なでしこが連覇するための3つのポイント

サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で日本代表「なでしこジャパン」が連覇に王手を懸けた。相手は、前回大会決勝でも顔を合わせた米国で、その時はPK戦の末に日本が勝利。過去、米国との対戦では1勝(90分勝利)しかしていない日本にとって圧倒的に分が悪い相手でもある。今回は、連覇へ向けて米国戦勝利のポイントをデータから予測したい。

■前半の日本、後半の米国

日本の勝利への近道を探る上で、まずは両チームのここまでの戦いぶりを振り返ってみたい。

両チームの時間帯別の得失点を表1にまとめた。比較してみると両国の対照的な戦いぶりがうかがえる。日本が前半に得点することが多いのに対し、米国は後半に集中している。日本のここまでの戦い方は前半に奪った得点を堅守で守り抜くスタイル。それだけに、後半におとずれると思われる米国の猛攻をしのげるかが1つポイントになりそう。
なでしこ表1
そして、日本の課題ともいえるのが終了間際の失点。フィジカルで勝る米国だけにビハインド状態なら終了間際のパワープレーは要注意だろう。最後まで集中力を維持する上でも、勝った状態で澤穂希をグランドに送れる状況を作り上げたい。

■攻守両面で試合を分けそうなファウル

次は、攻守両面について詳細を見ていきたい。攻撃に関しては表2から分かるように、ともに9点ずつ(流れ:7点、セットプレー:2点)挙げており、全くの五分といえそう。しかし個人のシュート精度(表3)では大きな差が出ている。
なでしこ表2
なでしこ表3
出場時間の多い選手たちのシュート精度の差は一目瞭然。米国選手のシュート精度が高い一方で、日本選手が軒並み低くなっている。それぞれ12本のシュートを放っている両国エース間でも明暗が分かれていて、米国エース・ロイドが枠内50%(3得点)なのに対し、大儀見は16.7%(1得点)。チーム枠内シュート率でも米国に大きく差をつけられており、今の日本には個人のシュートからの得点はあまり期待できそうにない。

では守備面はどうだろうか。表2から米国攻略のヒントが得られた。それがファウル数だ。日本が58回なのに対し米国が74回で今大会中ワースト。日本はベスト4入りしたチームでは最少、ベスト8の中でも下から3番目に少ない数字となっている。ファウルをすると相手にFKが与えられるわけだが、両チームともに宮間、ラピノーといった名キッカーを擁するだけに、ファウルで得たFKが勝敗を分ける2つ目のポイントとなりそうだ。

■普段通り規律を順守できるか

日本守備陣が米国の攻撃を防ぐ上で必須となるのは、相手に不用意なファウルをしないこと。いったんFKを与えてしまうとフィジカルで勝り、空中戦で圧倒的優位を誇る米国を前に「失点ゼロ」でしのげるかは分からない。なでしこの持ち味である「規律を順守したサッカー」こそが、無駄なファウルを与えないサッカーなだけに、いかに普段通りのプレーができるか注目だ。

一方の攻撃面では、短くテンポよくつないだパスやドリブルで相手陣内に攻め入りたい。相手が与ファウル数ナンバーワンの米国だけに、付き入るすきはあるだろう。そこで得たFKから得点を奪えるか。シュート精度やサイズでは勝ち目がない分、相手のミス(ファウル)に乗じて得点することが勝利への近道といえる。また、宮間の精度の高いFKのこぼれ球にも注意したい。今大会の米国DF陣は、こぼれ球に対してボールウォッチャーになることが多いため、そこにどれだけ反応できるかも数少ない得点チャンスを広げる上で重要となる。

■相手の弱点を突け!

ここまで書いたように、日本は相手にセットプレーを与えないことで勝機を見出したい。では、日本が勝つためには相手のどこを突いてファウルを誘えばいいのか。各チームのファウル数を一覧にした表4をご覧いただきたい。
なでしこ表4
ファウル数・被ファウル数の視点でみたとき、日本の右サイドが米国攻略の3つ目のポイントとなりそう。ファウルを多く受けている日本の右サイド有吉に対し、対峙する米国左サイドはファウルを犯しがちなラピノーとクリンゲンバーグ。

今大会の最優秀選手候補にも選ばれた有吉の魅力は、豊富な運動量と突破力。ベスト16で代表初ゴール、準決勝でも積極的な仕掛けから先制点となるPKを獲得するなど、今大会ノリに乗っている選手といえる。米国に押し込まれる展開が予想されるが、相手左サイドの攻撃力を抑制する上でも、“絶好調”有吉が高い位置を取って攻撃参加することが連覇への近道となりそうだ。