「イニング跨ぎ」と「満塁」、スペシャリストは誰?

 21日に幕を閉じた第1回世界野球WBSCプレミア12、開催国として優勝が期待されていた日本代表・侍ジャパンは予選リーグを5戦全勝で突破、準々決勝ではプエルトリコに圧勝したものの、準決勝の韓国戦でまさかの逆転負け、結局3位に終わった。韓国戦は、あと1イニングで3点リード、という圧倒的優位な状況からの敗戦となったため小久保監督の投手起用には多方面から疑問や批判の声が上がっている。具体的には、(1)7回で大谷を降板させた判断、(2)8回から登板した則本(楽天)が9回も続投したいわゆる「イニング跨ぎ」についての是非、(3)2点差の9回、無死満塁という大ピンチで松井裕(楽天)を投入した人選、という3つの采配が批判の中心だ。そしてその原因として今大会の代表メンバーに中継ぎのスペシャリストがいなかったことも挙げられている。確かに今回のメンバーには所属チームでクローザーを務める投手はいたものの、シーズンを通して中継ぎを務めた投手は1人も選ばれていなかった。
 では誰を選べばよかったのか?「イニング跨ぎ」や「満塁での登板」の経験が豊富なのは誰なのか?今回はこの疑問に対して、今シーズンのデータから浮かび上がった投手を紹介することで答えてみたい。
表1
 まずはイニング跨ぎについて調査を行った。表1がその結果だ。「回数」がイニング跨ぎを行った登板の回数、「防御率」はイニング跨ぎを行った試合での防御率を計算したもの、「失敗」はイニング跨ぎで最も難しいと言われる2イニング目に失点をした回数。「成功率」は登板数に対する2イニング目に失点をしなかった登板の割合となっている。
今シーズン最もイニング跨ぎを経験した投手は、セ・リーグ覇者ヤクルトの中継ぎエース・秋吉だ。秋吉は今シーズン74登板のうち約3割に当たる22試合でイニングを跨いでいた。その結果も良好で失点は6点だけ、そのうち2イニング目に失点したのは2度だけでイニング跨ぎの成功率は90.9%だった。これは10度以上イニング跨ぎを経験した投手37人中8位に当たる数字で、質と量ともに素晴らしい結果を残した。
 2イニング目に一度も失点しなかった、つまり成功率100%の投手は2人。マエストリ(オリックス)は13度のイニング跨ぎで失敗は0、3イニング目の失点が多かったため防御率は悪化してしまったが、2イニング目までは完ぺきだった。さらにヤクルトのクローザー・バーネットはイニングを跨いだ試合での失点が0。試合を締めくくる役割を担いながら、イニング跨ぎも完ぺきにこなすいう、今回の則本に求められた仕事を実際に成功させていた投手だったのである。ただこの2投手は外国人なので当然侍ジャパンには加わることができない。そこで注目されるのが成功率3位の武隈(西武)である。秋吉、バーネットと比較すると試合展開的に楽な場面の登板が多かったとはいえ、イニング跨ぎで失点した回数はわずかに1回、失点も2点だけだった。まだ実績が乏しく侍ジャパン候補という視点でみれば無名に近い選手ではあるが、イニング跨ぎに対する対応力は注目に値するものがある。代表に不足する左腕でもあり、来シーズンも結果を残せるようであればその存在が大きくなってくるのではないだろうか。
 今回の代表メンバーの中では松井裕、澤村(巨人)、増井(日本ハム)の3人が10度以上イニング跨ぎを経験しており、結果も上々。成功率は3人とも90%台だった。本来先発投手だからイニング跨ぎも大丈夫だろう、という発想が通用しないのは則本や大瀬良(広島・成功率81.8%)を見ても明らか。むしろシーズンでイニング跨ぎを経験しているクローザーを8回から登板させるという発想もあってよかったのではないだろうか。
表2
次に満塁での登板についての調査結果が表2である。これは今シーズンの公式戦で走者が満塁の状態で登板した回数をまとめたものである。「成功」は登板から降板までに1人の走者にも得点を許さなかった回数、「失敗」は1人でも走者に得点を許した回数、「生還走者」は登板時に背負っていた走者のうち得点を許した走者の数、「生還率」は登板時に背負っていた走者に対する、得点を許した走者の割合である。例えば満塁で5回登板した投手の場合、背負っていた走者の数は15人、そのうち3人に得点を許していれば生還率は20%となる。数字は低い方が好成績だ。
 最も満塁での登板が多かった投手は高宮(阪神)。ただその結果は成功3回、失敗5回で成功率37.5%、得点を許した走者の数は8人で生還率は33.3%、これは満塁での登板が3度以上あった19投手のうちそれぞれ8位と5位に当たる数字で、飛び抜けて良いとはいえないものだった。
最高の結果を残したのはイニング跨ぎでも紹介した武隈である。4度の満塁登板で得点を許した走者は1人だけ。成功率75%、生還率8.3%はいずれも19人中トップの成績だ。イニング跨ぎでの好成績と合わせて今後大きく注目したい投手だといえるだろう。登板回数が多かった投手では二保(ソフトバンク)もよい結果を残している。7回の登板で無失点だったのは3度だけ(成功率42.9%-19人中7位)だが、得点を許した走者数は6人で生還率は28.6%だった。これは大きく崩れた登板が少なかったことを示していて、満塁で登板する投手に期待される最低限の結果を確実に残せていたということになる。ほかに田島(中日)長田(DeNA)も良い結果を残していた。

ここまでで韓国戦で則本や松井裕が直面した状況での経験が豊富な投手を紹介してきた。もちろん毎試合今回の韓国戦のようなシチュエーションが発生する訳ではないし、シーズンで経験がなくてもこれらの状況に強い投手がいるかもしれない。ただ、シーズンの結果で選手を選考するということであれば、防御率や勝利数、打率や本塁打数といった目に見える数字だけではなく、限定された条件に対して実際に結果を残している選手、例えば1点差の試合終盤で盗塁やバントを高確率で決めることのできる選手や、左打者であればヒットだけでなく外野フライすら許すことの少ない左投手、そういったスペシャリスト達を印象ではなく、実際の試合で探し代表候補としてリストアップしておく、といった発想もあってよいのではないだろうか。