NPBだけで200勝はもはや不可能なのか?

6月11日のロッテ-中日戦で、中日の和田が通算2000安打を達成した。日本球界のみでの2000安打達成は2013年の谷繁以来で史上45人目の到達だった。近年2000安打到達者は増加傾向にある。90年代に2000安打を達成したのはわずか2人、それが2000年代には13人と一気に増加し、2010年代もすでに6人の到達者が生まれている。今後も楽天の松井稼や、広島の新井、巨人の井端などが到達する可能性がある。一方、2000安打と並ぶ大きな節目の記録である日本球界のみでの200勝は到達者が激減している。最後の到達者である山本昌(中日)が200勝に到達したのは2008年、以来7年間誰も近づくことすらできていない。表1は200勝、2000安打を達成した選手のNPBデビュー年を年代別に集計したものだ。1950年代にデビューした選手ではほぼ同数の選手が200勝、2000安打を達成していたが、年代を重ねるごとに投手と打者の差が広がり、1990年代にデビューした選手からは1人の200勝投手も生まれていないのだ。
表1

なぜ200勝投手は減ってしまったのか?もちろん野球の質が大きく変化したことは大きな原因の1つである。先発、ブルペンの分業制や、先発投手の中5日、6日でのローテーション制が確立したことによって1人の投手に勝ち星が集中する可能性は減り、1シーズンで20を超える勝利を挙げることは難しくなった。現在の状況で200勝を達成するためには10年以上にわたって先発投手として一線級の成績を残さなければならない。また、MLBへの移籍という選択肢が生まれたことも大きい。松坂(ソフトバンク)やダルビッシュ(レンジャーズ)、田中(ヤンキース)のように圧倒的な活躍をした選手は日本球界でのキャリアが10年弱となった時点で海を渡ってしまい、日本での勝ち星はそこでストップしてしまうのである。

もはやNPBだけでの200勝投手は誕生しないのだろうか?ここからはNPBで200勝の可能性について考えてみたい。現代の投手起用が確立した後で200勝を達成した投手が3人いる。1976年にデビューしほぼ先発投手として200勝を達成した広島の北別府と、20年以上にわたって一線級の先発投手として活躍した工藤(現ソフトバンク監督)と山本昌だ。彼らの年齢ごとの通算勝利数の推移が表2である。北別府と工藤、山本昌の2人では勝ち星の重ね方に大きな差があるのがお分かりいただけるだろうか。北別府は21歳となるシーズンに初の2ケタ勝利となる10勝を挙げると以後11年連続で2ケタ勝利を達成、30歳になるシーズンを終了した時点で151勝を挙げていた。30歳を超えた後は10勝前後の勝ち星にとどまるシーズンが増えたが30歳までの貯金がものをいい35歳のシーズンで200勝に到達した。一方、工藤と山本昌は頭角を現すまでに時間を要し、初の2ケタ勝利を挙げたのはともに23歳のシーズンだった。その後も10勝に届かないシーズンがあり30歳の時点では工藤が102勝、山本昌が106勝と北別府のペースと比較すると大きな差があった。しかしこの2人は30歳を超えても勝ち星のペースが落ちず36歳以降も工藤が4度、山本昌が3度の2ケタ勝利を挙げ、勝ち星を伸ばし続けた。そしてともに41歳のシーズンで200勝に到達している。
表2

30歳までに多くの勝利を積み重ね、35歳までに200勝を達成する北別府型と、35歳を超えても勝利を挙げ続ける工藤&山本昌型、現在の野球で200勝を挙げるにはこの2つのタイプが考えられる。しかし当然のことながらどちらも簡単なことではない。北別府型の場合、当然早くから活躍をすることになるのでMLBへ挑戦してしまう可能性が高くなる。実際北別府を超えるペースで勝ち星を挙げていた松坂、ダルビッシュ、田中は全員海を渡った。彼らのペースを北別府と比較したものが表3である。仮に彼らがNPBに残り続けていた場合、35歳前後で200勝に到達していた可能性は十分にあっただろう。
表3
工藤&山本昌型の難しさを示すのが表4である。これは1970年代以降にデビューし165勝以上を挙げた、斎藤雅樹、星野伸之、桑田真澄、西本聖の勝利数推移だ。26歳で100勝に到達した桑田をはじめ、4人とも工藤や山本昌を上回るペースで勝ち星を積み上げていた。しかし4人とも34、35歳のシーズンを境にペースが落ち、38歳のシーズンを迎えることなく引退している。200勝に到達した北別府の場合も35歳の14勝を最後に2ケタ勝利はなく、37歳で引退している。長年一線級で活躍してきた投手が35歳を超えてなお勝ち星を積み重ねるのは並大抵のことではないのである。
表4
では現役で200勝に届く可能性のある投手はいないのだろうか?北別府型で200勝を挙げる可能性があるのは広島の前田とロッテの涌井だ(表5)。前田は26歳だった昨シーズンまでに82勝を挙げている。これは北別府よりは約10勝遅いペースながら現役のNPBの投手の中では最もハイペース。しかし似たペースで勝ち星を積み重ねていた、松坂、ダルビッシュ、田中と同様に近々海を渡る可能性は高い。涌井は25歳までに79勝と北別府とほぼ同じペースで勝っていた。しかしその後2年間で1勝、5勝と大きくペースを落としてしまった。ロッテに移籍した昨年は8勝、今季もすでに5勝と持ち直してきてはいるものの、2年間の停滞によって200勝の可能性はかなり小さくなってしまった。
表5
工藤&山本昌型では4人の投手に可能性がある(表6)。最も200勝に近いのが杉内(巨人)だ。34歳だった昨シーズンまでの136勝は2人より5勝少ないだけ。今季もすでに5勝を挙げていてペースを維持できそうだ。36歳のシーズンとなる来年以降にどれだけ長く力を維持できるかが勝負となる。またヤクルトの石川は杉内よりさらに5勝遅いペース。プロ入り13年で10度2ケタ勝利を挙げている安定感は強みだが、どこかで大きく勝つシーズンがないと達成は難しそう。大学卒の投手で200勝を達成したのは村山実(阪神)ただ1人。もし石川が2人目となれば球史に残る偉業となる。内海(巨人)成瀬(ヤクルト)もここまでのペースは2人とほぼ同じか上回るペース。内海は115勝、成瀬は92勝と先は長いがまだまだ可能性は十分にあるといえるだろう。
表6
名球会入りの条件になっていることもあり、個人の目標としては最高峰ともいえる2000安打と200勝。しかしここまでで見てきたように2000安打に比べて200勝の難易度はあまりにも高く、同等に評価してよいものではない。今後誰かが200勝に到達するようなことがあれば、それは2000安打よりはるかに価値のある偉業であるということを皆さんの記憶にも残しておいていただきたい。