夏の甲子園、49校を「強豪校」撃破数で紹介

 6日に開幕する夏の甲子園、各都道府県大会を勝ち抜いた49校が今年も暑い戦いを繰り広げる。みなさんも地元やふるさとのチームの活躍を心待ちにされていることだろう。ここでは出場49校を紹介していくのだが、この原稿ではよくあるチーム打率、チーム防御率といった予選でのチーム成績や、A~Cの総合評価という形ではなく、「強豪校にどれだけ勝っているか」という視点で紹介を行いたい。ただ「強豪校」といってもその定義はさまざまだ。そこで今回は「強豪校」を、「2000年以降に春か夏の甲子園に出場したチーム」と定義し、49代表が昨秋以降に戦った全公式戦で何チームの強豪校から勝利しているかを調査した。
※以降の文中での「強豪校」はすべてこの定義によるものである。 その結果が表1~3となる。以下では勝利数の少ない順に49校を1校ずつ紹介していきたい。なお調査の対象試合は昨年秋の都道府県大会(以下「秋」)、秋の地区大会、神宮大会、選抜、春の都道府県大会(以下「春」)そして今回の夏の予選(以下「夏」)の6大会である。
表1

表2

表3
※以下()内は勝利した強豪校名

■茨城/霞ヶ浦 0勝

秋は準々決勝で敗退、春は2回戦の守谷戦で敗れ、強豪校との対戦は一度もなかった。夏も県内の強豪校である常総学院や藤代とは対戦がなく、秋以降初めての甲子園出場経験校との対戦は決勝の日立一戦だった。

■埼玉/花咲徳栄 0勝

秋に準決勝で浦和学院、春は準々決勝で聖望学園という強豪校と対戦し敗れている。夏はその聖望学園、浦和学院がともに対戦直前の試合で敗退、その聖望学園に勝った松山と、浦和学院を破った白岡に勝って代表校となった。

■島根/石見智翠館 1勝(勝利した強豪校:立正大淞南)

秋は初戦敗退、春も地区予選での1勝のみと振るわなかったが、夏は準々決勝で夏2回出場の強豪校・立正大淞南を破り、準決勝では秋に敗れた大社、決勝では秋8強、春4強の大東に勝って甲子園出場を決めた。

■北北海道/白樺学園 2勝(帯広三条、旭川実)

 秋は準々決勝で札幌日大、春は準決勝で駒大苫小牧と南北海道の強豪校に敗れたが、秋以降の公式戦で北北海道の学校には全勝している。夏は2010年夏代表の旭川実との決勝となったが13-4で圧勝した。

■青森/三沢商 2勝(聖愛、八戸学院光星)

 夏に八戸学院光星、聖愛を破って29年ぶりの甲子園出場を果たした。八戸学院光星は秋の東北大会4強、春の東北大会準優勝、聖愛は秋、春ともに東北大会で8強と2校とも東北でもトップクラスのチーム。この2校相手に別々の先発(八戸学院光星戦は野田投手、聖愛戦は冨田尭投手)の完投で勝っており投手力はかなりのレベルだ。

■福島/聖光学院 2勝(福島商、日大東北)

9年連続の夏優勝となった。2000年以降に福島から夏の甲子園に出場したチームは聖光学院のほかには光南と日大東北、福島商だけ。春はその福島商に準決勝で勝利、夏は決勝で日大東北を下した。県外の強豪校との対戦は春の東北大会での花巻東戦(4-7で敗戦)のみ。

■石川/遊学館 2勝(金沢に2勝)

 秋3回戦で敗れた強豪校の金沢に春、夏ともに決勝で対戦し連勝した。ほかの県内の強豪校である星稜や日本航空石川とは秋以降一度も対戦がなかった。

■滋賀/比叡山 2勝(北大津、近江)

 秋は3回戦、春は1回戦で敗退していたが、夏は準々決勝で秋の近畿大会8強、春の近畿大会準優勝の北大津に勝利、決勝では2000年以降の甲子園に夏6回、春3回出場している県内屈指の強豪校・近江を下して優勝した。

