吹き荒れる、金沢旋風!-見えてきた昇格チームの現状と課題-

Jリーグ2015年シーズンが開幕して2カ月が経過した。今回は昇格したチームにスポットを当てて開幕からこれまでを振り返ってみたい。

■J1昇格チームは順調な滑り出し

今季J1に昇格した3チーム(湘南、松本、山形)が、ここまで順調に勝点を伸ばしている。表1には過去5年の昇格チームの勝点動向をまとめた。上段は11節終了時、そして下段が全試合終了時の最終勝点を示しており(チームの表示順は昇格順位)、青枠は降格となったチームを表している。
表1
過去5年を振り返ってみると、白星に恵まれず一桁勝点のチームが毎年存在するが、今年は昇格チームすべてが二桁勝点を挙げている。どのチームも負けが先行しているものの、しっかりと勝利し、過去5年の平均勝点「11.8」を超える勝点を挙げるなど、順調なスタートと言えるのではないだろうか。

■降格に関する気になるデータも

ただし、データに気になる傾向も出ている。それは青枠が示す、昇格後1年で降格となったチームについて。10年から14年まで昇格順位の低いチーム順に「1、2、1、2、1」チームがそれぞれ降格という現実を毎年突きつけられている。その呪い?通りにいけば、今年は松本と山形が対象となりそうだが…

それを避けるためにも今後、この3チームが気を付けたいのが失点数だろう。表2-1には各チームの得点、失点数を時間帯ごとにまとめた。また、表2-2では先制したとき/先制されたときの試合結果を一覧にしたのでご覧いただきたい。
表2−1

表2−2

状況別の勝敗では、湘南が1敗しているものの、各チームともに先制した試合では負けておらず、逆に先制を許すと勝てていない(湘南は1勝あり)。それもそのはず、先制を許した試合の失点数が全失点の7割近くを占めているから納得の結果だ。中でも、山形に至っては失点をするとほぼ勝てないというデータまで出ている。

これを解決するには先制することが一番であるが、今後1つでも勝点を積み上げるためにも、前・後半終了前15分間の失点を減らすことが先決のように思える。各チーム得点は奪えているだけに、この時間帯の失点数が全失点の大部分(湘南70%、松本54%、山形45%)を占めるのは、勝点を失うことと同様にチームの勢いを悪くしてしまう失点といえる。次の試合、そして最終的な勝点に繋がるゲームにするためにも今一度気を引き締めたい終了間際の15分間となりそう。

■J2で吹き荒れる、金沢旋風!

一方、J2開幕後、大躍進を遂げているチームといえば金沢ではないだろうか。今季からJ2に昇格したチームが、まさかの首位争いを演じている(5/10現在3位)。首位を争うライバルはというと、表3―1に示すようにJ1在籍経験があるチーム。しかも金沢の選手の多くがJ2以上のリーグでの試合出場経験がほとんどない選手ばかり。躍進のカギは何だったのか。

金沢の持ち味は「堅守」「速攻」「セットプレー」の3つ。その柱とも言える「堅い守備」は、リーグ最少の20失点でJ3を優勝した堅守を誇る。高い位置に守備ラインを設定し、形成した守備ブロックで相手ボールを奪う金沢守備網が許した失点は、ここまでリーグ最少の7。その堅守はJ2でも十分通用している。また、その組織立った守備もデータとして表れている。1試合の平均ファウル数「10.5」はリーグ最少、ここまでもらった警告数もリーグで2番目に少ない「8」。つまり無駄なファウルをせず、組織的な守備網で相手攻撃陣を封じていることがうかがえる。
表3−1

一方の攻撃は、包囲網で奪ったボールを少ない手数で相手ゴール前に運ぶ「速攻」が金沢スタイル。ここまで8得点を奪っている清原、水永、佐藤を中心とした攻撃陣で相手ゴールに迫り、そこで得たセットプレーで得点を量産している。全19得点のうち、ファウルで得たセットプレー(CK、FK)やPKからの得点が12点で全体の63%を占める(表3-2参照)。また、得点時間も表3-3に示すように全時間帯で得点できており、攻守において効率的な試合展開ができていることが現在の躍進の要因といえそうだ。
表3−2

表3−3
また、シーズン中盤に向け課題となりそうなのが選手層。ここまで全試合フルタイム出場の選手が千葉の5名に次ぐ4名。豊富な戦力を誇る千葉とは対照的な金沢にとって、長丁場のJ2を戦い抜き、なおかつ現在の順位を維持するためには選手層のさらなる底上げが必須となりそうだ。