【プロ野球】シーズン記録に迫る、秋山、呉昇桓、ソフトバンク

プロ野球のレギュラーシーズンも残り約一か月となった。試合数にするとあと30試合弱でシーズンが終了することになる。セ・リーグは上位4チームの激しい優勝争い、パ・リーグは独走するソフトバンクがラストスパートに入っており、ペナントの行方からも目が離せないところだが、一方で個人記録、チーム記録で球史に名を残そうとしている選手やチームがいる。今回は個人とチームのシーズン記録に焦点をあて、記録達成が期待される選手、チームを紹介していきたい。
表
プロ野球記録達成に最も近付いているのが、西武の秋山のシーズン最多安打記録だ。一時は達成間違いなしといえるペースで安打を量産していたのだが、8月9日からの10試合で8安打とペースダウン、シーズン記録達成にはギリギリのペースにまで落ちてしまった。しかしここ一週間で早くもペースを取り戻し、29日の楽天戦では今シーズン3度目の1試合4安打を記録、これで一気に新記録達成に近づいた。今のペースを維持すればシーズン安打数は220となり、これまでの記録である214(2010年阪神・マートン)を大きく上回る大記録となる。

さらにプロ野球新記録に迫っているのが、阪神の呉昇桓とDeNAだ。呉昇桓は8月終了時点で38セーブ。あと8セーブで2005年の岩瀬(中日)と2007年の藤川(阪神)が記録したシーズン最多セーブ記録である46に到達することになる。ここまでのペースは、シーズン終了時に46セーブとなるもので、新記録達成も十分に狙えるペースとなっている。チーム61勝のうち49勝が3点差以内の勝利、勝つなら接戦という阪神のチーム事情もあって記録達成の可能性は十分ありそうだ。

DeNAがせまっているのは不名誉なプロ野球記録だ。ここまでの118試合でチーム暴投数が61。このままのペースで暴投が増えていくとシーズンでは72となり、1990年にロッテが記録した68暴投を上回ってしまうのである。90年のロッテは村田兆治がリーグ記録の17暴投を記録したこともあっての最多記録だったのだが、今シーズンのDeNAは多くの投手が万遍なく暴投を記録しており、現在の暴投数のリーグワースト10(14人)のうち7人がDeNAの投手だ。狙って防ぐことは困難な記録だが、残り試合で改善し不名誉な記録達成を防ぐことができるだろうか?

ほかに記録達成が可能な選手やチームもある。西武の増田はここまで39ホールドポイントを記録、これは2010年に浅尾(中日)が記録した47ホールドポイントにぎりぎり到達できるペースだ。ただ自身やチームの不調もありオールスター以降ペースは落ち気味で、プロ野球記録達成までは難しいか。それでも2012年に増井(日本ハム)が記録した45ホールドポイントというリーグ記録の達成であれば達成が十分可能な数字となっている。
球史に残る大記録を達成できる可能性を残しているのがソフトバンクだ。8月終了時点の勝利数は74。残り30試合で25勝できればシーズン99勝という1955年に南海が記録した大記録に到達するのである。30試合で25勝はかなり厳しい数字ではあるのだが、今シーズンのソフトバンクは6月19日~8月5日の30試合で25勝5敗というペースで実際に勝ち星を重ねている。再びこのペースで勝つことができれば99勝到達も決して夢物語ではないのである。99勝に到達できなくても、シーズン90勝は過去に10チーム、95勝となれば4チームしか到達していない好成績で、現在の勝率.679を維持しても歴代12位となる。いかに今シーズンのソフトバンクが強いのかを表す数字といえそうだ。

さらにワースト記録では西武が昨シーズン自らのチームが記録したシーズン最多1234三振の更新に迫っている。ここまでのチーム三振数は1010。このままのペースであれば1204と下回ることになるが、2年連続の更新はあるだろうか?

西武ではさらに浅村が二塁手の補殺数のリーグ記録、中村が打点のリーグ記録に到達する可能性を残している。浅村はこのままいけば470補殺となり、若干ペースが上がればリーグ記録である473(2010年日本ハム・田中賢)を更新することも可能、一方中村は7月に26打点を稼いだ段階ではリーグ記録達成も可能なペースだったのだが、8月は18打点とペースが落ちた。残り約一か月で35打点はかなり厳しいが月間30打点を挙げた5月の再現があればギリギリの到達もあるかもしれない。

セ・リーグではトリプルスリー達成濃厚な山田(ヤクルト)がさらなる記録を達成する可能性を残している。ここまでの34二塁打はシーズン41二塁打に相当するペース。セ・リーグ記録である47(2006年中日・福留)には及ばない数字ではあるが、一度固め打ちがあればまだまだ分からない範囲でもある。トリプルスリーに加え、二塁打のリーグ記録ともなればまさに球史に残るシーズンということになる。