浦和と広島の勝利スタイルの違いとは

野球に比べて得点が入ることの少ない競技であるサッカー。そんなサッカーにおいては1点で試合が決することも多々あるが、果たして先取点を取ることで試合を有利に運べているのか。今回は先制点の優位性を検証してみたい。

■先取点取ると勝つ確率上昇

表1には2015年にJ1に在籍するクラブの先取点を取った場合の試合展開と同2014年分をまとめた。
表1 先取点(1)
先取点を挙げたチームで勝率50%以上は
13/18チーム(15年)
17/18チーム(14年、降格した3チームも50%超)

また勝率70%以上でも
7/18チーム(15年)
10/18チーム(14年)

先取点を取ることで自分たちのリズムで試合を運べ、それに伴い勝率も上がっているのが分かる。14年に降格した3チームも50%超で勝利していることを考えると、降格を避ける上でも先取点を取った試合は最低限制したい。

表2には先取点を取って勝利した試合数が、全勝利数に占める割合をまとめた。やはり全チーム50%を超えており、先制点が全勝利の多くを占めていることから、勝点を稼ぐ上でも重要なファクターであることが分かる。また、先制点の持つチームごとの意味合いもうかがい知れる。
表2 先取点(1)
甲府や山形のように1点を奪い引いて守って勝利するチームには先取点勝利が勝利の必需品
全勝利に占める割合が高い甲府、G大阪、F東京、名古屋、鹿島、川崎Fは先取点獲得で勝率アップ

先制点を挙げることで勝利に一歩近づくことが分かったわけだが、今季優勝争いをする2チームは少し事情が違うようだ。

■浦和と広島が持つ他チームとの違いは?

今シーズン首位争いを繰り広げる浦和と広島には他の上位争いをするチームと比べてある違いが見られた。それは両チームとも全勝利に占める先取点勝利の割合は決して高くないという点。つまり、優勝争いをするだけあって「全勝利数が多い」にもかかわらず、他チームに比べて「先取点勝利の数がそこまで多くない」のである。

その差は何かー。「先制点を許したにもかかわらず勝利している試合数」が決定的な違いで、通算勝利数を伸ばしている要因でもある。それをまとめものが表3となっている。
表3 先取点(1)

■先制されても勝負強い浦和

浦和は無敗で制した1stステージにおいて先制された試合でも負け知らず。2stステージで1敗したものの66.7%の高勝率で逆転勝利を収めている。一方の広島も浦和ほどではないが40%超の勝率で追随しており、この逆転勝利の数こそが上位争いで一歩抜け出している理由でもある。

■無敗を支える武藤の同点弾

表4では同点となる得点を挙げた回数を、表5にはその個人同点弾ランキングを一覧にした。同点回数では浦和が鳥栖と並んでトップ。個人同点弾ランキングでも武藤が4点で3位に位置している。武藤は1stステージで8得点を挙げているが、そのうち4点が同点弾。つまり浦和の無敗を支えた男こそ、武藤なのである。
表4 先取点(1)
そして注目していただきたいのが、浦和の同点回数がリーグで唯一、被先制回数を上回っているということ。「被先制回数=最低限引き分けに持ち込むためには同点としなければならない回数」であり、浦和のみその回数を超えている。同点とした後に勝ち越されてもなお、追いつき逆転する執念、勝負強さこそが無敗優勝を成し遂げた今年の浦和の強さの秘訣で言える。

では広島の強さは何か。先取点を取った時の勝率の高さと前半をリードして折り返した時の勝率が挙げられる。前者は14勝1分無敗で93.3%、後者は100%、つまり「先取点」こそが広島が勝利する上での生命線といえる。

先取点を奪うことで試合を優位に進める広島と、奪われても取り返し、そして勝ちきる浦和。同じフォーメーションで同じサッカースタイルの2チームだが、その勝利の方程式は全く異なるものであるようだ。
表5 先取点(1)