【甲子園】躍進する東北、低迷する西日本勢

 今年で100年目を迎えた夏の全国高校野球選手権大会は16日までに3回戦が終了し、ベスト8が出そろった。その内訳は東北地方が2校、関東が4校、九州・沖縄が2校となっており、早くも近畿、中国、四国勢はすべての学校が敗退している。夏の甲子園でこの3地区の学校が1つもベスト8に残らなかったのは第76回大会以来21年ぶりのことだ。一方で東北勢は今大会で6校中4校が初戦を突破するなど活躍が目立った。かつては西高東低とも言われた甲子園も近年では様相が変わってきている。ここでは各地区の近年の甲子園での戦績をみていくことで、今の勢力分布を明らかにしていきたい。
成績を振り返るにあたって今回は今の3年生が入学後に行われた5度の全国大会(2013選手権、2014選抜、2014選手権、2015選抜、2015選手権)を対象とした。なお今大会分は16日の第4試合終了時点でのものとなっている。

■各地区別の勝敗は?

 まずは2013年の選手権大会以降の通算成績をみていただきたい。(表1)この期間で最も成績の良かったのは東北地区で勝率は.596、次いで関東の.588、北信越の.581が僅差で続いている。いまだに優勝校を輩出していない東北だが、近年の躍進は目覚ましいものがあり、とりわけ夏の大会では2013年が10勝、14年が9勝、15年もここまでですでに8勝とコンスタントに活躍が続いている。
表1
一方勝率のワーストは中国地方で.167、次に九州の.396、四国の.400となった。やはり西日本勢の低迷は近年の傾向となっているようだ。とくに中国地方は直近の5大会でわずかに4勝、1大会で2勝を挙げた学校もおらず極度の不振に陥っている。四国勢も13年夏こそ6勝を挙げたもののその後は3勝→1勝→2勝と勝利数が伸びず、今大会ではついに全校が初戦敗退を喫してしまった。

■層の厚い地区はどこ?

 各地区の勝率を比較しただけでは地区の実力の調査としては不十分である。その地区に一校だけ甲子園で勝利を量産する学校があれば所属する地区の勝率も跳ね上がるからである。そこで次に甲子園に出場した学校が甲子園で勝利を挙げた割合を比較した。その結果が表2である。
表2
 最も成績のよかったのはここでも東北地区となった。期間中に15校が甲子園に出場し、12校が甲子園で勝利を挙げている。この数字はどの学校が出場しても甲子園での勝利が期待できるレベルの実力を擁していることを示しており、地区の実力が確実に上昇していることがうかがえる。次に勝利校の割合が多かったのは東海地区で12校中9校が勝利を挙げていた。
 逆に勝利校の割合が低かったのが中国地区。期間中に出場した16校のうち3校しか勝利を挙げることができなかった。期間中に2勝したのも広島新庄ただ一校となっている。また北海道も7校が出場し勝利したのは2校、九州が28校中12校、近畿が23校中11校とここまでが勝利校の割合が半分以下の地区となっている。これらの地区では甲子園で勝利を挙げるレベルにある学校が少なかったということになり、地区の実力という点では物足りない結果となってしまった。

■甲子園で勝てるチームが多いのは?

 甲子園で勝ち進むのは、多くが何度も出場経験のある学校。いわゆる「甲子園経験」は勝利のための重要な要素である。そこで次に期間内に複数回甲子園に出場し、通算2勝以上している学校がどれくらいあるかを調査した。それが表3である。最も多かったのは関東地区の8校、次いで東北の5校となった。出場校に対する割合では東北が33%、関東が29%、次いで北信越が23%となる。これらの地区ではいわゆる強豪校が存在することになり、地区の好成績にもつながっていると言えそうだ。学校数が少なかったのはここでも中国地区、そして九州となった。中国はそもそもの勝利数も少ないため、この条件に当てはまる学校も広島新庄の一校だけとなった。九州では28校が出場したものの、期間内で強豪校といえる成績を残したのは沖縄尚学と九州国際大付属だけだった。継続的に好結果を残す学校が少ない、いわゆる戦国時代状態となっているようだ。
表3

■各地区の現況まとめ

 ここまで各地区の様々な数字をみてきた。これらのデータから見えてきた各地区の現状を最後にまとめて紹介したい
・北海道
 期間内の成績は6勝8敗とまずまずだったが、そのうち5勝は東海大四が挙げたもの。8回の出場で5度は初戦敗退しており、東海大四に続く存在の台頭が待たれる。
・東北
 今や日本有数の強豪地区となった感がある。仙台育英、花巻東、八戸学院光星といった常連校が甲子園で多くの勝利を挙げるだけでなく、秋田、山形勢といった長年甲子園で苦戦が続いた県の学校も結果を残し始めている。この勢いが続けば選抜出場枠の拡大も検討させることになるのではないだろうか。
・関東
 出場校が多いこともあり期間内最多の50勝を挙げた。勝率も.588と上々で「強い地区」といえるだろう。常連校が出場することも多い。中でも好結果を残しているのが群馬勢で期間内に出場した3校(5回)はすべて甲子園で2勝以上を挙げ全国優勝も果たした。今最も勢いのある都道府県ではないだろうか。
・北信越
 東北とともに全国優勝の経験がない地区だったが、2015年の選抜でついに福井の敦賀気比が優勝を果たした。期間内の勝率も.581と3位の好成績だ。この成績に敦賀気比の10勝が大きく貢献していることは間違いないが、敦賀気比の成績を抜いても成績は15勝16敗とまずまず。日本文理、富山第一などが甲子園8強に進んでおり東北と並んで躍進の目立つ地区だ。
・近畿
 近年は大阪桐蔭一強状態となっている。期間内の成績も大阪桐蔭を除くと20勝28敗と大きく負け越している。とくに和歌山、奈良、兵庫勢の不振が目立つ。和歌山は期間内0勝、奈良と兵庫が2勝。これらの県には智弁和歌山、天理、報徳学園などのかつての強豪校が存在したがいずれも近年は低迷、これが地区の不振にも直結している。
・中国
 ここまででも明らかになったように最も不振が目立つ地区となっている。とくに地区の勝ち星の多くを稼いできた広島勢不振の影響は大きい。
・四国
 高知の明徳義塾と、徳島の鳴門、四国12勝のうち8勝はこの2校が挙げたもの。この夏の不振もこの2校の初戦敗退が大きく響いてしまった。全国優勝10度を誇る愛媛が期間内で2勝、香川は夏の大会で4年連続初戦敗退と結果がでていない。
・九州沖縄
 期間内の成績は22勝32敗、勝率.407と芳しくないものとなった。この原因としては先にも述べたように、常連校が甲子園に出場できなかった、また続けて出場する実力を備えた学校が少なかったことが挙げられるだろう。期間内の出場経験校は関東と並んで最多の28校。これらの学校の多くは目覚ましい結果をまだ残していない。しかし甲子園での経験を多くの学校が得ていることも事実。来春以降続けて甲子園に戻ってくる学校が増えれば一気の成績回復も望めるのではないだろうか。