総得票数からみる最近10年のベストナイン

 毎シーズン終了後に各ポジションのベストプレーヤーを記者投票によって選ぶベストナイン。この投票結果に今年はちょっとした”異変”が起こっていたのをご存じだろうか。セ・リーグ261票、パ・リーグ221票だった有効投票数のうち90%以上の票を得てベストナインに選出された選手が8人もいたのだ。これは過去10年では最多の人数。とくにセ・リーグではヤクルトの4選手(中村、畠山、山田、川端)がいずれも90%以上の得票率で選出されている。トリプルスリーを達成した山田や柳田(ソフトバンク)、シーズン最多安打を更新した西武・秋山のように「文句なし」の実績を残した選手が多いシーズンだったこともあるが、レギュラーといえる選手が中村だけだったセ・リーグの捕手部門のように、リーグとして層が薄いポジションが増えてきていることも原因に挙げられるだろう。
 このようにベストナインの結果を得票数まで細かくみていくと、受賞選手の名前だけみている時には気付かなかった球界の流れのようなものが感じられることがある。そこで今回は過去10年のベストナイン投票での得票数をポジション別に集計、それをランキング化することで10年間を振りかえる。
表1~2

■投手 セはマエケンの1強、パは大谷時代の到来か

 セ・リーグは9年間で3度ベストナインを獲得した前田(広島)が得票数でも断然の1位となった(表1-1)。10年間の総有効投票数に対するシェアは30%を超えていて、この数字がいかにリーグ内で抜きんでた存在だったかを物語っている。その前田も来シーズンはメジャーに移籍する。リーグのエースが抜けるシーズンは175票を獲って1度選出の菅野(巨人)、49票の小川(ヤクルト)、31票のジョンソン(広島)、26票の藤浪(阪神)らがその座を争うことになりそうだ。
 パは2013年に満票を獲得した田中(ヤンキース)が1位、6年で2度選出のダルビッシュ(レンジャーズ)が2位と、メジャーで活躍する投手が上位を占めた(表1-2)。そして今シーズンは大谷(日本ハム)が213票と96.4%と断然の得票率で初のベストナインに選ばれた。この得票率は過去10年間の投手部門では2013年の田中(当時楽天)、2010年の前田(広島)に続く3位の数字。来シーズン以降もどんどん数字を伸ばしそうだ。今シーズン3票で2位タイだった涌井(ロッテ)は過去10年で3度の最多勝、2009年には沢村賞にも選ばれながらベストナイン投票では計61票で1度も選出されていない。ダルビッシュ、田中、大谷とハイレベルなライバルに阻まれ続けたがゆえの不運だといえるだろう。

■捕手 セは阿部の10年、パは群雄割拠

セ・リーグでは阿部(巨人)が10年間で8度の選出、総得票数の1555票、通算得票率66.6%は両リーグ通じて1位、得票数の1000票超えも、得票率の50%超えもこの10年間では阿部だけだ(表2-1)。その阿部の牙城を9年ぶりに崩したのが中村(ヤクルト)だ。阿部のコンバート、ライバルの不在もあって多くの票を得た。セ・リーグには現役で票を獲得した経験のある選手がほかに相川(巨人)、石原、會澤(ともに広島)、黒羽根(DeNA)、狩野(阪神)、小林(巨人)と6人しかおらず、相川以外は10票以下だ。リーグとしては実績ある捕手がほぼ枯渇している状況といえるだろう。
 パ・リーグは10年で7人の捕手が選出されている(表2-2)。トップは嶋(楽天)だが出場試合数は減少傾向で今シーズンの得票は8票止まり。今後は今季156票で初選出された炭谷(西武)、32票の近藤(日本ハム)、17票の田村(ロッテ)らがランキングを上げてきそうだ。
表3~4

■一塁手 セは日本人が人材難、パは中田が常連となるか

 セ・リーグは中日、DeNAで6年プレーしたブランコがトップ、2位は今シーズン多くの票を得た畠山だった(表3-1)。リーグとして日本人選手の得票が少なく、畠山以外に一塁手で得票経験があるのは新井(広島)森野(中日)阿部、亀井(巨人)のベテランだけ、それも20票に満たない数字だ。来シーズン以降も畠山vs外国人選手という構図になるだろう。
 パ・リーグは西武、オリックスで7年プレーしたカブレラが1位、今シーズンは指名打者で選出された李大浩(ソフトバンク)が2位となった(表3-2)。今シーズンの受賞者は本格的に一塁に転向した中田(日本ハム)。外野手、指名打者としての得票数を合わせると過去10年の票数は467票とリーグ8位の数字で今後はこの部門の中心となっていきそうだ。

