混戦セ・リーグ、勝つのは強力リリーフのヤクルトだ

 依然として混戦の続くセ・リーグ、現在はヤクルトが首位に立っているものの4位DeNAとのゲーム差は3.5、最下位中日でもまだ7ゲーム差しかつけられてない。いったいこの混戦を抜け出すのはどのチームなのか。これだけ各チームのゲーム差が小さい状況では1勝の差が順位を大きく左右することになる。これからの終盤戦では「勝てそうな試合」を最も多く勝ちにつなげたチームが優勝に近づくことになるだろう。そこで今回は「勝てそうな試合」つまりリードして終盤を迎えた試合を各チームがいかに戦っているのかを、救援投手の起用法とその結果を検証することで明らかにし、この混戦を抜け出すチームはどこなのかを探っていきたい。

ではまずは表1をご覧いただきたい。これは6回以降のイニングでリードが3点以内の試合、つまり「勝てそうな試合」で、各チームが継投を行った際に登板した投手を登板イニングごとにまとめたものである。この表を見ていくことで、それぞれのチームの継投策の特徴が見えてきた。以下ではそれをチームごとに紹介する。
表1
■ヤクルト:6回の登板数はリーグトップの10回、勝ちゲームで継投に入るのが最も早いチームである。ペナント序盤は徳山、その後は松岡がこの役目を担っており、場合によってはロマン、オンドルセクの2人も早いイニングで投入している。7回、8回の2イニングは主力の中継ぎである秋吉、ロマン、オンドルセクが順不同で投入され、抑えのバーネットが8回から登板したケースも3度あった。全体としては9回がしっかり固定されており、その前の2イニングを主力3投手が入れ替わりで担当、余裕があれば6回から主力を登板させることもいとわないという形になっている。結果として特定の投手に負担が偏っておらず良い形になっているといえるだろう。

■阪神:6回から継投に入ったのはわずかに1回、開幕直後の4月16日に島本が登板したケースだけである。以降は僅差のリードであれば少なくとも先発が7回までは投げる形をとっている。その7回も継投が行われたのは10回だけ。8回は大半の試合で福原が担当し、9回は完全に呉昇桓が固定されている。接戦では先発→福原→呉昇桓、まれに高宮を挟むという以外の形はほとんどないといってよい。役割が完全に固定されている点は評価できる点であるが、裏を返せば層が薄いということでもある。仮に福原、呉昇桓のどちらかが離脱するようなことがあれば即非常事態となるのは避けられない。

■巨人:近年チームを支えた山口、マシソン、西村という形から今季は西村が抜け沢村が加わっている。その沢村はリリーフ転向1年目ながらセーブシチュエーションで継投を行った23回のうち22回で登板、守護神の座にしっかり座っている。8回はマシソンと山口、7回はほぼ山口が投げており主力3人以外の投手が接戦の終盤に登板することはまれだ。

■DeNA:接戦で起用した投手数は11人と断然のリーグ最多、役割が固定されている投手はほとんどいない。その中でルーキーの山崎康だけはしっかりと9回に定着し、安定しない陣容の中で唯一ポジションを確立している。そのほかの投手は取っ替え引っ替えという言葉がぴったりくる状況、8回はエレラの10回を筆頭に田中、林など6投手、7回は長田の4回を筆頭に7投手を起用と、同じポジションで使い続けられている投手がほとんどいない苦しい台所事情になっている。今後勝ち抜くためには1人でも多く信頼を寄せられる投手を見つけていくことが不可欠だろう。

■広島:全体的に救援投手の起用数が少なく、「継投で勝つチーム」ではない様子がうかがえる。現在の守護神である中崎もセーブシチュエーションの9回から登板したのはまだ14試合に過ぎない。試行錯誤が続くのはセットアッパーも同様で、当初は中崎が務め、その後は一岡、永川、開幕時は守護神を務めていたヒースが少しずつ担当するも長続きせず、現在は先発から配置転換された大瀬良が務めている。このような状況では先発を引っ張らざるを得ず7回から継投に入ったのはリーグ最小の9回。7回から登板した投手が8回も投げるいわゆる「イニングまたぎ」を行うケースも目立ち、信頼できる救援投手の不足は明らかだ。

