Jリーグ入りへの近道は? 入団状況をデータで分析

Jリーグのチーム運営には、Jリーグに参加するチームそのもののみならず、育成組織(下部組織)によるクラブユースチームの運営義務が規定されている。高卒、ユース、大卒、海外経由などJリーグチームへの入団方法も多様化しつつある昨今。今回はその移り変わりを探ることで、Jリーグが規定するユース運営による選手育成の進捗をみてみたい。

まずは2015年シーズン現在のチーム構成比率を表1にまとめた。表中にある「自ユース」とは自チームユースから昇格した選手のことで、「他ユース」とは昇格はならなかったものの、他チームにプロとして入団できた選手のことを指しており、データから以下のことが分かる。
表1 2015年状況

  • J1・J2ともに「高卒」選手より自・他を合わせた「ユース出身」選手が多くなっている
  • 両リーグともに「大卒」>「ユース」>「高卒」の順で多くの選手を獲得している
  • J2ではJ1と比較して「大卒」選手の数が1.5倍、「他ユース」選手が1.25倍多い

このことからJリーグが目指すユース年代の強化という点ではある程度の結果が出ているといえそう。それと同時に、獲得する選手年代の割合においてリーグ間で差が見られることから、リーグにおいて必要とする選手層に違いがあるように感じられる。J2では「大卒」選手が多いことから、即戦力を必要としている。同時に自チームで育成できなかった若手を他ユースから補うことで若手の発掘を行うという構図となりそうだ。

では実際に各チームでそれぞれの割合がどうなっているのか見てみたいと。表2には2015年シーズンのJ1、J2各チームの選手構成割合を図にした。表2において「ユース」とは「自ユース」選手を示す。
表2 2015J1構成

  • J1では、柏が50%超、G大阪が46%、横浜FM、清水が30%のユース出身選手を抱えている
  • J2では札幌、東京V、京都、C大阪がユース出身選手の割合が多い
  • 高卒選手を積極的に獲得しているのは「鹿島」「浦和」「新潟」あたり

両リーグ唯一50%超えの柏は、全ポジションでユース出身選手を揃えており、育成成功クラブといえるだろう。現在15名のユース出身選手が在籍し、他にも2名をレンタル移籍させている。同様にG大阪も13選手がユース出身で、最近では29歳で初代表入りした丹羽大輝の存在でも注目された。ユース選手にチームの色が出ているのが、横浜FM。各ポジションにユース出身を揃えるのはもちろんだが、中でもGKにおいては4選手全員がユース出身。やはり元日本代表・松永成立GKコーチの存在が大きいのかもしれない。

現時点でユース出身者がチームに多く在籍していることは分かったが、Jリーグに入団できている選手たちの総数の推移はどうなっているのか。表3をご覧いただきたい。こちらはポジションごとに、その年入団した選手数の総数となっている。
表3-1 J1
表3-2 J2

  • J1は10年前に比べて約半数の入団人数にまで減っており、減少傾向にある
  • J2では獲得選手数が若干ながら増加傾向にある
  • 他ポジションに比べてDFの選手が比較的多く獲得されている

J1では年々減少傾向にある獲得選手数、逆に増加傾向にあるJ2、そんな両リーグにおいて共通するのがDF選手の需要の高さがうかがえる。FWやMFのようにポジション変更が比較的行いやすいポジションと違い、専門性が問われるDFの選手というのはどのチームも多く獲得する傾向にあるようだ。

そんな年々狭き門になりつつあるJリーグ選手への入口だが、そこへ至る出身経歴はどうなのか、各年度別にまとめたのが表4となっている。
表4-1(1)
表4-2(1)

  • 両リーグともに年々高卒選手が減少
  • J1では06年、J2でも09年を分岐点として自ユース出身選手が高卒選手を上回っている

Jリーグが理念として掲げるユース環境の整備が、結果として現れているのが表から見て取れる。高校生ながらも実力さえあればトップの試合に出場することができるのがユースチーム。プロを一番身近に感じ、プロと同環境下で育った選手らが多くプロ選手になるのは必然なのかもしれない。それと反比例するかのように低下する高卒選手。大卒選手が増加する傾向にあるのは、高卒でプロを選択しなかったことの裏返しともいえるのではないだろうか。