マー君、ダルビッシュ..エースの穴はどうやって埋まってきたか?

 近年MLBへの人材流出が続くプロ野球界、とくに投手では田中将大(元楽天)やダルビッシュ有(元日本ハム)といった球界を代表する選手が必ずといっていいほどMLBへと移籍していく状況だ。今シーズンも前田健太(元広島)がドジャースへと移籍した。彼らはチームだけでなく日本球界でもトップクラスの選手なので、去られてしまったチームにとって戦力的な穴は極めて大きいものとなる。表1は近年MLBへ移籍した投手のうち、移籍前年に所属チーム内で最多の投球回数を記録していた投手の一覧である。いずれも移籍時点では日本有数の実力を備えていた投手たちであることには異論がないだろう。では彼らが移籍した後、チームはどうなってしまったのか?ここからはそれぞれのケースを振り返ることで「大エースの抜けた穴」について検証していきたい。
表1

過去最も大きい「穴」となったのは2013年オフにヤンキースに移籍した田中のケースだろう。2013年シーズンの田中は27試合に先発、チームはそのうちの26試合で勝利、先発試合の勝率は.963という空前のものだった。楽天はこの年日本一となったが最大の貢献者であったことは間違いない。この年田中が投げたイニング数は211。翌年この211イニングはどうなったか?前年位164回2/3を投げていた則本がイニング数をさらに伸ばして199回1/3を記録、エースとしての座は則本に引き継がれた。そして失われたイニング分を埋めることになったのが、2013年はケガのため全休していた塩見と、ルーキーの松井裕だ。この2人は合計で37試合に先発し、イニング数は214回2/3と量の面の穴埋めには大きく貢献、しかし先発試合の勝率.963という「質」の
面は埋められるものではなく、この2人の先発試合でのチームの勝率は.471に止まった。結果として2014年の楽天は前年から勝率が.138も下落、順位も最下位に転落してしまった。211イニングという「量」に加え、9割を超える勝率という高すぎる「質」を伴っていた田中の穴は近年最大といえるだろう。
表2
 次に大きい「穴」だったのが2006年オフにレッドソックスに移籍した松坂のケースだ(表3)。田中の勝率.963には及ばないものの2006年の松坂先発試合の西武の勝率は.760と今回の7つのケースの中では2番目に高いものだった。この穴をある程度埋めたのがそのオフに入団した岸だった。岸は前年に松坂が記録した186回1/3には及ばないものの156回1/3を投げて大部分をカバー、チームの勝率も.565と好成績だった。しかし勝率.760という「質」は1人の新人の活躍で埋まるものではなく、西武の勝率は.132も下落、順位も前年の2位から5位へと大きく後退してしまった。ただし岸はその後も2ケタ勝利7回と順調に成長、エースの座自体はスムーズに引き継がれた。
表3
 ここまでの2チームとは対照的に「穴を埋めきった」のが2012年の日本ハムだ。この年の日本ハムは前年に18勝6敗、防御率1.44と圧倒的な成績を残し、232イニングも投げていたダルビッシュがレンジャーズに移籍した。この232というイニング数は今回のケースの中では最多のもの。「量」の面では最大の穴だった(表4)。この穴埋めに最大の貢献を果たしたのがプロ入り6年目、前年は一軍で0勝だった吉川だ。この年の吉川は173回2/3の投球回数を記録し14勝を挙げる大活躍、先発試合の勝率は前年のダルビッシュを上回る.708というもので「質」という埋めがたい穴を埋めてみせた。そして「量」の面では多田野、八木という過去に実績ある中堅投手が復活、前年の先発回数は多田野が0、八木は3回というものだったが、この年は2人合計で30回の先発をこなして穴埋めに貢献した。この結果チームは前年を上回る勝率を記録し優勝、見事にエース流出のシーズンを乗り切ってみせた。
表4
 ただしこの日本ハムのケースでは前年にリーグ覇者のソフトバンクが同じようにエース流出のシーズンとなっていたことが、好成績につながったことも間違いないだろう。2012年のソフトバンクは日本ハムよりさらに大きな穴に直面していた。前年16勝でチームトップの184回2/3を投げた和田がオリオールズに移籍したことに加えて、先発試合の勝率では和田を上回り、最多勝も獲得したホールトンと、チーム4位となる171回1/3を記録した杉内が揃って巨人に移籍してしまったのである。チームの総投球回数の4割以上を投げていた3投手が流出するという総合的には近年最大の穴は埋まるものではなかった。前年34回2/3に止まっていた大隣が177回1/3を投げて左のエース格に成長し、さらに高卒ルーキーの武田や復活した新垣などが奮闘したものの、チームの勝率は.149も下がって順位も3位に後退してしまった。
表5
 エースの流出を中継ぎ投手の負担増で埋めることになったのが2007年の阪神だ(表6)。2006年に209回を投げていた井川の穴埋めとしてボーグルソン、ジャンという新外国人投手を獲得するも規定投球回には届かず、前年にローテーション投手だった福原、安藤まで大きく投球回数を減らしてしまい、このシーズンは1人も規定投球回数に届かないという異例の先発陣となって
しまった。この影響を受けたのが救援投手陣で、救援投手の投球回数は前年から170回近く増加、ルーキーの渡辺が58回1/3、前年1回1/3しか投げていない橋本が49回1/3とフル回転、さらに一番負担が増したのが久保田。久保田の投球回数は2006年の50回から倍増を超える108回に達し、登板数もプロ野球史上最多の90試合に膨れ上がった。この救援陣の奮闘もあって勝率は前年からマイナス.063にとどめたものの、エースの流出が先発陣全体の地盤沈下を招いた例だといえるだろう。
表6
 そしてエースの穴以上に穴埋めできてしまった稀有なケースが2008年の広島である(表7)。2007年オフにドジャースへと移籍した黒田の後釜として新外国人のルイスを獲得すると、前年の黒田とほぼ同等の投球回数と、黒田を上回る勝率を記録し穴が見事に埋まった。さらにこのシーズンには2年目の前田健がデビューし、108回2/3を記録、先発試合の勝率はルイスを超える.647だった。この後前田健が球界を代表するエースにまで成長したこともあって、これが最もスムーズに大エースの穴を埋めきったケースとなった。
表7
そして今シーズン、広島はその前田健太が再びドジャースに流出するという事態に直面している(表8)。当然その穴は大きなものだが、一つ興味深い事実もある。表1で示したように昨シーズン前田が登板した試合の広島の勝率は今回のケースの中では最低の.517しかなかった。エースが投げた試合でこれだけしか勝てなかったことは昨シーズンの低迷の大きな要因であったが、逆に言えば今回の穴が、少なくとも「質」の面では田中や松坂のケースのような大きなものになっていないということでもある。前田が先発していた29試合を5割の勝率で乗り切れば勝率の面での悪影響はほとんど出ないのだ。田中の27試合を勝率5割で乗り切っても勝ち数が半減していたことになる2014年の楽天のケースと比較すれば、その穴の差がお分かりいただけるだろう。さらに今シーズンの広島の場合は、前年に2番手投手としては今回の7ケース中最多となる194回1/3を記録したジョンソンの存在も大きい。200イニングを超えた投手が抜けてなお200イニング近いイニングを計算できる投手がいるという状況はかなり恵まれたものでもある。
果たして今シーズンの広島は前回の黒田流出時と同じように危機を乗り切ることができるのか?大いに注目したいところだ。
表8