頼れる選手は誰?「勝負強さ」で選ぶベストナイン

毎年シーズンオフに記者投票でそれぞれのポジションの最高の選手を選ぶベストナイン表彰、記者投票という性質上客観的な評価となるので、すべてのファンが納得できる結果となることは難しい。多くの試合を見たファンの実感を伴うベストナインの選出はできないのか?その試みとして、「勝負強さ」を物差しとしたベストナインを選んでみた。
 実際に試合を見る際、一番力が入る場面はどこかといえばそれは「僅差のイニング」だろう。「ここで打てば勝ち越せる」「ここでつなげば一気に逆転だ」「このイニングだけは抑えてくれ」などなど、同点や1点差の場面では見る方の力の入り方もそのほかの場面とは大きく異なるものだ。そんな緊迫した場面で活躍した選手をベストナインとして選ぶことができればどうなるのか?その結果を今回は紹介していきたい。

選手を選出するにあたって今回は独自の数字を用意した。野手は1プレーが勝敗に直結する、1点差の場面でのプレーを収集し、それを6つのポイントに分けて集計した。そしてそれらを合計したものを各選手の「プレー価値」として、選手の比較を行い、最も数字の高い選手をベストナインとした。6つのポイントの詳細は以下の通り。
「打撃ポイント」 殊勲打(同点、勝ち越し、逆転の適時打)の本数
「出塁ポイント」 同点または1点差の場面で、得点圏である二塁に走者を進めた、または自身が進んだ回数
「盗塁ポイント」 同点または1点負けている状況で盗塁した回数
「盗塁阻止ポイント」 同点または1点勝っている状況で盗塁を阻止した回数(捕手のみ)
「走塁マイナスポイント」 同点または1点負けている状況で盗塁に失敗、またはけん制でアウトになった回数
「守備マイナスポイント」 同点または1点勝っている状況で犯したエラーの回数(指名打者は除く)
チームの勝敗に直結する場面で記録されたプレーを総合すれば、緊迫した場面で結果を出した野手が浮かび上がってくるのではないかという試みである。

また投手はこの方法では選出できないので、「僅差イニングでの無失点率」を選出の基準とした。
「僅差イニングでの無失点率」とは、同点もしくは1点勝っているイニング状況でのイニングを「僅差イニング」とし、そのうち無失点で投げ終えたイニング(交代での降板を含む)の割合のことである。例えば先発して5イニングを0-0の状況で終え、6回に失点して降板した場合の無失点率は83.3%(5イニング÷6イニング)となる。

この方法で選んだベストナインが表1と表2だ。ここからは各ポジションの集計結果を紹介していく。
表1-2
表3

■捕手(表4、5)

セ・リーグはリーグ制覇したヤクルトの正捕手・中村が1位。リーグで唯一規定打席に到達した捕手であり妥当なところだろう。打撃、盗塁、盗塁阻止でリーグ2位以内を記録、攻守でリーグトップの捕手といえる結果となった。大健闘だったのは巨人の小林。出場試合数は中村の約半分にとどまったが、ポイントではわずか1点差に迫っている。とくに盗塁阻止12回は中村と同数、失策でのマイナスポイントも3にとどめていて守備面では上位の数字を残した。
パ・リーグは攻撃面の3つのポイントの合計では1位だった嶋(楽天)を抑えて、炭谷(西武)が1位となった。僅差での盗塁阻止19回は両リーグトップの数字だ。弱点とされる打撃でも勝負どころの9月の3度の殊勲打で数字を伸ばし、他の捕手とそん色のないポイントを稼いだ。ほかで目立ったのはソフトバンクの高谷だ。正捕手候補の細川、鶴岡が離脱するなかで3位タイのポイントを稼ぎ見事に穴を埋めている。
表4-5

■一塁手(表6、7)

