっては勝てないのも無理はないだろう。

しかし投手の質を急に向上させることはできない。先手を取られてしまうことが多い状況を踏まえたうえで、より多くの得点を奪うために攻撃することが勝利への道となるだろう。DeNA打線は昨年より確実に強化されている。昨年28試合を消化した時点での得点数は111、今シーズンは123。打者の出塁率と長打率は昨年が.314/.371、今シーズンが.321/.376。一見変わらないように見えるが昨年のこの時期爆発的に打っていたブランコが今年は半分以上の試合に出場していないことを忘れてはならない。表4はブランコの成績を抜いた昨年と今年の打撃成績の比較だ。ブランコ頼みから脱却しDeNA打線は確実に強化されているのだ。ブランコの復帰が予定される交流戦からはさらに破壊力を増した打線の姿が見られるのではないか。

<表4>

<表4>

投手陣全般という大きいウィークポイントは確かにある。これは一朝一夕には解決できない問題だ。しかし打線というストロングポイントを前面に押し出しこれをある程度カバーすることはできるだろう。強化された打線で昨年以上を目指してもらいたい。

※注目選手 三上朋也

いくら打ち勝つといっても最後だけは投手が締めくくらなくてはいけない。もっとも厳しいポジションをルーキーながらつかもうとしているのがドラフト4位で入団した三上だ。13試合に登板して失点はわずかに1、17イニングで18個の三振を奪い、なによりすごいのはここまで走者がいる状況で打たれた安打はまだ0だということ。試合展開上まだセーブシチュエーションでの登板はないが、守護神としての可能性は十分。初セーブの瞬間を楽しみに待ちたい。

(文中の成績は5月4日現在)