■兵庫/滝川二 2勝(関西学院、社)

 秋は3回戦で2009年夏代表の関西学院に勝利した。春は出場を辞退したが、夏は5回戦で2004年選抜4強の社に1-0で勝利、準々決勝以降はすべて甲子園未経験校との対戦だった。

■岡山学芸館 2勝(玉野光南、創志学園)

 秋は地区予選で敗退、春は興譲館(春の中国大会優勝)に1回戦で敗れていたが、夏の大会では準決勝で玉野光南、決勝で創志学園と強豪校を連続で下して夏の甲子園初出場を決めた。

■宮崎日大 2勝(佐土原、聖心ウルスラ)

 秋は2回戦で2004年夏代表の佐土原を破ったが、準決勝で2005年夏代表の聖心ウルスラと対戦し敗退した。その聖心ウルスラは秋の九州大会で2回戦まで進出している。夏の大会では聖心ウルスラと準決勝で再戦、2-1で勝って雪辱を果たした。

■鹿児島実 2勝(尚志館、神村学園)

2013年秋以降、県大会準々決勝の壁に阻まれていたが、夏の大会では春準々決勝の再戦となった出水中央戦に1-0で勝利、準決勝では2015年選抜に出場した強豪校の神村学園を1点差で退けている。

■秋田商 3勝(角館、大曲工、本荘)

 秋は準決勝で2015年選抜出場の大曲工に敗戦、春はその大曲工に準々決勝で勝利、3位決定戦では2014年夏代表の角館を破って春の東北大会出場を決めた。その東北大会では1回戦で強豪校の盛岡大付に1-2と惜敗している。夏は強豪校との対戦が1試合もないまま甲子園出場を決めた。

■西東京/早稲田実 3勝(日大三に2勝、東海大菅生)

 秋は1回戦、夏は準決勝で強豪校・日大三と対戦、ともに勝利した。秋はその後、準々決勝の法政戦で敗退、春は強豪校・関東一と準々決勝で対戦し11-18で敗れている。夏の決勝の相手は春夏連続の甲子園出場を目指した東海大菅生だったが8-6で逆転勝利した。

■岐阜城北 3勝(県岐阜商、市岐阜商、大垣日大)

 今年の選抜に出場した県岐阜商とは秋の県大会予選と準々決勝で2度対戦、プロ注目の高橋投手が登板しなかった予選では3-1で勝利したが、高橋投手が登板した準々決勝は0-11で敗れ選抜出場への道を絶たれた。夏はその県岐阜商に勝利した斐太に決勝で勝利、準決勝では強豪校の大垣日大にも勝利している。

■富山/高岡商 3勝(滑川、富山商、新湊)

 秋、春ともに準々決勝で敗退、春の準々決勝は一昨年夏の甲子園で8強入りした強豪校の富山第一戦で延長10回10-11の激戦だった。夏は準々決勝で昨夏甲子園16強の富山商、準決勝で2011年夏の甲子園16強の新湊を破っている。

■広島新庄 3勝(瀬戸内、広陵、如水館)

 直近の夏15代表うち12回を瀬戸内(2回)如水館(4回)広陵(6回)の3校が占めていたが、昨秋以降その3校すべてから勝利を挙げている。瀬戸内戦は秋3回戦、広陵戦は秋準決勝、如水館戦は夏準々決勝とすべて甲子園出場のかかった重要な試合での勝利だった。

■山口/下関商 3勝(早鞆に2勝、宇部商)

 秋は準々決勝で敗戦、春は2015年選抜に出場した宇部鴻城に1-9で大敗した。夏の大会では3回戦で2012年選抜出場の早鞆、準決勝では2000年以降5度甲子園出場の強豪校・宇部商に勝利している。

■香川/寒川 3勝(三本松、英明、丸亀城西)