畠山が両リーグ最多の打撃ポイントを稼ぎ総合でも1位となった。勝負を決める打者であることが求められる4番打者として、これ以上ない結果を残したといえるだろう。前を打つ川端、山田で作ったチャンスを確実に点につなげた畠山の働きがあってこそのリーグ優勝だったことは間違いないところだ。
パの1位は中田。ほかの一塁手の成績が伸び悩む中で順当に1位となった。ただ合計33ポイントはリーグ内の全打者中では9位に止まる。侍ジャパンの4番最有力候補としては「勝負強さ」を印象付けるとまではいかないシーズンだったかもしれない。

■二塁手(表8、9)

トリプルスリーを達成したヤクルトの山田が2位以下に圧倒的な差をつけた。チャンスメイクの回数である出塁ポイントは両リーグ2位の好成績、さらに盗塁ポイント13に対して、走塁マイナスポイントはわずかに2。ただやみくもに走っていたのではなく、質の高い内容が伴っていたことが数字でも表れている。侍ジャパンの正二塁手として山田のライバルだった菊池(広島)は大きく水をあけられた2位に止まった。強みであったはずの走塁、守備面でマイナスポイントが目立った点は残念だ。
パの1位は安定した成績を残した日本ハムの田中。2位のクルーズと攻撃面では互角だったが、僅差での失策ポイントの少なさが決め手となった。
表6-9

■三塁手(表10、11)

首位打者、最多安打を獲得した川端が3位に止まる中、ルナ(中日)が高ポイントを獲得して1位となった。合計43ポイントはセ・リーグの内野手ではトップの数字だ。打撃ポイントも27と中軸として十分な活躍だったが、特筆すべきは盗塁ポイントの8という数字。僅差での盗塁を8回成功させたのに対して、失敗は0。あまり俊足のイメージはないが、実は来日3シーズンでの盗塁成功率は92%(成功23、失敗2)と素晴らしい成績でもある。中日との再契約は微妙となっているが、印象以上にクオリティの高い選手であることは間違いなく獲得をお勧めしたい選手だ。
上位3人が30ポイントを超えるハイレベルな争いとなったパ・リーグは中村が1位。打点、本塁打の2冠を獲得したが、打撃ポイントでもリーグ2位。重要な場面でもきっちり結果を出していた。1ポイント差で2位だったレアードも打撃ポイントでは中村と同数を記録、同僚の中田を上回る好成績だった。

■遊撃手(表12、13)

両リーグで30ポイントを超えたのは坂本(巨人)だけ。現在もっとも層の薄いポジションといえるかもしれない。坂本は貧打に苦しむチームの中で自身も苦しんだが、それでも打撃ポイントは29を記録。これはリーグ4位の成績で勝負強さは健在だった。悪い面で目立ったのは田中(広島)。守備マイナスポイントの10は両リーグでワースト。今シーズンの22失策のうち18個が1点差以内の場面と手痛い場面でのミスが目立ってしまった。
大接戦のパ・リーグは日本ハムの中島が1位。打撃、出塁ではポイントが伸びなかったが、盗塁の11ポイントが効いた。ただ上位の選手にほとんど差はなく、リーグ内で飛び抜けた選手はいない1年だったといえるだろう。
表10-13

■外野手(表14、15)

全選手中1位のポイントを挙げたのはDeNAの梶谷。最も大きかったのは盗塁での17ポイント。盗塁王のタイトルこそ山田に譲ったものの、28盗塁中17盗塁と半分以上が僅差の場面でのもので、走塁で多くの好機を作っていた。さらに出塁ポイントの19もリーグ3位。僅差でのチャンスメイク力ではリーグトップクラスの成績を残した。2位の福留は打撃ポイント37のうち14ポイントを本塁打で稼いだ。これはリーグトップの数字である。ゴメス、マートンの成績が低迷する中、貴重な一発を放つ勝負強さが光っていた。3位の筒香も51ポイントと好成績。DeNAは前述の梶谷が出塁、盗塁で好成績、後を打つ筒香は打撃、出塁がリーグ上位の数字、さらにロペス、バルディリスは打撃ポイントが20を超えていて中軸の攻撃力は間違いなくリーグトップのものだった。

