打率3割、20本、10勝、20セーブ…達成が難しいのは?

キャンプインから2週間が経過したプロ野球、週末には早くもオープン戦が始まりいよいよ本格的に野球のシーズンが到来する。ファンにとってこの時期に最も気になるのは、期待の選手や贔屓の選手が今年はどのくらいの成績を残せるのか?ということ。そしてそういった話題で使われるのが「3割」や「10勝」といったいわゆる「キリの良い数字」だ。「打者は3割、投手は10勝で一流」といった言葉もあるように、3割や10勝、20本塁打のようなキリのいい数字はそこを超えることが「野球選手としての成功」を意味する面がある。そこで今回は野手の3割、20本塁打、20盗塁、投手の10勝、20セーブ、20ホールドポイントを達成することがどのくらい「難しい」ことなのかを調査した。

調査は2000年以降のドラフトで入団した選手を対象とし、どのくらいの選手がそれぞれの記録を達成しているのかを「達成率」として算出した。対象となった選手数は表1の通り。2000年以降のドラフトで入団した選手は育成選手も含めると投手が729人、野手が617人で、投手、野手ともこの人数が達成率の分母となっている。ではここからは達成率の高い、つまり達成がわりあい容易な記録から順に紹介していきたい。
表1

難易度:低 野手の3割、投手の20HP(ホールドポイント)

野手の3部門のなかでは打率3割、投手では20HPを達成した選手が最も多いという結果になった(表2)。達成率は3割が43人で7.0%、20HPが72人で9.9%となっている。HPは2005年に制定された新しい記録にも関わらず今回の6部門の中では最多の選手が達成している。これはセーブや勝利投手と違って1試合で複数の選手が記録することができるという点が大きいだろう。基準を30HPとすると達成者は14人、達成率は1.9%に激減するので25HP程度がほかの部門と同程度の難易度となるのかもしれない。
達成者数を入団したチーム別にみてみると3割打者を最も輩出しているのはヤクルトで6人、HPは中日と日本ハムの9人だった。ヤクルトは2000年指名の畠山を皮切りに、2002年の雄平、2003年の青木(現マリナーズ)、2004年の田中浩、2005年の川端、2010年の山田と定期的に主力野手となった野手が登場していて野手の輩出力という点では12球団屈指といえるだろう。HPでトップだった中日はなんといっても岩瀬の存在が大きい。この間10年以上にわたって不動のクローザーとして君臨していたため、クローザー級の実力を持った投手たちが次々とセットアッパーとして起用されHPを稼いできた結果が最多の9人という数字につながった。日本ハムは2001年からの9年間で指名した選手の中から8人も20HPの達成者が生まれた。毎年のように有能な中継ぎ投手を発掘するスカウト力には目を見張るものがある。逆に達成者が少なかったのが野手では中日とオリックス、投手は楽天、西武といったチーム。3割達成者が2人だけの中日とオリックスはともに他球団移籍後に3割を達成した鉄平(中日→楽天)と平野恵(オリックス→阪神)を含むため、自チームでの達成者は大島と後藤(現楽天)だけだ。
表2

難易度:中 野手の20盗塁、投手の10勝

3割や20HPより達成の難度が高いのは野手の20盗塁と投手の10勝。それぞれの達成者は20盗塁が39人(6.3%)、10勝が64人(8.8%)だった(表3)。最も一般的な「一流基準」ともいえる投手の10勝だが、それを達成できる選手は10人に1人以下、平均すると1チームあたり3年に1人が入団する程度の確率となっている。その中で最多の9人が10勝を達成しているのが中日だ。昨年も2012年に7位で指名した若松が早々と10勝を達成、ドラフト順7位の投手の10勝は2000年以降の本ドラフトで入団した投手の中では最も低い順位(2001年の近藤、2004年の東野は7巡目指名だが、この時期のドラフトでは指名権のない巡目が存在したため、球団内での指名順はともに6番目だった)でもある。ただ一方で中日は20盗塁の達成者がワーストの1人しかいない。20盗塁の達成も3割と同じ大島なので生え抜き野手の輩出という点では投手に比べて大きく見劣っている。10勝投手の誕生という点で遅れをとっているのがDeNAだ。今世紀指名した65人の投手のうち10勝を達成したのは井納ただ1人。長年の低迷の最も大きな原因となっていたことは間違いないだろう。
表3

難易度:高 野手の20本塁打、投手の20セーブ

今回設定した3部門の中で最も達成が難しいのは20本塁打と20セーブだ(表4)。パワーヒッターの証ともいえる20本塁打だが達成者は打率3割のほぼ半分となる22人だけ。達成率は3.6%なので30人に1人程度しか到達できないという計算になる。この高いハードルを越えた選手を最も輩出しているのが西武とヤクルトだ。打率3割でも好成績だったヤクルトはここでも4人が達成、そのすべてが3割とダブルでの達成者(畠山、青木、雄平、山田)だった。西武からは日本を代表するホームランバッターである中村のほかに、中島(現オリックス)、浅村、G・G佐藤といかにもスラッガーな選手が定期的に誕生していて、昨年17本塁打の森も順調であれば間もなくこの中に加わるだろう。強打者の輩出という面では12球団の中でも群を抜いている。
一方強打者が生まれないのが、楽天、広島、中日だ。楽天の場合はチームの結成が2005年なのでほかのチームより入団人数も少ないという事情もあるが、広島は今世紀すべてのドラフトに参加しながら20本塁打を達成した選手が誰もいないという惨状、中日も20本塁打を打ったのはソフトバンクに移籍後の田上なので、実質0人といってよい。セ・リーグでは阪神も20本塁打達成が鳥谷だけという状態で、リーグの半数のチームで「野球の花」であるホームランを打てる野手ほとんど生まれていないというのは、危機的状況ではないだろうか。
投手部門で最も難易度が高い20セーブ、これは「チームにはほぼ1人しかクローザーが存在しない」という事情が大きいだろう。5~6人の枠がある先発投手とは違って、クローザーは基本的に1チーム1枠だけ。チーム内のほかのすべての投手との競争に勝った投手のみが挑戦できるのが20セーブという風に考えると、この難易度にも頷けるのではないだろうか。ここでの最多輩出はオリックスと西武の4人だが、セーブ数はほかの部門と異なって達成者をたくさん輩出すればいいというものでもない。岩瀬や藤川といった絶対的なクローザーが長く存在したチームは達成の人数も少なくなるからだ。
表4
最後に選手個人として野手の3部門すべて達成した選手を紹介したい。それが表5である。昨シーズントリプルスリーを達成した柳田と山田は当然だが、そのほかには3人しかおらず達成者は計5人、達成率は0.8%なのでこのような成績を残せる選手は100人に1人以下ということになる。これを1年で達成してしまうトリプルスリーの難易度は相当なものだ。ちなみに現役では1999年以前に入団した松井稼(楽天)と井口(ロッテ)も3部門すべてを達成している。
一方投手として10勝、20セーブ、20HPを達成した者はいない。現役すべての選手を対象としても達成しているのは五十嵐(ソフトバンク)だけ。HPは2005年に制定された記録なので五十嵐はNPB史上唯一の達成者ということになる。2000年以降入団の選手で可能性がありそうなのは、20HPだけ未達成の岸田(オリックス)、寺原(ソフトバンク)や20セーブが未達成の浅尾(中日)といったところだろうか。とくに岸田は昨シーズンのHPが19と達成まであと一歩だった。もし達成していたならばその達成率は0.13%というものすごい数字となっているところだった。果たして今シーズンに達成することができるだろうか。
表5