■二塁手 2年でトップに立った山田、パは田中vs藤田vs浅村

 荒木(中日)、平野(阪神)、田中(ヤクルト)、東出(広島)ら名だたる選手が争ってきたポジションだったが、この2年で一気に山田(ヤクルト)がトップに立った(表4-1)。3年連続で得票数2位の菊池(広島)は通算で202票を獲得している。これは選出経験のない選手の中ではこの10年で2番目に多い数字だ。
 田中(日本ハム)はメジャーでの2年間のブランクがありながら受賞回数6回、得票数801でトップとなった(表4-2)。6度の選出はリーグトップ、得票率40.1%はポジション別では外野部門の糸井(オリックス)に続くリーグ2位だ。派手な成績を残す選手ではないが、リーグ内での傑出度は高い。田中のいなかった2年間で2度選出された藤田(楽天)だが、今シーズンはケガもあって4票に止まった。来シーズンは一塁から移った浅村(西武)を加えての三つ巴の争いになるか。
表5~6

■三塁手 新陳代謝が進まないセ、パは中村が断然

 セ・リーグはこの部門でも人材が不足傾向(表5-1)。過去10年での得票数トップは村田(巨人)だが今シーズンは極度の打撃不振で得票数は0だった。通算191票を獲得している森野(中日)、97票の新井(広島)はすでに三塁手ではなく、131票のルナも来シーズンの去就は不明、ほかに得票経験のある選手が堂林(広島)、新井(阪神)、梵(広島)とあっては、首位打者も獲得した川端を脅かすような選手は当分現れそうにない。 
パ・リーグは中村がリーグ2位の5度選出(表5-2)。中村は一塁、指名打者での得票もあり総得票率では43.8%でリーグ1位の数字を残している。松田(ソフトバンク)は10年で286票を獲得しながらいまだ選出はなし。NPBに残るのであれば今後も中村の壁に挑戦し続けることになりそうだ。

■遊撃手 鳥谷を追う坂本、パは新旧交代の時期

 鳥谷(阪神)が獲得した1141票はリーグ2位の数字、6度の選出も2位だ(表6-1)。この鳥谷と毎年のように争っているのが坂本(巨人)だ。選出は2度だが、獲得した639票はセ・リーグの内野手全体でも2位の数字、2009、12年と打率が3割を超えたシーズンには鳥谷を上回ることができているので、今後も選出は打撃次第となりそう。
 パ・リーグは8年で4度選出の中島(オリックス)と5年で2度の西岡(阪神)が一時代を築いたが、2013年以降は毎年受賞者が入れ替わっている(表6-2)。得票数3位で2013年選出の鈴木(ロッテ)、5位で今シーズン選出の中島(日本ハム)、6位で2014年選出の今宮(ソフトバンク)はまだ若く、世代交代期にあるといえるだろう。
表7

■外野手 セにポスト青木は現れるのか?パは世代交代進む

 セ・リーグは2011年までプレーした青木(当時ヤクルト)がいまだに1位をキープしている(表7-1)。6年間で6度選出されていて、この期間の選出率100%は青木だけだ。この青木を票数で追っていたマートン(阪神)も今シーズンで退団、3位のラミレス(ヤクルト、巨人、DeNA)もすでに現役ではない。上位には引退した選手の名前も目立っている。得票数4位の長野も近年はケガがちとあって上位の顔ぶれが変化しない中、今シーズンは筒香(DeNA)が得票数1位で初選出された。まだ24才と若く今後常連となっていくことが期待できるだろう。
 今シーズンのパ・リーグはここ数年多くの票を集めてきた糸井(オリックス)と内川(ソフトバンク)が今シーズンは揃って落選、代わって秋山がこの10年では2013年の田中(楽天)しか達成していない満票での選出、柳田(ソフトバンク)も99.1%の高い得票率で選出、初選出された清田(ロッテ)も加わりフレッシュな顔ぶれとなった。糸井、内川、9年で4度選出の稲葉(元日本ハム)、3度選出の栗山(西武)の時代から着々と世代が交代している(表7-2)。
表8

■指名打者 山崎以降は外国人のポジション

 この10年では外国人選手が6度選出されていて年替わりで受賞者が入れ替わっている(表8-1)。現役で受賞経験者は、去就が不明なペーニャ(楽天)、李大浩(ソフトバンク)を除くと中村(西武)と福浦(ロッテ)だけ。ともに現状は指名打者のレギュラーではなく来シーズンの勢力図は見えてこない。ただ今シーズン51票を獲得した森(西武)が、今後も指名打者に定着するようであれば常連となることは間違いないだろう。