J2・J3昇格・残留争いの行方

15年シーズンのJ2・J3リーグも残すところ2節となり、昇格・降格レースもいよいよ佳境を迎えました。次節にも昇格・降格が決定する各リーグの状況や昇格・降格となる条件をまとめてみたいと思います。

■過去最高にハイレベルな戦い~J1自動昇格争い~

まずはJ1への自動昇格枠争いから。J2リーグの年間1位、2位チームがJ1リーグへ自動昇格することができるわけですが、現在その可能性が残されているチームは表1の通り、上位3チームに絞られました。12年シーズンからスタートした昇格PO制度ですが、過去に上位3チームの勝点差が「4」まで接近していたシーズンはなく、最もハイレベルな自動昇格枠争いといえそうです。
表1 自動昇格

■勢いなら磐田と福岡

各チームのここ10試合の戦績は表1にあるように、大宮がここ3戦引き分けをはさんで負けなし。追いかける磐田が10戦負けなしで4連勝中。さらに福岡も10戦負けなしで6連勝中と、磐田と福岡がすさまじい猛追ぶりを見せています。しかし、既に直接対決は終えている関係上、大宮の絶対的有利は変わりません。

次節(11/14)で決まる可能性がある自動昇格の条件は…
大宮:大分に勝つ、負けても福岡が負ければ2位以内確定/勝利&磐田引き分け以下で優勝
磐田:横浜FCに勝利し、福岡が引き分け以下なら2位以内確定

■残り2枠を7チームで争う昇格PO圏争い

続いてJ1昇格PO圏争いについてです。自動昇格枠を狙う3位福岡と4位C大阪がPO圏入りを決めているため、残るPO進出枠は実質5位・6位の2枠だけです。表2にあるように、残された2枠に対し7チーム(北九州がJ1ライセンスなしのため)にPO進出の可能性が残されており、最後まで目を離せない戦いが続きそうです。
表2 PO圏
各チームの置かれた状況と今後の展望は以下の通りです。
【4、5位争い】
C大阪:PO進出決定済み。あとはPO1回戦をホームで迎える4位かアウェーの5位になるのか
愛媛:残り2戦で1勝するか2試合引き分けでもPO進出決定
【6位争い】
千葉・長崎・東京V:三つ巴の争い。最終的に得失点差の争いとなりそう
札幌:負け&千葉・長崎・東京Vのいずれかが引き分け以上でPO進出の可能性消滅
金沢:負けると消滅、勝っても千葉・長崎・東京Vのいずれかが1勝すればPO進出の可能性消滅
北九州:J1ライセンスなし
熊本:自身が引き分け以下、もしくは千葉・長崎・東京Vのいずれかが1勝するとPO進出の可能性消滅

■J3降格枠は大分、栃木でほぼ決定か…

そしてこちらも見逃せないJ2残留争いは表3をご覧ください。既に22位栃木の降格枠入りが決定しており、あとは自動降格なのか入れ替え戦なのか。そして入れ替え戦にまわる21位は大分で、こちらも残留を確定させる20位に入るには数字的に非常に厳しいのが現状です。
表3 残留争い
大分:引き分け以下か水戸・岐阜の勝利で21位以下決定、栃木が敗れれば入れ替え戦が決定
栃木:負ければ自動降格決定

■大宮が勝って優勝を決めるか

気になる次節(11/14)の対戦カードは表4の通りです。注目は、負けが許されない3位福岡と5位愛媛の戦い。6連勝中の福岡に対し愛媛も3連勝中と勢いのあるチーム同士の対戦。仮に福岡がPOに回った場合、愛媛の順位によっては対戦が予想されるだけに、互いに落とせない一戦となりそうです。
表4 試合一覧
PO圏内を争うライバル同士の戦いからも目が離せません。東京Vと金沢の一戦は、ともに「勝利だけ」が欲しい試合。2連敗中の東京Vに対し、金沢は2連勝中と勢いに差があり、どちらが生き残るのか注目です。また、勝って自動昇格を決めたい首位・大宮と残留にわずかながら希望を残す大分との試合も、激しい試合となりそうです。

■山口・町田の優位は変わらず

最後に、こちらも次節で優勝チーム、入れ替え戦参入チームが決まる可能性のあるJ3について。J3昇格1年目の山口が勝点76で首位、勝点2差の2位に町田が続きます。昇格条件は1位がJ2へ自動昇格、2位がJ2・21位との入れ替え戦に回ることになります。次節での昇格決定条件は以下の通りです。

山口:2位以内確定。勝利し、町田が引き分け以下なら優勝決定
町田:勝てば2位以内確定。他力ながらも優勝の可能性も残す
長野:他力ながら2位も。次節引き分け以下で可能性消滅

圧倒的攻撃力で山口がすんなり優勝を決めてしまうのか、そして町田と長野の2位争いの行方もどうなるのか。最終節までもつれそうなJ3の激闘にも注目です。

表5 J3