史上最も「新鮮」な監督が揃ったセ・リーグ

 今シーズンのセ・リーグは3チームで新監督が就任する。3人ともにこれまでにNPBでの監督経験がない「新人監督」だ。セ・リーグでは昨シーズンも2人の新人監督が就任していた。この結果、今シーズンがプロ野球史上稀にみる珍しいシーズンとなったことをご存じだろうか。今シーズンから指揮を執る高橋監督(巨人)金本監督(阪神)ラミレス監督(DeNA)は当然監督就任1年目、ヤクルトの真中監督と広島の緒方監督は2年目、リーグで最も長いキャリアの監督となった谷繁監督もまだ就任3年目で、同一リーグ内の全監督がキャリア3年目以内となったのだ。1936年に今のNPBの前身である日本野球連盟が発足して以降、監督としてのキャリアが4年を超える監督が1人もいなかったシーズンは、プロ野球発足後の3年間を除くと2度しかなかった(表1)。1度目は1リーグ時代の1944年。今シーズンと同じく3人が新人監督で、残りの3人も阪急の西村監督が2年目、産業(中日の前身)の三宅監督と阪神の若林監督が3年目だった。そして2度目は記憶にもまだ新しい2006年のセ・リーグ。このシーズンは中日の落合監督と阪神の岡田監督が3年目、巨人の監督に復帰した原監督が通算3年目、横浜の牛島監督が2年目、新人監督はヤクルトの古田監督と広島のブラウン監督だった。今シーズンはこれに続く3度目の「キャリア4年以上の監督不在のシーズン」となるのだが、1944年と2006年には3年目の監督が複数いたことを考えると、3年目の監督が1人だけという今シーズンは過去最も「新鮮」な監督の揃ったシーズンいえるだろう。ちなみに1944年、2006年ともにリーグを制したのは3年目の監督(1944年は阪神・若林監督、2006年は中日・落合監督)だった。
表1
 また今シーズンは巨人と阪神というリーグを代表する2チームがともに新人監督を就任させた。巨人と阪神が同時に新人監督を就任させたシーズンはこれも過去に2度しかない(表2)。2004年は巨人に堀内監督、阪神には岡田監督が就任した。もう1度は1975年で、このシーズンは巨人が長嶋、阪神が吉田という球団を代表する名選手が初めて監督になった記念すべきシーズンだ。ただこの2シーズンは巨人、阪神ともに優勝を逃している。1975年は広島が悲願の初優勝、2004年は中日が優勝を果たしているが果たして今シーズンはどうなるだろうか。
表2

 巨人と阪神という歴史ある人気チームの監督に就任した高橋監督と金本監督だが、過去の両チームの新人監督の成績を見てみるとその結果には随分と差がある(表3-1、3-2)。巨人の新人監督はプロ野球初年度の藤本定義監督を除くと過去10人、そのうち3人が1年目で優勝を果たしている。また1年目に優勝を逃した7人のうち3人は2年目で優勝しており、就任から2年以内で優勝できなかった監督は王監督と堀内監督だけだった。一方阪神の過去17人の新人監督のうち1年目に優勝したのは1937年の秋リーグを制した石本監督のみ。2年目に優勝したのも2005年の岡田監督しかいない。逆に2年目終了を待たずに退任した監督は5人もいるのである。ほとんどの新人監督が結果を出している巨人の監督になった高橋監督と、新人監督が苦しみ続けてきた阪神で監督のキャリアをスタートさせる金本監督。まずはその初年度の結果に注目したい。
表3

