Jリーガーには移籍がつきもの?

2月に入り、Jリーグから各チームの今季登録選手リストが発表された。そこには各選手の生年月日や身長体重、出身地などが記載されているのだが、今回はその中から「前所属チーム」の部分に焦点を当ててみたいと思う。

ここでいう「前所属チーム」とは、過去に所属したチームのことで、新人選手であれば所属していた「高校」「大学」、移籍選手であればそれまでに所属していた「チーム」が記載してある。それを「移籍経験選手」「生え抜き」「レンタルバック」「新人」と4つのカテゴリーに分け、球団別にどのような経歴を持った選手が多いのかをみていきたい。

各カテゴリーの説明は以下の通り。
・移籍経験選手:完全移籍を経験したことのある選手
・生え抜き:入団から現在まで同じチームに所属している選手
・レンタルバック:所属元が変わったことがなく、レンタル移籍のみ経験した選手(将来を見据えた育成目的の移籍)
・新人:高卒、大学卒、社会人などから新人で2016年に新入団した選手

■半数以上が完全移籍を経験

表1には、カテゴリーごとにJ1とJ2の違いをまとめた。リーグ全体でみた場合、58.4%もの選手が完全移籍を経験しているが、これについては、同じチームで現役生活を終えることの難しさよりも、サッカー独特の選手契約の存在が影響を与えているように思われる。サッカーはプロ野球とは違って選手生命が短く、短い契約期間が満了となった末に移籍先を求める状況や、好条件のオファーが舞い込み移籍する、というようなことが珍しくないだけに、このデータも納得がいく。
表1
また、リーグ間における相違点では、移籍経験有の選手がJ2に多い一方で、生え抜きやレンタルバックの選手はJ1に多くなっている。現在のリーグ間移籍の流れとして、J1経験豊富な選手がJ2へ完全移籍することや、育成目的で若手をJ1からJ2へ武者修行に出すことが多い点を考慮すると、移籍の構図を表したデータと言える。

■成績上位陣にみる真逆のチーム構成

続いてJ1。各チームのデータをまとめた表2-1、2-2をご覧いただきたい。
表2-1
表2-2

毎年のように広島から選手を補強していた浦和が完全移籍経験者の最も多いチームとなっており、その割合は77.8%。それに伴い、生え抜き選手数もリーグワーストとなっている。山田(湘南)矢島(岡山)阪野(愛媛)ら有望若手を数多くレンタル移籍させているものの、チームの主力となっているのは他チームから獲得した選手。彼らの牙城を崩せていない現状が数字として出ている。

その浦和と対照的なのが鹿島で、生え抜きが最も多い一方で、移籍経験者はリーグワースト。自前選手の率も54.9%(新人除く)と唯一半数を超えている。他にも柏や新潟、FC東京、G大阪、広島あたりが自前の選手を多く抱えているが、昨シーズンの順位を考えると浦和以外の上位陣は全て自前の選手が多いチームとなっている。育成こそがチームを強くする最善の方法であるのかもしれない。

■J1経験チームとそうでないチームの差

表3-1、3-2にはJ2のデータをまとめた。移籍経験者50%以下のチームがJ1で8チームあったのに対し、J2では50%以下は3チームだけ。さらに自前選手の割合も30%を切っているチームがJ1では1チームだったのに対し、15チームと、移籍で獲得した選手に頼らざるを得なくなっている。
表3-1
表3-2

特に、J1在籍経験のあるチーム(清水、C大阪、札幌、京都など)と、そうでないチーム間に差があるように感じられる。在籍していたチームは自前の選手比率がJ1に近い比率が確保できており、これがJ1を知るチームとそうでないチームの経験や資金力の差なのかもしれない。