ヤクルト連覇は黄信号、勝率と得失点でみるオープン戦

 いよいよ開幕するプロ野球、21日まで行われたオープン戦は阪神が7勝3敗5分という成績で首位となり、金本新監督にとっては幸先のよいスタートとなった。さてこのオープン戦の成績についてはいろいろな見方が語られてきた。ペナントレースにが全く関係ないといった無関係説から、最下位だけは良くない、最下位と3位は避けたいといったジンクスめいたものまで様々だ。オープン戦の成績がシーズンに影響するようなことは本当にあるのか?今回はこれまでよく語られてきた「順位」ではなく「勝率」と「得失点」に焦点をあてて検証してみたい。
なぜ「勝率」と「得失点」に着目するのか?それは「順位」がほかのチームの動向の影響を受ける相対的な結果であるのに対して「勝率」と「得失点」は自チームの実力によって生まれた結果である。12チームの中で何位だったという視点ではなく、どれだけ勝てたか、どれだけ点を取ったか、どれだけ点を失わなかったかという視点から結果を検証した。
表1
まずはオープン戦の勝率と公式戦の勝率を比較したものをご覧いただきたい。表1は2005年以降のシーズンでオープン戦の勝率と公式戦の勝率の相関関係を求めたものである。全体的にはかなりばらつきがあり、全体的にはオープン戦の勝率は公式戦にあまり影響しないといえそうだ。オープン戦の勝率が5割以上だったのは全132チーム中72チーム、そのうち30チームがシーズンでも5割以上の勝率だった。これは率にすると約58%でこれだけでは有意な結果とは判断しづらい。オープン戦で5割を超える勝率を残してもそれだけでシーズンの好成績が約束されるほどではないようだ。それでは勝率5割を基準にするのではなく、極端な成績を残したチームだけの結果をみるとどうだろうか?表中に示したオレンジの線はオープン戦の勝率が6割6分7厘の境界、緑の線は3割3分3厘の境界を示している。つまり2勝1敗以上のペースで勝ったチームはオレンジ線の右側、1勝2敗以下のペースで負けたチームは緑線の左側にプロットされている。この極端に勝った/負けたチームの成績に着目すると、全体的な様相よりもよりはっきりとした明暗が表れてくる。オレンジ線の右にプロットされた、つまりオープン戦の勝率が6割6分7厘を超えた20チームのうちシーズンでも5割以上の勝率を残したチームは14チーム、7割のチームが勝率5割を超える好成績を残している(表2)。勝率5割の場合の58%を上回る数字で、ここまでくると「吉兆」と言ってもいいのではないだろうか。今年のオープン戦で勝率が6割6分7厘を超えたのは阪神(7割)ロッテ(6割9分2厘)ソフトバンク(6割6分7厘)の3チームだ。前例通りにいけばこのうち2チームは勝率5割以上が期待できるということになる。
表2
 そしてよりシーズンの成績に結びついているといえるのが、オープン戦での勝率が振るわなかったケースだ。勝率が3割3分3厘以下だった17チーム中なんと14チームがシーズンでも勝率5割未満に終わっている(表3)。率にすると約82%という高い割合だ。オープン戦といえども負け過ぎは好ましくないという結果がはっきりと出た。2005年以上でオープン戦の勝率3割3分3厘以下からリーグ優勝したのは2008年の巨人1チームだけ、Aクライス入りもほかに3チームのみだ。今年勝率が3割3分3厘未満だったチームは4チームもあった。とくにセ・リーグはヤクルト(3割3分3厘)中日(3割8厘)、DeNA(3割8厘)と3チームが該当、これまでの傾向ではセ・リーグのBクラスはほぼ決まりということになってしまう。リーグ連覇のかかるヤクルトには気がかりな結果だ。
表3

次にオープン戦での得失点差とシーズン成績の関係をみていきたい。勝敗へのこだわりが薄いオープン戦では勝敗よりも得失点によりチームの力が表れているのではないか、という推測の元に調査を行ったところ勝率よりはシーズンの成績に結びつくという傾向が出てきた。まずは全体の結果をご覧いただきたい(表4)。先ほどの散布図より若干右肩上がりの傾向が見て取れる結果となっている。オープン戦での一試合当たりの得失点差がプラスだった63チームのうち約62%にあたる39チームがシーズンで勝率5割以上を記録しており、オープン戦勝率5割以上よりも好結果となった。今年のオープン戦では阪神、ロッテ、ソフトバンク、楽天、西武、広島、DeNAが得失点でプラスの結果だった。DeNAは勝率では12チーム中最低タイだったが得失点ではプラスという興味深い成績を残している。そしてここでも極端な結果を残したチームをみていくと、よりシーズンと直結する関係が表れてきた。
表4
表5はオープン戦での一試合平均得失点差が1.5を超えたチーム、表6はマイナス1.5を下回ったチームの一覧である。散布図中ではオレンジ線の右が1.5以上、緑線の左側が-1.5以下を示している。得失点が1.5を超えた12チームのうち8チーム、66.7%がシーズンで勝率5割以上を残していた。これはオープン戦の勝率6割6分7厘を超えたチームがシーズン勝率5割を超える割合(70%)を若干下回る数字となっていて、勝率より得失点が重要と言い切れる結果ではなかった。ちなみに今年のオープン戦で得失点差が1.5を超えたチームはない。逆に得失点差がマイナス1.5を下回ったケースではここまでで最もシーズンとの結びつきが強いという結果が出てきた。一試合当たりの得失点差がマイナス1.5を下回った11チームのうち10チームがシーズン勝率で5割未満に終わっているのだ。これはかなり分のわるい数字で、オープン戦といえども得点できず、失点を防げずという戦いぶりを続けていてはシーズンで巻き返すことは難しくなるということなのだろう。今年のオープン戦で得失点差がマイナス1.5を超えてしまったのはヤクルトと中日の2チーム、この両チームは勝率も3割3分3厘以下とかなり悪い状態でのシーズンスタートとなってしまった。オープン戦の結果でみればヤクルトの連覇は厳しいということになる。
表5
表6
ここまでオープン戦での勝率、得失点をみてきたが表2、3、5、6をみてお気づきになった点があるのではないだろうか。オープン戦で好結果を残したチームはパ・リーグが多く、成績が悪かったチームはセ・リーグが圧倒的に多いのだ。これはリーグ全体の対戦成績にも表れている。2005年以降のオープン戦でセ・リーグとパ・リーグのチームが対戦した試合のセ・リーグのチームの勝率は4割3分9厘しかなく、通算で72の負け越しとなっている。もちろんこれにはDHの使用不使用の影響もある。パ・リーグのチームだけがDHを使用し、セ・リーグのチームは使用しないという試合があるからだ。しかしそういったケースの試合を除いてもセ・リーグの負け越し数はまだ51もある。同じ条件で戦ってもパ・リーグの優位は変わらないのだ。これは交流戦で起きているパ・リーグの優位と同じ現象である。表7は2005年以降の交流戦とオープン戦でのセ・リーグの対パ・リーグ勝率の推移である。ほとんどの年で勝率が5割を割っているのがお分かりいただけるだろう。そして今年もオープン戦での対パ・リーグ勝率は3割8分1厘に終わっている。今年も交流戦でのセ・リーグの苦戦は濃厚、ということもオープン戦の結果からは見えてくるのではないだろうか。
表7