 秋の1回戦で秋と春の四国大会を制し、神宮大会、選抜にも出場した四国屈指の強豪校・英明と対戦し0-6で負け、しかし夏の準決勝で再戦すると、1-3の8回裏に3点を挙げて逆転勝ちを果たした。昨秋以降四国で無敵だった英明戦の勝利は非常に評価される点だ。決勝では2005年夏代表の丸亀城西から20点を奪って圧勝している。

■岩手/花巻東 4勝(一関学院に2勝、聖光学院、専大北上)

 秋は勝てば甲子園出場に大きく近づく試合だった東北大会準々決勝で、大曲工と対戦し延長再試合の末に敗戦、春は東北大会準々決勝で強豪校の聖光学院に勝ったが、準決勝で同じく強豪校の八戸学院光星戦で敗れた。春の東北大会4強の一関学院とは秋、春、夏とすべて県大会決勝で対戦し2勝1敗。

■鳥取城北 4勝(鳥取西に2勝、倉吉北、米子北)

 春は第1回夏の甲子園出場校で2005、2008年にも出場している鳥取西に勝利したが、2回戦で敗退。夏は1回戦で倉吉北(2006夏出場)、準々決勝で米子北(2015選抜出場)、決勝では再び鳥取西に勝利、強豪校に3勝して2年ぶりに夏の甲子園出場を決めた。

■徳島/鳴門 4勝(小松島に2勝、松山東、城南)

 秋の四国大会1回戦で2015年選抜出場の松山東に勝利、準々決勝では秋、春の四国王者・英明に敗れた。春は小松島、城南と強豪校に2勝して優勝している。

■高知/明徳義塾 4勝(高知3勝、高知商)

 秋の決勝、春の準決勝、夏の決勝で高知に3連勝している。しかし四国大会では秋準決勝の今治西戦、春1回戦の英明戦といった強豪校との試合で敗れている。県外のチームとの対戦では秋準々決勝の松山聖陵(甲子園出場なし)戦でしか勝っていない。

■沖縄/興南 4勝(沖縄尚学に2勝、美里工、糸満)

 甲子園優勝2回、昨夏の甲子園でも8強に残った沖縄尚学とは春と夏の準決勝で対戦しいずれも2点差で勝利した。春の準々決勝では2014年選抜出場の美里工、夏の決勝では2015年選抜出場の糸満にも勝利している。九州大会では春の初戦だった2回戦で強豪校の福岡工大城東に3-4で惜敗した。

■福岡/九州国際大付 4勝(大牟田、唐津商、樟南、佐世保実)

 秋は県大会予選となる福岡北部大会2回戦で早々に姿を消した。春は県3位決定戦で大牟田、九州大会で樟南、佐世保実と強豪校から勝利している。夏は強豪校との対戦がなくシード校との対戦も準決勝の小倉(春は5回戦、秋は福岡北部3回戦で敗退)だけと若干相手にも恵まれた。

■京都/鳥羽 5勝(福知山成美、京都外大西、京都成章、京都翔英、立命館宇治)

 第1回夏の甲子園優勝校。秋は福知山成美、京都外大西、京都成章と強豪校に3勝し近畿大会に出場したが、選抜に出場した奈良大付戦で敗退した。夏は龍谷大平安を破った京都翔英にコールド勝ち、決勝では秋の近畿大会準優勝で、選抜出場の立命館宇治にも勝利している。

■愛知/中京大中京 5勝(豊川、愛知啓成、愛産大三河、東邦、愛工大名電)

 夏の準々決勝以降は強豪校との3連戦となったが、愛産大三河に5-1、東邦に10-3、愛工大名電に4-3で勝利して甲子園出場を決めた。秋と春は県大会で敗れて東海大会には出場していないが、秋の2回戦では2014年選抜4強の豊川にも7-0で快勝している。

■三重/津商 5勝(伊勢工、菰野、三重、四日市工、いなべ総合)

