「代打XX!」、セ・リーグ最強の切り札は誰だ?

プロ野球の交流戦は2日から2週目に突入、今週はすべての試合がセ・リーグのホームスタジアムで行われる。セ・リーグのホームゲームではセ・リーグのルールが適用され、指名打者は使えず、投手が打席に入るセ・リーグの野球で行われる。
セ・リーグ野球の特徴として挙げられるのが「代打の重要性」だ。投手が打席に入るセ・リーグでは、代打の起用回数が多くなり、その起用方法や結果が勝敗の行方を左右することも多い。では、代打起用が最も成功しているチームはどこなのだろうか?今回は「勝敗を左右する場面での代打結果」を集計し、代打の勝負手が最も結果を残しているチームはどこなのか?そして最も結果を出している選手、つまり最高の代打の切り札は誰なのかを探っていきたい。

終盤&接戦&得点圏こそ代打の見せ場

勝敗を左右する場面での代打結果を集計するにあたってまずは「勝敗を左右する場面」を定義する必要がある。そこで今回は代打に最も結果を出してほしい場面を「試合終盤(7回以降)の接戦(±3点差以内)で、得点圏にランナーがいる場面」と設定し、この場面での代打成績を集計した。その結果をチームごとにまとめたものが表1だ。
表1
圧倒的な数字を残していたのが中日である。代打の起用回数31回、得点を記録した回数7回はともに1位で、打率の.360も2位DeNAを1割近く上回っての1位だった。またその内容も素晴らしく、勝ち越し点を奪ったケースが4回、同点としたケースも1回あった。とくに4月5日の広島戦は代打・高橋周平のタイムリーツーベースで追いつき、代打・小笠原のタイムリーでサヨナラ勝ちという、まさに「代打で勝った試合」だった。この試合を含め代打で勝ち越した4試合はすべて勝利しているので、代打によってすでに4勝を上積みしているといっても過言ではない。
次に得点回数が多かったのは阪神だ。ただこちらは代打の打者の成績が20打数2安打とさえない数字となっている。ただそれでも6度得点を挙げられているのは、押し出しが2回、犠牲フライ2回としぶとく得点につなげているケースが多かったから。打てなくとも最低限の結果を残している点は評価できるだろう。また勝ち越しが1回、同点が3回と勝敗に直結する働きが多かった点も好印象だ。
巨人、DeNA、ヤクルトの3チームは平凡な結果となった。巨人は27回の起用で得点を奪ったのは3回、9回に1回の成功率は物足りない。ヤクルトも得点を奪ったのは3回だけ。勝ち越しの点を奪ったケースもなく成功しているとはいいがたい。ただこういった場面で避けたい三振はまだ一度もなくこの点は評価できる。DeNAは起用回数、得点回数ともに5位。ただ打率は.267、四球も4つと得点に直結はしていないがチャンスを拡大しているケースは多い。今シーズンは接戦での強さが目立つが、こういったしぶとさもその強さの一端を担っているといえそうだ。
そして最も代打で成功してないチームが広島だ。19回の起用で得点を奪ったのはわずかに1回。それも1点リードからの満塁ホームランで、勝負を決めたり、劣勢を跳ね返したりするものではなかった。代打で試合を決めたといえる試合は一度もないのである。ただ不思議なことに今シーズン通算(すべての場面)での代打の打率はセ・リーグ断トツトップの.305を記録している。これは、終盤の勝負どころで投入した代打は打たないが、そうでないときには非常によく打つということを表している数字だといえるだろう。DeNAとは反対にここまでですでに1点差負け18回という勝負弱さの原因は、成功しない代打にもあることは間違いないだろう。

セ・リーグ最強の「切り札」は?

次に個人別の成績をみていきたい。表2は各チーム別の「7回以降、3点差以内、得点圏にランナー」の場面での代打起用数トップ3だ。いわばチームごとの「代打の切り札リスト」といえるものである。代打成功が最も多かった中日で最も起用されていたのは小笠原だ。起用数16回はセ・リーグでもトップ。そしてその打率は.417と脅威的な数字、安打数(5)、打点(4)もリーグトップの数字だ。正真正銘の代打の切り札であることは間違いない。そして高橋周も起用数4回ながら打点は2と十分な結果を
出している。中日は他にも藤井、ナニータが打点を記録しており、スタメンを外れた選手が代打として機能するという理想的な結果を残しているようだ。
表2
次に起用数が多かったのが阪神の関本。真弓、八木、桧山といった阪神のいわゆる「代打の神様」の系譜を引き継ぐ選手だが、打率.143と低い数字に止まっている。ただそんな中でも打点4はリーグトップタイ。フォアボール2つ、デッドボール3つを記録し、押し出しで2打点を挙げている。打てなくともなんとか最低限の結果を出しているところは、プロ19年目の多くをベンチプレーヤーとして過ごしてきた経験が存分に生かされているのではないだろうか。
起用数3位以降は高橋由(巨人)、森岡(ヤクルト)、後藤(DeNA)が続いている。高橋由と森岡は2打点を挙げ、ある程度の結果を出しているが、後藤は打点が0で併殺打が2回と結果が残せていない。チーム内では井手、下園が少ない起用で結果を出しており、今後は彼らの「切り札化」も十分考えられるだろう。
結果の出ていない広島は新井の5回が最多だが、今はレギュラーとして出場していて現時点での切り札は小窪が務めている。ただ、ここまで代打での打率.615ととんでもない数字を記録しているにもかかわらず、接戦での起用はまだ4回にすぎない。スタメンが固定されたチーム状況という訳でもないので、終盤のチャンスでもうすこし積極的に起用していくことも接戦をものにしていく1つの方法ではないだろうか。