Jリーグ 監督交代の効果はあるのか

 8月1日付で清水の大榎監督が成績不振を理由に監督を辞任した。これで今季J1・J2リーグにおけるシーズン途中での監督交代は8人目となった。名門クラブだからこその成績不振、残留争いに伴うもの、さらにはクラブ内でのトラブル…監督交代には様々な要因が絡んでいると思われるが、果たしてその効果は出ているのだろうか。シーズン途中の監督交代を過去5年分振り返り、その成果を検証してみたい。

■珍しくない? シーズン中の監督交代

 2010年シーズン~今シーズン途中までに、合計44回もの交代が行われていた(表1参照)。最多は大宮の4回で、神戸、京都、C大阪がそれぞれ3回ずつで続く。これらのチームに至っては、2年に1回ペースでシーズン中の監督交代を行っている計算になる。また、交代を行ったチーム数でも27チームが監督交代を行っており、これは全所属チームの63%にあたる(2010年以降のJ1・J2には合計43チームが存在)。もはやシーズン途中の監督交代は珍しいものではないと言える。

表1

 J1とJ2のこれまでの監督交代を表2にまとめた。左が前任監督で、右が後任監督となっており、それぞれの色分けは以下の通り。

表2-1

表2-2

表2-3 J1人事

・各カテゴリーのシーズン通算平均勝点以上を獲得している監督が「オレンジ」:シーズン最終順位が中位程度の勝点ペース
・シーズン通算で10位以下に位置する平均勝点の監督を「黄」:同10位以下になるペース

■理由は成績不振が60%

 これに従うと、J1・J2ともに約60%が成績不振を理由に交代していることが分かる。そして監督交代後に「黄」から「オレンジ」に変わっているチームがどれだけあるかというと、J1で6チーム(全15チーム)、J2では3チーム(全11チーム)という結果となっている。両リーグ合わせると成績不振を理由に監督交代したチームの3割が多少の持ち直しといえる勝点を積み上げられている。

 その中で、降格回避などの状況を差し引いた、勝点という観点だけで最も「立て直した」と言えるのは2015年鹿島の石井監督。交代後、2戦2勝で負けなし(表2-3参照)。また、平均勝点「1.72」(34試合換算で最終順位6位程度の勝点に相当)を挙げている甲府の佐久間監督も現在のところ成功と言えるだろう。

 今シーズンに限って言えば、上記の2人に水戸の西ケ谷監督が「立て直している」と言えるだけの勝点を挙げている。

■J2降格を免れたのは何チーム?

 また、監督交代で一番多い目的と言えるのが「J2降格圏脱出」だろう。表3にあるように過去5年に行われた監督交代のうち、降格圏内で引き継いだケースが13回。うち8回で降格という結果になっており、いかに降格圏での引継ぎからチームを立て直すのが難しいかが分かる。

表3 人事人数

 以上のように、勝点という観点では効果を発揮している監督は少数だと言えそう。それだけシーズン途中からチームを立て直すことが難しいということだろう。次項では、監督交代に見られる傾向をまとめた。

■監督交代あれこれ

 表4-1では、前任・後任としてそれぞれの場面での監督の登場回数をカウントした。前任監督としては、和田昌裕、鈴木淳、そして岡本武行(代行)がそれぞれ2回。一方の後任監督としては、先述の佐久間悟、関塚隆らが同じく2回監督に就任している。岡本、安達は代行として、佐久間はシーズン最後まで引き継ぐ形で後任監督として登板する流れがそれぞれのチームの流れとしてあるようだ。

 続いて表4-2、4-3ではJ1・J2の監督交代人事最短ベスト3をまとめた。これらを比較して分かるのは、J1の方が早い段階で監督交代に踏み切っているということ。即座に動けるという意味では金銭的な問題もあるだろうが、そこには「J2に落ちたくない」という考えが見え隠れする。

表4-1 

表4-2

表4-3