得失点差はマイナス、勝率は5割越え、阪神の成績は超レア

阪神が好調だ。リーグ戦再開後の6試合で5勝1分け、交流戦最終戦からの連勝は6に伸び、2位巨人に2ゲーム差をつけて首位に立っている。この阪神の得点と失点の差がプロ野球史上でもまれな状態になっていることをご存じだろうか。6月24日に首位に立った時点での得失点差はなんとマイナス72。6月28日現在でもマイナス66と大幅なマイナス収支となっているのだ。
表1
1950年にプロ野球が2リーグ制となって以降、得失点差がマイナス66以下なのに、勝率.500以上でシーズンを終えたのはわずか3チーム(表1)。2004年のヤクルトが得失点差マイナス72で勝率.529、2000年中日が得失点差マイナス73で勝率は.519、1983年大洋は得失点マイナス70で勝率が.500ちょうどだった。しかも阪神はまだシーズンの約半分の試合を消化しただけなので、これら3チームより得失点の収支は悪い状態である。今の阪神の得失点差を1試合あたりに換算するとマイナス0.94点で、1試合につき約1点のマイナスとなっているのだが、過去に1試合平均の得失点差がマイナス1点以下でシーズンを終え、勝率が.500を超えたチームは存在しない。この条件で最高の勝率を残したのは1954年の広島だが、それでも勝率は.448だった(表2)。今シーズンの阪神がこのままの得失点差と勝率でシーズンを終えてもプロ野球史上4チーム目、ここまでのペースのまま得失点のマイナスが膨らみ、勝率はキープした場合はプロ野球史上に存在したことのないチームとなるのだ。
表2
さらに阪神の特異性を示すデータがある。セイバーメトリクスの指標としてピタゴラス勝率というものがあるのをご存じだろうか。これはチームの総得点と総失点から予測される勝率を算出する指標で、(得点の2乗)÷(得点の2乗+失点の2乗)で求めることができる。(表3)は1950年以降のすべてのチームのピタゴラス勝率と実際の勝率を比較したものである。横軸がピタゴラス勝率、縦軸が実際の勝率となっているが、一目で分かるようにグラフはきれいな右上がり、実際の勝率とピタゴラス勝率には正の相関関係にある。つまり得失点差がプラスになれば実際の勝率も上昇し、得失点差のマイナスが膨らめば勝率も下がるということは、これまでのプロ野球の歴史で証明されていることになる。過去もっともピタゴラス勝率から解離した勝率を記録したのはプラス方向が1954年の広島のプラス.106、マイナス方向は同じく54年の大阪タイガースでマイナス0.87だった。ピタゴラス勝率から1割以上解離した勝率を記録したのは54年の広島と、1958年の国鉄スワローズの2チームだけ(表4)。1950年以降のべ790チームがシーズンを戦ってきたが、ピタゴラス勝率から.106以上逃れたチームは存在しない。では今シーズンの阪神はどうなのかというと6月28日現在でピタゴラス勝率は.375、実際の勝率は.522なのでその差はなんとプラス.147という数字になる。今の阪神はプロ野球史上最も理想的に得点と失点を割り振っているチームといえるのだ。
表3
表4
では阪神は今後どうなるのか?そのことを探るため弊社に記録の残る2004年以降のシーズンで、70試合を終えた時点で勝率とピタゴラス勝率に大きな差があったチームを調査した結果、今シーズンの阪神ほど大きな差を作っていたチームはなかったが、勝率で.070以上ピタゴラス勝率を上回ったチームが5つ存在した。これらのチームが最終的にどうなったのか、それをまとめたものが表5である。2011年のヤクルトは得失点差がマイナス5ながら勝率.607で首位に立っていたが、最終的には勝率を落とし順位も2位に終わった。一方2010年の中日は得失点差マイナス51ながら勝率は.507、ここから最終的には勝率を.560まで伸ばし1位でシーズンを終えている。
対照的な結果となった2チームだが、明暗を分けたのが後半戦の得失点差だ。2011年ヤクルトは後半戦も得失点差マイナス15と前半とほぼ変わらぬ内容だったが、後半戦の勝率は大幅に悪化し.485となった。2010年中日は後半戦の得失点差はプラス69と大きく改善、その結果後半戦の勝率は.616で前半を上回った。ほかの3チームのケースでも後半戦での得失点差がプラスだった2011年楽天は勝率をアップさせ、得失点がマイナスだった2006年ロッテと2009年広島は勝率もダウンしている。
これらの例から分かることは「得失点差の割に勝率が良い状態」というのは長く続くものではないということだ。後半戦で前半と同じかそれ以下の得失点差だった3チームは、前半戦並みの勝率を残せず、後半戦に得失点差を改善させた2チームは、さらに勝率を上げた。つまり前者の前半戦の好成績は、得点と失点のかみ合わせがチーム力以上にうまくいっていた状態で残されたものであり、チーム力の変わらなかった後半戦ではうまくいかなくなってしまった。後者の場合、チーム力以上に勝てた前半戦から、後半戦ではチーム力を上げてより勝てる状態になったのである。
表5
今シーズンの阪神の場合、仮に後半戦でここまでと同じように得失点差がマイナス70近くなりながら、勝率が.500だったとすると、最終成績は得失点差は約マイナス140で、勝率は5割強ということになるが、それがいかにあり得ないことなのかはここまでで見てきたとおりだ。もしそんなことがあり得れば、プロ野球以上最も効率的に勝利を挙げ続けたチームということになるが、それが難しいことは、前述のヤクルトなどのケースから明らかだ。ここから勝率をキープし、上昇させるためには2010年の中日のように、残りの試合での得失点差を改善させる必要がある。2004年ヤクルトを限界値ととらえれば、阪神は残り試合の得失点差を少なくとも±0で乗り切らなければならない。そのためには相当なチーム力の改善が必須となる。具体的にはマートン、ゴメス、鳥谷の復調、福原以外の中継ぎの台頭と5~6人目の先発の整備、ということになるのだろうが、果たしてこれらの難題をクリアすることはできるのだろうか。