 決勝で秋の東海大会4強、春の東海大会準優勝のいなべ総合を破って初出場を決めた。いなべ総合は春の東海大会決勝で選抜8強の静岡とも1-4の接戦を演じた東海地区の強豪だけに価値のある勝利だった。昨夏甲子園準優勝の三重には春の準決勝で、2000年以降3度甲子園に出場した菰野と四日市工からも勝ち星を挙げている。

■智弁和歌山 5勝(近江、桐蔭、市和歌山、簑島、和歌山商)

 秋は初戦となった準々決勝、日高中津戦でまさかの敗戦を喫した。春の大会ではその日高中津に決勝で勝ち近畿大会に出場、1回戦で強豪校の近江に勝ったが、準決勝で神戸国際大付に敗れた。夏は5試合すべて甲子園出場経験校との対戦だったが、5試合を5失点の安定した内容で勝ち上がった。

■長崎/創成館 5勝(波佐見に2勝、長崎海星に2勝、佐世保実)

2011、14年夏代表の長崎海星と2度、2012、13夏代表で春の九州大会8強の佐世保実とは1度対戦しすべて勝利した。2011年選抜出場の波佐見にも秋と夏の準々決勝で対戦して勝利を挙げている。

■千葉/専大松戸 6勝(拓大紅陵に2勝、銚子商、成田、木更津総合、習志野)

 秋は関東大会でも1勝した松戸国際に県大会2回戦で敗れたが、春は2回戦でその松戸国際、3回戦で成田、準々決勝で拓大紅陵を破って関東大会に進出、初戦の健大高崎戦で敗退したが7回まではリードを奪い3-5の惜敗だった。夏は春にも勝った拓大紅陵、2015年選抜出場の木更津総合、2011年夏の甲子園8強の習志野といった強豪校を破っての優勝。

■東東京/関東一 6勝(小山台、桜美林、国士舘、早稲田実、日大豊山、帝京)

 秋は桜美林、国士舘の強豪校を退けたが、準決勝で2015年選抜出場の二松学舎大付に1点差で惜敗、春は準決勝で日大三に敗れたが、夏は準決勝の帝京戦以外は強豪校との対戦がなくすべての試合で5点差以上をつけて圧勝した。

■大阪偕星 6勝(東大阪大柏原、金光大阪、上宮太子、東海大仰星、大阪桐蔭、大体大浪商)

 なんといっても夏の準決勝、大阪桐蔭戦の勝利は特筆すべき勝利だった。大阪桐蔭が公式戦で履正社以外の府内のチームに負けたのは2011年夏決勝の東大阪大柏原戦以来の出来事だった。大阪偕星はこの一戦だけでなく、5回戦で東海大仰星、決勝で大体大浪商、春にも東大阪大柏原、金光大阪、上宮太子と府内の強豪校からも勝利しておりその実力は本物だ。

■東海大相模 7勝(慶応から2勝、桐光学園、甲府工、作新学院、日大藤沢、横浜)

 秋は準決勝で平塚学園に敗れて選抜出場を逃した。春の大会は慶応、桐光学園の強豪校を破って優勝し、関東大会でも甲府工、作新学院に勝利したが準決勝で2015年選抜4強の浦和学院に敗れている。夏は決勝の横浜戦に9-0と圧勝するなど、7試合で5失点のみ。リードを許したのも3回戦(対住吉)の1回表終了時だけだった。

■東海大甲府 7勝(甲府工から2勝、日本航空から2勝、甲府商、山梨学院大付、都留)

秋、春、夏の県大会すべてに優勝した。県内の強豪校である甲府工、日本航空、甲府商、山梨学院大付、都留から勝ち星を挙げ、対戦のなかった県内の強豪校は日川と市川だけだった。ただ県外のチームとの対戦では秋の関東大会1回戦で千葉黎明に勝利しただけで、秋準々決勝の浦和学院、春初戦の佼成学園戦では敗れている。

■山形/鶴岡東 8勝(羽黒から3勝、山形中央から2勝、酒田南から2勝、聖愛)

