マートン、打点量産の秘密

<表1>

<表1>

阪神のマートンが開幕からハイペースで打点を積み重ねている。5日のヤクルト戦では1試合7打点、11、12日の巨人戦では2試合連続で3ランホームランを記録するなど、打点は20日の時点で早くも29に達した。開幕直後は投手陣の不調もあり調子の上がらなかったチームも、マートンの打棒とともに勝利を重ね現在貯金5で2位につけている。

この打点量産がいかにすごいかを示したのが表1。2004年以降のプロ野球で、マートンと同じ21試合に出場した時点での打点数のランキングとなっている。マートンをしのぐ30打点を記録したのは2004年の阿部(巨人)だ。この年の阿部は開幕から歴史に残る猛打をみせ、当時のプロ野球タイ記録となる月間16本塁打を達成、打点も月間記録としては3位となる35を記録した。また2009年に開幕からの7試合で打率.607、ホームラン7本という空前のスタートダッシュをみせた金本(阪神)は28打点。開幕からの猛打としてプロ野球ファンの間でも語られることの多いこの両者と肩を並べているマートンの活躍がいかに歴史的なのかがお分かりいただけるかと思う。

なぜここまで打点を稼げるのか?4割近い打率や、4割を超える得点圏打率というわかりやすい要素はもちろん、もうすこし細かい事実を検証してみると阪神打線の”絶妙のつながり”が見えてきた。

<表2>

<表2>

まずは表2をご覧いただきたい。セ・リーグ6球団の1番打者から4番打者の出塁率を比較したものだ。打高投低という今シーズンの傾向があるとはいえ、1番と3、4番が4割超、2番打者も3割7分2厘と非常に高水準だ。3番の鳥谷は毎年安定して高い出塁率を誇っているが、西岡の離脱後1番を打つ上本の健闘、そして当初は”打撃が粗い”という評価も多かった4番のゴメスまでもが4割を超える出塁率を記録し、非常に多くの走者がマートンの前にいる状況が作り上げられている。

<表3>

<表3>

それを示すのが表3となる。これは打席に入った際に何人の走者がいたかをランキングしたものだ。マートンの場合、ここまでで両リーグ通じて2位となる85人の走者がおり、この状況で4割近い打率を残すことで打点が飛躍的に増えたのだ。打席での走者数は打点にとって非常に重要で、例えばマートンに近い打率と得点圏打率、本塁打(.391、.412、6本)を記録している広島のエルドレッドの場合、走者数がマートンの約半分の44人しかいないため打点も14と半分に満たない数字となっている。打点というと得点圏打率に注目しがちだが、本当に重要なことは“前の打者の出塁”なのだ。

さらに阪神打線を分析すると意外な要素があった。表4はマートンが29打点目を記録した4月12日時点での阪神上位打線の打撃成績だ。この時点で4人(上本、大和、鳥谷、ゴメス)のホームランはわずか1。さらに3番を打つ鳥谷は打点もわずか2、4番のゴメスも15打点を稼いではいたが、2打点以上の適時打は2本しか打っていなかった。一見すると負の要素にみえるこの数字がマートンの打点量産には好結果を生んだのだ。前述のとおりこの4人の出塁率は高いため、多くの走者が塁をにぎわす状況が生まれやすい。しかしホームランや、走者を一掃するタイムリーはあまり生まれなかったためチャンスの多くはマートンの前で引き継がれ、拡大されたのだ。この打線の流れによって生まれたチャンスと好調な打撃がかみ合ったことでマートンが多くの打点を記録することになったといえるだろう。

<表4>

<表4>

マートンがこのままのペースで打点を増やせば不滅の日本記録ともいわれる小鶴(松竹)の161打点を上回ることも可能だ。13日の巨人戦以降は打点がなく、安打も5本と自身の調子は下降傾向とはいえ、前を打つ鳥谷、ゴメスはますます調子を上げており、1番の上本も好調を維持している。このまま上位の4人が出塁数を維持し、願わくば?ホームランをあまり打たないでいてくれれば秋には日本記録に挑戦するマートンの姿が見られるのではないだろうか。