 そして今シーズンもう1人の新人監督がDeNAのラミレス監督だ。MLBではメジャーまで昇格し、NPBでは2000本安打を達成するほどの実績を残し引退した。引退後はBCリーグの群馬やオリックスでシニアディレクターなどを務めていたが、NPBでの指導者経験はない。このように日米で選手としてのキャリアを持ち、NPBでの指導経験はないという元選手が監督に就任するというパターンは、実はプロ野球史上初めてのことである。表4は過去の外国人監督の経歴を一覧にまとめたもの。これをみると分かるように過去の外国人監督は、米国でプレーし引退、米国で指導者として実績を残してから日本に監督やコーチとして来日するというパターンが一番多かった(ルーツ、コリンズ、ヒルマン、バレンタイン)。また日米でプレーした選手が、引退後に米国やNPBで指導者としての実績を積み日本で監督になるというパターン(ブラウン、ブレイザー、与那嶺)もあったが、米国でもNPBでも指導者経験のないラミレス監督はこれにもあてはまらない。ラミレス監督同様に指導者経験なしで監督に就任した外国人監督は過去に1人、1958年に阪神の監督に就任した日系2世の田中義雄監督だけだ。ただ田中監督の場合、米国でのプロ経験は0でNPBだけで活動した野球選手だった。米国の野球も経験したラミレス監督はこのケースとも異なっている。このように過去に例のないキャリアで監督となったのがラミレス監督なのだ。プロ野球史上初の経歴を持つラミレス監督がどのような結果を残すのか、今後日本球界が広く指導者を集めるきっかけにもなる可能性を秘めているチャレンジである。
表4

 3年目を迎えた中日の谷繁監督は昨シーズンまでで選手としては引退、今シーズンは監督専任1年目のシーズンとなる。采配に集中することで前年よりよい結果が期待できそうな気もするが、過去の例をみるとそうとも言えない結果が残っていた。表5は選手として引退後も専任監督としてチームに残った監督の専任1年目の成績だ。意外なことに前年より順位を上げたのは8人中1人だけ。優勝したのも前年も優勝していた南海の鶴岡監督だけだった。同じような順位に終わることが多い傾向が出ていて、「専任効果」というのはそれほど感じられない。ただ過去の兼任監督が実質的に引退状態であったのに対して、谷繁監督の場合は昨シーズンも選手としての実力も一軍の戦力に計算できるレベルにあって、選手の役割にかける比重も過去の監督よりは大きかったことが想像できる。つまり今シーズンから監督業に集中できる効果は、過去の誰よりも大きい可能性があるとはいえないだろうか。そもそも兼任監督が専任として監督を続けるのは実に58年ぶりの貴重なケース。専任1年目で結果は変わるのか?これも今シーズンも大きなみどころとなるだろう。
表5

 1年目で優勝という最高の結果を出したヤクルトの真中監督は2つの不吉なデータと対峙するシーズンとなる。表6は真中監督同様に1年目でリーグ優勝を果たした監督の2年目の成績をまとめたものだ。その結果は芳しいものではなく、2年目も優勝を手にした監督は西武の森監督だけしかいない。近年では2013年の栗山監督(日本ハム)や、2009年の渡辺監督(西武)のようにBクラスに転落するケースもあり、まさに「2年目のジンクス」といった結果が出ている。
 そしてもう1つの難題が表7。これはセ・リーグの優勝チームの翌年の結果を集計したものである。巨人が20度の連続優勝という圧倒的な結果を残しているのに対して、そのほかのチームは最高でも一度しか連覇を果たしていない。とくにヤクルトはBクラスに終わったシーズンが最多の4度もあるなど優勝翌年の落ち込みが目立っているのだ。2年目を迎える真中監督はこの2つの「2年目のジンクス」を乗り越えられるだろうか。
表6-7

 そして2年目を迎えるもう1人の監督が広島の緒方監督だ。昨シーズンは黒田の復帰という最高の追い風が吹きながら、前年を下回る4位に終ってしまった。広島が過去新監督を迎えた15度のシーズンで、前年の順位を下回る結果に終わったのは2度しかなかった(表8)。緒方監督の前に順位を下げた例は1963年の白石新監督まで遡るのである。過去から見ても満足とはいえない1年目だった緒方監督だが、2年目となる今シーズンも4位以下に終わり、2年連続で就任前のシーズンの順位を上回れないとなると、その例も過去に3度しかない。1度目は1961年に就任した門前監督で、就任から2年連続で5位に終わり3年目のシーズンを迎えることはできなかった。2度目は1999年に就任した達川監督でこちらも2年連続の5位で就任前年の5位を上回れず退任。3度目は2010年に就任した野村監督で達川監督同様に2年連続5位に終わったが、こちらはその後も3年間監督を続けた。いずれにしても2年連続で順位を上げられないとなるとチーム史上でもまれな失敗例となってしまうことは間違いない。緒方監督にとっては勝負の2年目となるだろう。
表8