パ・リーグはトリプルスリーの柳田がリーグでは断トツの50ポイントを挙げて1位。打撃と盗塁のポイントもリーグで1位だった。さらに殊勲本塁打の14本も福留と並んでトップとまさに完ぺきなシーズンを送った。2位タイには通算成績では目立たなかった松井稼(楽天)と角中(ロッテ)が入った。松井稼は打順が定まらない中で、打撃ポイント20と各チームの中軸クラスを記録、さらに盗塁でも10ポイントを挙げていてどの打順であっても適応していたことが伺える成績。角中は出塁でリーグトップタイを記録、打撃でも21ポイントと、上位打線を打つ打者として十分な成績を残している。シーズン最多安打の秋山(西武)は数字が伸びなかった。これにはチーム事情の影響もある。西武は1点差試合が両リーグ最小の35試合しかなく、僅差の場面が絶対的に少なかったこと。さらに8、9番打者の出塁率がそれぞれ.214と.205と非常に低く走者を置いての打席が少なくなりがちだったことも響いた。ただ、リーグワーストタイとなる走塁のマイナス9ポイントも数字が伸びなかった原因の1つ。これは来季への課題だろう。
表14-15

■指名打者(表16)

李大浩が強力打線の主軸として高い数字を記録したが、西武の森も同ポイントを挙げ大健闘した。李大浩が大半を打撃ポイントで稼いだのに対して森は出塁でも多くのポイントを挙げた。ただ森の本職は捕手。攻撃であげた33ポイントは捕手としては圧倒的な数字なので、捕手として出場することができるようになればチーム力が底上げされることは間違いない。3位の近藤(日本ハム)もそれは同様。両選手ともに今後は守備面でのレベルアップが待ち望まれるところだ。
表16

■投手(表17~22)

投手は先発、救援の2人を紹介する。セ・リーグの先発1位は巨人のマイコラス。今シーズンは11連勝でシーズンを終えたが、それは幸運に恵まれたものではなく実質が伴っていた。今シーズンの145イニングのうち同点または1点リードだったイニングは107イニング、そのうち96イニングを無失点で投げ終えている。無失点率はほぼ9割となる.897と素晴らしい数字だ。また失点したイニングでも最多の失点は2にとどめていて失点率(僅差イニングでの平均失点)はわずか0.14とまさに「頼れる」投手だった。
パの先発は順当に大谷が1位。以下各チームの主力投手が並んだがその中で大嶺祐が無失点率.819と大健闘している。セ・リーグで3位に健闘した若松(中日)と合わせて今季大きく成績を伸ばした投手だといえるだろう。

表17-18

表19-22

救援投手はベストに加えてワーストも紹介する。あえて僅差で登板する救援投手にとって、無失点率は一般的な評価にも直結するからだ。両リーグの上位は納得の選手が占めたがとくに素晴らしい数字だったのがセーブ王のサファテを抑えてリーグ1位だった五十嵐(ソフトバンク)だ。なんと僅差イニングでの失点はわずかに1回、1点差で出す投手として五十嵐以上の投手は今シーズンいなかったといえる成績だ。セ・リーグ1位のバーネットも僅差での失点は2度だけ。今シーズンリードを守れなかったのは引き継いだ同点の走者の生還を許した、10月2日の優勝決定試合だけだった。
ワーストには今季中継ぎで苦しんだチームの選手が目立つ。阪神のベテラン2人はそれぞれ7度ずつ救援に失敗、ここ数年巨人のブルペンを支えたマシソン、山口も今シーズンは振るわなかった。両チームともブルペンの新戦力発掘は大きな課題になってきた。またパ・リーグワーストの武藤は今シーズン1度でも僅差イニングに登板した157投手中でも154位の無失点率だった。これだけ失敗しながらも20回以上僅差イニングで投入されたのは期待の証でもあるのだろう。

以上が「勝負強さ」で選んだベストナインである。意外な結果となったポジションもあり興味深い結果になったのではないだろうか。実際に発表されたベストナインと比較してお楽しみいただければ幸いである。