■中日:接戦で起用された投手はリーグ最小の6人と固定されたメンバーでここまでを戦ってきた。ただ役割は固定できておらず、6、7、8回を又吉、田島の2人を順序が定まらない形で投入するという形になってしまっている。守護神の福谷も負け試合で登板することが増えていて、メンバーは固定だが起用法は固定できない状況だ。結果として又吉、田島への負荷が高い起用になっている。実績のある浅尾、高橋聡らがもうすこし勝ち試合で登板できる状態にならないと今後も苦しいだろう。

 ここまでで各チームの起用法を見てきた。次はその結果を検証していきたい。表2は6回以降リードが3点以内という状況で登板した投手が救援に成功した回数、失敗した回数をまとめたものである。なお今回は登板した投手がリードしている点差以上の失点を喫した、つまり同点または逆転を許した登板を失敗としてカウントしている。
表2
最も失敗の少なかったのは巨人、ヤクルトの2チームだ。巨人は主力3投手がそれぞれ1度は失敗しているものの、そのほかの投手は宮国の1度だけ。主力ではない救援投手が好結果を残している。主力3投手も成功率は90%以上であり、全体的に安定感のあるリーグ内では上位の救援陣といえるだろう。
そして現状ではリーグ最高の結果を残しているのがヤクルトだ。守護神のバーネットはいまだ救援失敗がゼロ、さらにロマンも成功率は100%で新外国人のオンドルセクも失敗は1度だけ。この3人が登板すればほぼ勝てるという状況が出来上がっている。さらに秋吉もここまで失敗は1度、フレキシブルに起用されることの多い秋吉が信頼感を得ていることで外国人3投手に過度の不可がかかることを防ぐことが可能になっている。
 阪神は失敗が6度とまずまずの結果、しかし不動の守護神である呉昇桓が4度も救援失敗しているのは痛い。ペナントレースがここまでの接戦になると9回の救援失敗は最終的に致命傷になりかねない。守護神には100%に近い結果が求められるだけに今後の立て直しは必須だ。ほぼ唯一の勝ちパターン中継ぎである福原はここまで失敗が1回だけ。ここまでの結果は完ぺきだが、昨シーズンは9月に防御率8.64と苦しんだ。福原のバックアップの確保が今後最も重要だ。DeNAは山崎康の安定感が光るものの、そのほかの投手が計8度の失敗、失敗を経験した投手はリーグ最多タイの6人に上り、いろいろな投手を試しては万遍なく失敗させているともいえる状態。今後はもうすこし我慢強い起用も必要となってくるのではないだろうか。
広島と中日は苦しい結果となった。広島は守護神を務める中崎が20登板で4度の失敗、成功率80%は10度以上起用された投手の中ではワースト2位、現セットアッパーの大瀬良も6登板で2度失敗とまだまだ適応したとはいえない状態だ。一方投球内容の不安定さもあって重要な場面で起用されなくなったヒースだが、救援の失敗はまだ0回、リードしているケースでは結果を残している。中崎、大瀬良に過度の負担がかかる現状を踏まえると起用法に再考の余地はあるのではないか。中日はリーグ最多の11度も救援に失敗している。とくに又吉は成功率がリーグワーストの75%と4回に1回はリードを守れていない。福谷、又吉、田島の3人で9度の失敗がありながら、この3人以外の投手が登板したのは7度だけ。メンバーと役割を固定することも重要ではあるが、彼ら以外の救援投手を探し、育てることも必要なのではないか。

ここまででお分かりいただけたように救援投手陣という観点ではヤクルトに最も分があるといえるだろう。実際に週末の中日3連戦でもすべて3点差以内の接戦となったが、3試合とも継投で勝利につなげた。救援投手の起用法からは無理使いに対する対策もうかがえており、疲れによる失速の可能性もリーグ内では最も低いだろう。もともと打撃力には定評があり、バレンティンの復帰という最大の上積みも残している、現状では最もペナントに近いチームといえるだろう。