年齢構成でみるJリーグの今

来季49歳を迎える横浜FC三浦知良が現役最年長選手として活躍する一方で、高校年代の選手もプロとして同じピッチに立ち、レギュラーを目指してしのぎを削るのがJリーグの世界。以前に比べて選手生命が延びてきたことにより、その年齢構成にも幅が出ているように感じる。今回はそんなJリーグを構成する選手、監督、審判員らの年齢構成が現時点でどのようになっているのか、検証していきたい。
表1-1 監督(1)
表1-2 監督(1)

■「ドーハ世代」監督の躍進

まずは監督の年齢層から。2015年シーズンにJ1/J2で監督を務めた人物の年齢をまとめたものが表1-1となっている。

監督の平均年齢はJ1=51.7歳、J2=49.0歳で、J2の監督の方が少し低い結果が出ている。また年代別構成比率(表1-2)では、J1が40、50、60代の監督がそれぞれ指揮をとっているのに対し、J2は60代がゼロ。代わりに40代監督の比率が全体の55%を占める形となっている。

今季J1=年間10位まで、J2=年間6位までの成績を収めた監督が黄枠だが、こちらでも40代監督の躍進が目立っている。3度目の優勝を果たした広島・森保監督を筆頭に、J2優勝の渋谷監督、鹿島を立て直した石井監督、1年目でJ1昇格を果たした井原監督など、「ドーハ世代」と言われた世代の人物たちが監督に就任し、好成績を収めている。さらに、その1つ下の「フランスW杯世代」にあたる名波らも監督として実績を残し始めており、これまでの実績重視の監督よりも、将来性を買っての監督を起用する方が主流のように思われる。

表2-1 全選手(1)

■あらためて分かるカズの凄さ

続いて選手の年齢構成について考えてみたい。表2-1にはリーグ全体/J1/J2/J3に所属する選手たちの年齢構成をまとめた。リーグ平均年齢は26.07歳で、1番多い年齢層は23歳の144人で、全体の9%を占めている。J2、J3はリーグ全体同様23歳の選手が1番多くなっているが、J1では26歳が1番という結果が出ている。また、コアな年齢層という点でもJ1は24~30歳くらいの選手、J2では20~30歳くらいの選手層が厚く、チームを構成する年齢層にも違いが現れている。J1チームが有望若手選手をJ2へレンタルで武者修行させるJ1/J2の関係性も反映された数値といえるのではないだろうか。
表2-2 GK(1)

表2-3 DF(1)

表2-4 MF(1)

表2-5 FW(1)

表2-2~2-5にはポジションごとの年齢構成をまとめた。その中で他と明らかに違うのがGKで、年齢構成と活躍する選手の年齢層で差異が見られる。まず年齢構成では、楢崎(39)、山岸(37)のように高年齢でも第一線で活躍している選手が多い。その影響からか、各チームの今季レギュラーGK陣を見ても高年齢選手がほとんどで、平均年齢は28.3歳と高め(表2-6)。その専門性から経験値が重要視され、1度レギュラーに定着すると、長期間にわたってスタメンとして出場することが多いポジションだけに、J最年少の20歳で正GKの座を確保した福岡・中村航の将来性は非常に楽しみなものである。

表2-6 まとめ(1)
また、各ポジションで30代後半の選手が現役で活躍している一方でFWに関しては、そうはいかないようだ。他のポジションが30代を機にゆるやかに選手数が減少していくのに対し、FWだけ1年ごとにガクッと落ち込んでいる。前線からの守備が求められる現代サッカーにおいてFWの守備は必要不可欠。そんな中、48歳でも現役を続けられるカズの凄さが再確認できる年齢構成分布図となっている。
表3 審判(1)

■主審と副審の役割の違い

最後に表3に2015年Jリーグ担当審判の年齢構成をまとめた。今年は55名が主審に、78名が副審として登録されており、それぞれに構成比率の特徴が出ている。主審では30代が圧倒的に多く、残りを40代が占めているのに対し、副審では30代と40代の割合が半分ずつとその比率が若干異なっている。

主審には「主」という字が、副審には「副」という字がつくことで、主審をできる人のみ副審を担当できる、と連想する人も多いのではないだろうか。しかし実際は、それぞれ役割が違うため、Jリーグの審判になれる1級審判を取得する過程で自分自身の適性に合わせ主審か副審を選ぶこととなる。

主審がピッチ全域を走り回る心肺機能や、試合をマネジメントする能力が要求されるのに対し、副審はボールアウト、ゴールなどを正確に判断する能力、選手と同じ速度で走る脚力が必要とされる。体力的に持久力のいる主審と、瞬発力を必要とする副審。そういった能力の違いが年齢構成に若干の影響を及ぼしているのではないだろうか。