阪神最後の本塁打王は?チーム別個人タイトル獲得事情

 プロ野球ファンにとってペナントレースの行方とともに気になるのが打者や投手の個人タイトルの行方だろう。贔屓チームの選手がタイトルを獲得するのはうれしいものだ。さてこの個人タイトル、これまでの獲得者の所属チームに注目するとチームごとに得意な部門、苦手な部門があることがみえてくる。今回は現在表彰の対象である打者6部門(首位打者、最多本塁打、最多打点、最多盗塁、最高出塁率、最多安打)と投手6部門(最優秀防御率、最多勝利、最多奪三振、勝率一位、最多セーブ、最優秀中継ぎ)に加え、最優秀選手(MVP)、最優秀新人選手、沢村賞について、2リーグ制となった1950年以降の66シーズンの獲得者を調査、それを所属チーム別に集計を行った。以下ではその結果をご紹介していきたい。なお集計の対象は連盟の表彰対象であったシーズンの獲得者とした。また最多セーブは1976年(パ・リーグは1977年)から2004年の間は連盟の表彰対象であった最優秀救援投手(セーブポイントが対象)の受賞者を集計の対象としている。そのほかの部門の連盟の表彰対象だったシーズンは表の注釈をご参照いただきたい。
 まずセ・リーグのチーム別打撃部門タイトル獲得回数が表1だ。いわゆる「三冠」である首位打者、最多本塁打、最多打点の3部門ではいずれも巨人の数字が群を抜いている。とくに打点では66シーズン中29回と4割を超える獲得率になった。これはもちろん巨人の誇る2人のレジェンド、王貞治と長嶋茂雄の貢献が大きい。この3部門で2人が獲得したタイトルの合計は46とチームの総計である76回の約60%を占めている。ただこの2人を除いても巨人から出た首位打者は8人、本塁打王は4人、打点王は7人と他球団並みの数字が残っている。三冠と最高出塁率では巨人が席巻してきたセ・リーグだが、最多盗塁では広島が獲得回数、人数ともに1位となった。高橋慶彦、野村謙二郎、緒方孝一と3度タイトルに輝いた選手を3人も輩出している。広島球団の伝統として「機動力野球」が挙げられることが多いのはこういった実績があってのことだろう。]
表1
 パ・リーグ(表2)では部門ごとにチームの特色が表れた。西武は直近8年間で6度本塁打王を獲得している中村剛也の存在が大きく最多本塁打部門でトップ、13年連続盗塁王という大記録を持つ福本豊がいたオリックス(当時阪急)は最多盗塁を12球団でも最多の24回獲得している。日本ハムは2012年までの63シーズンで一度も盗塁王を輩出したことがなかったが、2013年に陽岱鋼がチーム初の盗塁王となると、そこから西川遥輝、中島卓也と3年連続で盗塁王を誕生させている。そして12球団最多となる12人の首位打者を輩出したのがロッテだ。古くは東京オリオンズ時代に山内和弘、榎本喜八という大打者が所属、80年代には落合博満が5度の首位打者となり、2000年以降も福浦和也、西岡剛、角中勝也とコンスタントに首位打者を生んできた。楽天の数字が少ないのは2004年にチームが誕生したため、それでも12年間で4部門のタイトルを獲得し、残るは最多安打と最高出塁率となっている。
表2
 セ・リーグの投手部門では打撃部門より巨人偏重の傾向が薄く、中日の健闘が目立つ結果となった。とくに最多勝部門ではリーグトップの15回、11人の投手を誕生させている。2000年代の16シーズンで6度の最多勝を獲得し、それまでトップだった巨人を追い抜かした。また岩瀬仁紀に代表される近年の救援陣の充実もあって最多セーブ、最優秀中継ぎでも両リーグ最多の獲得回数を誇っている。2002~2012年の11年連続Aクラスはこの投手陣あってのものだった。阪神は同じ伝統球団である巨人と比較すると目立つ部門が少ないが、奪三振部門だけは別だ。2012年からは3投手(能見篤史、ランディ・メッセンジャー、藤浪晋太郎)で4年連続のタイトル獲得、過去には3度このタイトルを獲得した井川慶もいて12部門中唯一リーグトップの数字を記録している。広島は勝率第一位と最優秀中継ぎ投手をまだ輩出していない。楽天以外のチームで投打12部門のタイトルの中に未獲得の部門が残っているのは広島だけだ。
表3
 パ・リーグではソフトバンクと西武が2大勢力となっている(表4)。ソフトバンクは奪三振、勝率、セーブ、中継ぎの4部門でリーグトップの獲得回数、西武は最多勝、防御率という主要2部門がトップだった。ただ西武は防御率が2004年の松坂大輔、最多勝が2009年の涌井秀章が最後の獲得者、2010年代に入ってからは数字が伸びていない。パ・リーグの最多奪三振部門は同じ投手が何度もタイトルを獲得するケースが多く、27年間で14人しかタイトル経験者がいない。日本ハム、ロッテ、オリックスの3チームのタイトル獲得者は1人だけだ(ダルビッシュ有、伊良部秀輝、金子千尋)。
表4
 ここまでで投打の12部門を紹介したが、次に記者投票で決まるMVP、新人王と選考委員によって選出される沢村賞の状況をみていきたい(表5)。野球選手としての最高の目標の1つでもあるMVPを最も獲得しているチームはやはり巨人だった。ここも王と長嶋の2人で14回の獲得回数を稼いでいる。ヤクルトは7人で8回の獲得と目立つ数字ではないがこのうち4回、4人は外国人選手だった。これまでMVPを獲得した外国人選手は9人で、約半数がヤクルトの外国人選手ということになる。さらに巨人で2度MVPに輝いたアレックス・ラミレスも最初に入団したチームはヤクルトなので、その外国人選手発掘力は相当なものだといえるだろう。沢村賞は1988年までセ・リーグの投手のみが選考対象だったためパ・リーグのチームの獲得回数は少ない。日本ハムは2007年のダルビッシュ有、オリックスは2014年の金子千尋が初めて獲得、これで残る沢村賞未獲得チームはロッテだけとなった。
表5
 最後に各部門のタイトル獲得から最も遠ざかっているチームを紹介したい(表6)。打撃部門で最も遠ざかっているチームが阪神とロッテで、阪神は最後の本塁打王が1986年のバース、ロッテは最後の本塁打王と最高出塁率選手が同じく1986年の落合博満だ。2人は同年のセとパの三冠王、ともにチーム史に残る大打者以来本塁打王が出ていないというのは不思議な偶然である。投手部門では先にも挙げた勝率と中継ぎ部門で広島が未獲得、広島は最多セーブも1991年の大野豊以来輩出できていない。本塁打王から遠ざかるロッテはMVPも同年の落合以来誕生していない。日本一となった2005年、2010年もMVPは他チームの選手だった。そもそもMVPは年間の勝率1位チームから選出されることが多いが、ロッテが最後に勝率で1位となったのは1974年が最後(2005年は勝率では2位)で。最も勝率年間1位から遠ざかっているチームでもある。DeNAはセ・リーグの球団では最も沢村賞から遠ざかっており、最後の獲得は1983年の遠藤一彦である。DeNAは最多勝が1993年の野村弘樹、防御率は1992年の盛田幸妃が最後と先発投手の主要なタイトルを長らく獲得できていない。
表6