2000本目前のカープ新井、どんな打者?達成はいつ?

 通算2000安打まであと29本で開幕を迎えた広島の新井が好調なスタートを切っている。開幕戦で2安打を放つと、26日の試合でも同点タイムリーを含む2安打で2試合連続のマルチ安打、2000安打まではあと25本となった。これまで46人の打者が達成している2000安打だが、達成した選手たちの打者としてのタイプは様々だ。表1はこれまで2000安打を達成した打者と新井の通算打率と本塁打率(本塁打数÷打数)を比較したものだ。本塁打率はあまりなじみのない指数だが、例えば本塁打率が.050の場合、年間500打数の打者だとシーズン25本塁打になる。.040~.050ぐらいの数字であれば年間20本塁打を安定してクリアする程度の打者という感覚でとらえていただきたい。
これまで46人で通算打率が最も低かったのが谷繁(現中日監督)の.240、最も高いのは若松勉(ヤクルト)の.31918となっていて、本塁打率は最高が王貞治(巨人)の.094、最低が宮本慎也の.008だった。そして2000安打達成者の平均をとると、打率は.287、本塁打率は.043となった。これに2000安打達成時の平均年齢(39歳)を加えると平均的な2000安打達成者の打者像がみえてくる。つまりシーズンの打率は3割弱、年間20本強の本塁打という成績を40歳手前まで続けると2000安打に到達するというイメージだ。今回2000安打を目前としている新井のこれまでの通算打率は.277、本塁打率は.040、そして年齢は今年で39歳だ。これはかなり2000安打達成者の平均的に近い数字といえないだろうか。表1の「平均」の位置と新井の位置を比べていただいてもかなり接近しているのがお分かりいただけるだろう。選手としてはかなり個性的なイメージの強い新井だが、残してきた成績は「平均的な大打者」ともいえるものなのだ。

過去の達成者の中に新井にきわめて近い成績を残していた選手がいる。表1で新井のすぐ左上にプロットされている選手、これは1960年代から70年代にかけて大洋(現DeNA)の中心打者として活躍した松原誠だ。新井と松原、この二人の成績を比較したものが表2である。打率と本塁打率のほかにも出塁率、長打率、打点、併殺打、四球などの成績がかなり接近している。「松原2世」ともいえる成績を残してきた新井だが、松原とは成績以外にも縁がある。実は新井がレギュラーに定着し始めた2001~2002年のシーズンに一軍チーフコーチ兼打撃コーチを務めていたのが松原だったのだ。恩師ともいえる存在とそっくりな通算成績を残すというのはプロ野球の歴史の中でも稀なことではないだろうか。
表1
表2

新井と縁がある選手と言えば今シーズンから阪神の監督を務める金本だろう。この二人にはそのキャリアに共通点がある。表3は大学から直接プロ入りし2000安打を達成した10人の選手のシーズンごとの通算安打数を比較したものだ。大卒選手が2000安打を達成するにはできるだけ早い段階でのレギュラー定着が必要だ。実際この10人のうち8人は2年目までにシーズン100安打を記録している。そして2年目までに100安打を打っていない2人の例外が新井と金本なのだ。金本は1年目が0安打、2年目が17安打となかなか芽が出ず、初めて年間100安打を放ったのは4年目のシーズン。新井も同じようにレギュラー定着には時間がかかり年間100安打到達は金本と同じ4年目のシーズンだった。即戦力として期待されることの多い大卒選手でありながらたたき上げでレギュラーに定着したという点でこの二人には共通点がある。
表3

 とはいえ新井はまだ2000安打には到達していない。27日の時点ではあと25本となっているが、達成のXデーはいつになるだろうか。表4はこれまでのシーズンで新井が29安打目を放つために要した試合数とその日付をまとめたものである。過去最速だったのは22試合目、最遅はレギュラーではなかった2000年の71試合目。レギュラーとして活躍したシーズンの数字をみてみるとだいたい30試合前後には29安打目が記録されている。そして到達日の打率をみるとお分かりいただけるように、打率3割を超える好調なスタートを切ったシーズンでは3~5試合程度早まり、不調の場合は2~3試合遅れている。今シーズンの広島の30試合目は5月1日マツダスタジアムでの中日戦だ。開幕3連戦での良い状態をみると若干早まる可能性はあるが、29日~1日の中日3連戦の間に達成というシナリオが最も濃厚だろう。ただその前の週末(22~24日)には金本監督率いる阪神とマツダスタジアムでの3連戦が予定されている。切っても切れない関係にある金本監督の前で達成という理想的なシナリオを実現させるためには22~24試合で29安打を放つ必要がある。これは自己最速ペースだ。もしこのペースで安打を重ねることができれば広島ファンにとっても願ってもない展開となるはず。ぜひともこの3連戦での2000安打到達を期待したいところだ。
表4