 2000年以降で夏8回、春1回出場の酒田南、夏2回、春2回出場の山形中央からそれぞれ2勝を挙げ、2005年選抜4強の羽黒とは4試合で3勝、夏決勝では13-2で圧勝した。県内での実力は抜きんでている。2度出場した東北大会では秋に聖愛(秋、春東北大会8強)から勝利し、大曲工(2015年選抜出場)に惜敗、春は準々決勝で一関学院に0-1で敗れた。

■新潟/中越 8勝(十日町から2勝、日本文理から2勝、新発田農、星稜、新潟県央工、上田西)

 2000年以降に夏7回出場、2009年には準優勝、昨年は4強と甲子園でも結果を出している日本文理と秋と夏の決勝で
対戦し、それぞれ5-2、7-2で快勝した。秋の北信越大会では昨夏の甲子園16強の星稜からも勝利、春の北信越大会では2回戦で今大会の長野代表・上田西に勝利、準決勝では選抜優勝校の敦賀気比とも対戦した(0-9で敗戦)。北信越地区では上位の力があるのは間違いない。

■佐賀/龍谷 8勝(鳥栖、伊万里農林、神村学園、福岡工大城東、九州国際大付、九産大九州、佐賀商、唐津商)

秋の大会では準々決勝で敗れ強豪校からの勝利もなかったが、春は快進撃をみせた。佐賀大会の4勝はすべて甲子園出場経験校からでうち2校は強豪校、九州大会でも2015年選抜出場の神村学園と九産大九州、春の福岡大会優勝の福岡工大城東、2011年選抜準優勝でこの夏も出場する九州国際大付と強豪校から4連勝して九州王者に輝いた。この夏も準決勝で甲子園優勝校の佐賀商を破っている。

■南北海道/北海 9勝(北照から3勝、駒大苫小牧から2勝、北海道栄から2勝、札幌日大、札幌南)

 昨秋からの敗戦は1つだけ、これは今大会出場校のなかで最少だ。唯一の敗戦は秋の決勝となった東海大四戦。2-3で惜敗したが、勝った東海大四はその後選抜で準優勝を果たした。春以降は道内で無敗、2014年選抜出場の駒大苫小牧と2013年夏出場で、この夏の準決勝では東海大四を下した北照から2勝ずつ挙げている。

■栃木/作新学院 9勝(国学院栃木から2勝、文星芸大付から2勝、宇都宮工、聖望学園、日大三、白鴎大足利、小山西)

 秋は準決勝で宇都宮南に敗れたが、春1回戦で強豪校の文星芸大付を破ると、決勝では同じく強豪校の国学院栃木を撃破、関東大会でも聖望学園、日大三と県外の強豪校にも勝利した。夏は3回戦以降がすべて強豪校という厳しい巡りあわせになったが、準々決勝の文星芸大付が3点差、そのほかの試合はすべて7点差以上をつける快勝で甲子園に駒を進めている。

■長野/上田西 9勝(佐久長聖から2勝、松商学園から2勝、長野工2、丸子修学館、富山第一、創造学園)

 春の北信越大会で選抜優勝の敦賀気比に勝った佐久長聖と3度対戦し2勝、夏の決勝は2-1の辛勝だった。そのほかにも2015年選抜出場の松商学園とも3戦して2勝、春の北信越大会では強豪校の富山第一からも勝利を挙げている。

■熊本/九州学院 9勝(鎮西、秀岳館、熊本工、長崎海星、中部商、九産大九州、糸満、敦賀気比、必由館)

 秋の熊本大会で強豪校の鎮西、秀岳館、熊本工を倒し優勝、九州大会でも長崎海星、中部商、九産大九州、糸満と次々に強豪校を破って優勝、明治神宮大会でものちに選抜で優勝する敦賀気比に快勝した。しかしセンバツでは1回戦で八戸学院光星に大敗、春の九州大会でも初戦の佐世保実戦で敗退した。夏は危なげなく甲子園出場を決めたものの強豪校との対戦は3回戦の必由館戦だけだった。

■大分/明豊 9勝(杵築から2勝、大分商から2勝、柳ケ浦から2勝、聖心ウルスラ、楊志館、日田林工)

