広島かG大阪か データで見るゼロックス杯の展望

20日に行われるゼロックス スーパーカップをもって2016年シーズンのJリーグが開幕する。今回は同大会の展望についてまとめたい。

ゼロックス スーパーカップとは、前シーズンのJ1年間優勝チームと天皇杯王者が対戦する大会で、Jリーグ開幕の1週間前に行われる、その年度の最初の公式戦である(年間王者と天皇杯覇者が同一だった場合、2008年までは天皇杯準優勝チーム、現在はJ1年間準優勝チームが出場権を得る)。1994年に始まった大会で過去の結果は表1の通り。
表1 過去
通算成績はJリーグ王者の13勝、天皇杯覇者の9勝となっており、ここ最近は7年連続でJリーグ王者が勝利している。そして2016年は、広島(J) vs G大阪(天皇杯)という組み合わせとなっている。この両チームは過去にも同大会に出場した経験があり、それぞれ広島3勝0敗、G大阪2勝3敗という結果を残している。

そんな両チームの昨シーズン対戦成績は表2の通り。リーグ戦、チャンピオンシップ、天皇杯で戦い、2勝1分2敗と五分の成績。しかも、チャンピオンシップでは勝利した広島が年間王者に、天皇杯ではG大阪が広島を撃破した勢いそのままに天皇杯を制しており、「どちらが2015年最強チームか」という意味でも譲れない対戦となりそう。
表2-1 対戦
表2-2 対戦

真の2015年度王者を決める今回の対戦場所は、日産スタジアム。表3には、両チームの同スタジアムでの過去成績をまとめた。それによると、互いに14試合行っているが成績は決して芳しいものとは言えず、スタジアムに対する相性は互いに良くはないようだ。では、気象条件による影響はどうだろうか。20日は曇りのち雨の予報となっているが、表4の昨年度の同天候時の成績によると、両チームともに雨が降ると勝利の確率が低くなっている。どちらに有利とも言えない。
表3 スタジアム
表4 天気

環境面では五分といえる2チームの争いだが、試合状況別の成績ではどうだろうか。表5-1には先取点を取った時、前半をリードして終えた時の試合結果をまとめた。これによると、両条件で広島が高勝率をマークしているのだが、気になるデータも。
表5-1 状況

それは、昨シーズン広島の総得点(計73点)の大部分を占めたドウグラス(21点)が移籍によりチームにいないということ。ドウグラスが先取点を取った試合は8試合あり全勝(表5-2)。広島が誇る先取点を取った試合の高勝率を支えた立役者の移籍の影響がどう出るか。
表5-2 状況

さらに詳細なデータで見てみたい。時間帯別の得点数と失点数をまとめたものが表5-3で、得点数の「※」はドウグラスの挙げた得点を抜いたものとなっている。その集計によると、広島が多くの得点を挙げていた前半1~30分、後半46~60分の時間帯で影響が大きいことが見てとれる。しかも、その時間帯はG大阪の失点数が多い時間帯でもあるだけに、広島の得点力ダウンには予想以上の影響がありそうだ。
表5-3 状況

昨年の対戦成績や条件による勝率では五分の両チーム。失点数の少ないチーム同士の対戦だけに、勝負のカギはやはり得点力か。広島はドウグラスの穴をウタカ、宮吉ら補強陣が埋められるか、一方のG大阪は補強したアデミウソンがさらなる得点力アップに貢献できるか、シーズンを占う上でも楽しみな一戦となりそうだ。