 秋と夏の大分大会王者、秋は九州大会2回戦で聖心ウルスラを退けたが、勝てば選抜当確となる準々決勝の糸満戦では6-9で敗れている。夏は初戦で強豪校の楊志館を破ると、日田林工、柳ケ浦、大分商と強豪校から勝利して甲子園にたどり着いた。

■奈良/天理 10勝(智弁学園から2勝、奈良大付、報徳学園、大阪桐蔭、龍谷大平安、立命館宇治、糸満、桜井、大和広陵)

 秋は県大会で智弁学園、奈良大付、近畿大会で報徳学園、大阪桐蔭、龍谷大平安といった強豪校を破って優勝、選抜でも糸満から勝利を挙げた。春の大会こそ高田商に不覚をとったものの、夏は初戦で再び智弁学園から勝利を挙げると、その後の試合はすべて5点差以上をつけて勝ち優勝した。近畿勢ではトップクラスの実力であることは疑う余地がないところだ。

■静岡 11勝(土岐商から2勝、静岡商、静岡市立、県岐阜商、立命館宇治、木更津総合、浜名、東海大静岡翔洋、津商、いなべ総合)

 秋の県大会、東海大会、春の県大会、東海大会すべてを制し東海地区では圧倒的な実力を誇っている。選抜でも立命館宇治、木更津総合を破って8強入り、敦賀気比戦の敗戦も3-4の1点差だった。夏の大会では初戦の日大三島戦、続く清水西戦で僅差の試合となったが、以降は危なげなく勝ち進んだ。今大会の優勝候補の一角であることは間違いない。

■愛媛/今治西 11勝(今治北から2勝、松山東から2勝、丹原、宇和島東、川島、明徳義塾、桐蔭、徳島商、小松)

 秋と夏の愛媛大会に優勝、四国大会ではいずれも英明に敗れた四国ナンバーツーともいえるチーム。秋の大会では今治北、宇和島東、松山東、川島、明徳義塾と数多くの強豪校を倒している。夏も準決勝までの4試合で24得点3失点と問題なく勝ち進み、決勝では昨夏の代表校小松に4-3で勝利した。

■群馬/健大高崎 12勝(桐生第一から3勝、前橋育英、宇部鴻城、天理、桐生市商、日本航空、専大松戸、国学院栃木、前橋工、前橋商)

 県内での敗戦は春決勝の前橋育英戦だけ。秋は関東大会でも2勝を挙げ4強、春の関東大会も日本航空、専大松戸、
国学院栃木と強豪校を破って4強入りした。選抜でも中国王者の宇部鴻城、近畿王者の天理から勝利を挙げておりその実力は全国トップクラスだろう。

■宮城/仙台育英 12勝(仙台西、東北、利府、東稜、一関学院、日大東北、八戸学院光星、天理、九州学院、浦和学院、神村学園、古川工)

 秋、春、夏の県大会と秋の東北大会を制し、神宮大会も優勝している。東北大会では八戸学院光星、神宮大会では天理、浦和学院と選抜でも勝利を挙げたチームから勝利しており、実績は十分だ。ただ春の東北大会では初戦で盛岡大付に敗れている。県内での力は飛び抜けていて、夏はすべての試合で9点以上を奪い、6試合中5試合が2失点以下と圧勝続きだった。

■福井/敦賀気比 12勝(福井工大福井から2勝、富山第一、松商学園、英明、奈良大付、仙台育英、静岡、大阪桐蔭、東海大四、金沢、中越)

 秋は県の決勝で福井工大福井に敗れたが、北信越大会の3試合すべてに圧勝し優勝、選抜では神宮大会優勝の仙台育英、東海王者の静岡、2014年夏優勝の大阪桐蔭、北海道王者の東海大四と各地区のトップチームを倒して優勝した。春以降も県大会優勝、北信越大会で準優勝と勢いは衰えていない。史上8校目の春夏連覇はなるだろうか。