いい場面で打った打者は?チームは?殊勲打ポイントで4月を振り返る

プロ野球も開幕から1か月が過ぎ、まもなく3、4月の月間MVPも発表される。MVPとは最も価値のある選手のこと。そこで今回は打者がいかにいい場面で打っているのか?という点に注目、それを数値化することで攻撃面における貢献度が大きかった選手を調査した。貢献度の数値化にあたり、今回は打者が記録した適時打、打点付きの凡打、犠打、犠飛を試合の展開上の重要度に応じてポイント化、それを殊勲打ポイントとして集計しランキングを作成した。具体的には、先制打と勝ち越し打を2ポイント、逆転打を3ポイント、同点打を1ポイントとし、さらに勝ち越し打、逆転打がサヨナラ打となった場合にはプラス1ポイント(勝ち越しのサヨナラの場合は2+1で3ポイント)してポイント化を行った。

セ・リーグのトップはゴメス、2位は梶谷

ではまずリーグごとの殊勲打ポイント上位10人を紹介していきたい。セ・リーグ(表1-1)でトップのポイントを挙げたのはゴメス(阪神)だ。4度の先制打に加え、同点打が3本、勝ち越し打も2本と重要な局面での適時打が目立った。とくに月の後半での活躍が顕著で、9本の適時打のうち8本を4月16日以降の11試合で記録した。1ポイント差で2位となったのが梶谷(DeNA)。ゴメスと並ぶ4度の先制打に加え、サヨナラ打も1度記録した。とくに広島戦での活躍が多く、2度の先制打と1度のサヨナラ打がすべて決勝点となった。この梶谷の活躍もあってチームは長年苦手としてきた広島に対して開幕6戦で5勝を挙げることに成功している。3位以降は中日、ヤクルト、DeNAの3チームの中軸を担う選手たちで独占した。中日は3Dとして知られるようになったエルナンデス、ルナ、ナニータが活躍、さらに平田も好成績を残し最多の4選手をランクインさせている。ヤクルトも川端、畠山、雄平、DeNAはロペス、筒香と主軸の選手が高いポイントを獲得した。この3チームについては打線がしっかり機能した1か月だったといえるだろう。

パ・リーグは中村が1位、2位は意外なあの選手

パ・リーグ(表1-2)では中村(西武)が両リーグでもトップとなる19ポイントを稼いだ。中村は逆転、勝ち越し、先制、同点本塁打を1本ずつ記録、さらに勝ち越し打も5本記録するなど非常に内容の濃い打点を多く挙げていた。チームは、エースの岸が開幕から不在となるなど苦しいチーム状況の中ながら2位タイで4月を終えることに成功したが、その中にあって4番・中村の貢献度は非常に大きいものだった。2位には楽天の後藤がランクインした。月間の打率は.269、得点圏打率も.280、本塁打も2本と総合的には飛び抜けた成績ではなかったが、両リーグ最多タイとなる5度の先制打に加え、勝ち越し打、同点打も1度ずつ放っていて、ここぞという局面での活躍が目立つ結果となった。3位以下ではカラバイヨの活躍に注目したい。外国人枠の関係もあり初出場は4月9日と遅かったものの、昇格したその日に同点本塁打と、勝ち越し打を記録するなど、12ポイントを挙げてブランコの穴を十分に埋める活躍をみせた。しかしカラバイヨが殊勲打を放った試合でもチームは2勝4敗、4番がいい場面で打ってもそれを勝利につなげられなかったことが、開幕から苦しい戦いが続いたオリックスを象徴しているとも言えそうだ。

表1

表1

セ・リーグは中日がトップ、ワーストは貧打の広島

次にチーム全体の殊勲打ポイントと、チーム内で最もポイントの高かった選手をみていきたい。セ・リーグ6チームの殊勲打ポイントをまとめたものが表2-1だ。チームとして最も高いポイントを記録したのが中日。両リーグでダントツとなる5度のサヨナラ打、さらに先制打、勝ち越し打もすべて両リーグトップの回数を記録した。打線に関しては両リーグ合わせて間違いなくトップのチームだったといえる。逆にまったくいい場面で打てなかったのが広島だ。なんと勝ち越し打と逆転打はともに1度だけ。これは1点でも先行された試合はほぼ負けていた、ということを意味しており投手の好投を見殺し続けていたイメージそのままの結果となっている。チーム内で最も高いポイントを残したのは丸だが、それでも7ポイントに過ぎず、その内容も4本の殊勲打のうち2本が内野ゴロでの打点と勢いのないチームを象徴するようなものになっている。月間首位だった巨人も殊勲打ポイントではリーグ5位と伸びなかった。プロ入り初めて4番を打った坂本がチームでトップの数字を残したが、7ポイントと目立つ成績ではなかった。ただ広島と違う点はポイントを1ポイントでも記録した選手が両リーグ最多の14人もいた点だ。レギュラーではない金城、実松や、投手の田口、ポレダなども2~3ポイントを記録している。出場機会のあまり多くない選手や投手でも重要な局面で打点を挙げているというところに巨人の不思議な強さの秘密があるのかもしれない。阪神はゴメスがリーグトップの数字を挙げ奮闘したが、マートン6ポイント、鳥谷4ポイントと前後を打つ主軸2人の数字が伸びなかったあたりに、波に乗り切れないチーム状態が象徴されているといえそうだ。DeNAはリーグでも2位となった梶谷に加え、4番の筒香が9ポイント、5番のロペスが10ポイントと高ポイントを残した。さらに6番を打つバルディリスも8ポイントを挙げていて中軸の信頼度は中日と双璧といえそうだ。ただ黒羽根、関根、倉本、飛雄馬、桑原とレギュラーに定着してほしい選手たちが挙げたポイントは飛雄馬の勝ち越し打による2ポイントだけ。彼らのより一層の活躍が悲願のクライマックスシリーズ進出へのカギとなってくるだろう。

パ・リーグは意外にもオリックスがトップ、ソフトバンクは逆転打が最多

次にパ・リーグの成績をみていきたい(表2-2)。リーグでトップのポイントを挙げたのは意外にも月間最下位のオリックスだった。先制打はリーグ2位の15回、逆転打も2位の5回、勝ち越し打も2位の7回と重要な場面で打つことはできていた。しかし比嘉、岸田、佐藤達、馬原、平野佳と昨年チームを支えたブルペン陣がすべて不調や故障で機能しなかった影響は大きく、せっかくのリードをまったく守ることができなかった。5月になっても9回に追いつかれたり、逆転されたりする試合が続いている。今後の浮上のためには打線よりもブルペンの整備が絶対条件となりそうだ。月間首位の日本ハムは3選手が8ポイントを挙げた。4番の中田は4度の先制打、下位打線に座るレアードも勝ち越し、先制、逆転、同点打が1度ずつとレギュラーとして及第点の結果を出した。そして注目は大谷だ。3、4月は野手としての出場はわずか8試合に止まり、打率.212、2本塁打と不振だったが、2本塁打と1本の犠飛、1本の適時打はすべて先制打で、うち3度は決勝点となった。投手としての5勝に加え3度の勝利打点を挙げたことになり、貢献度は間違いなくチームトップだった。ソフトバンクは逆転打の多さが目立つ。7度の逆転打は両リーグで最多、打線の調子自体はよいとはいえない4月だったが、勝負強さでは際立つものがあった。西武は中村、浅村の3、4番でチーム全体の60%のポイントを稼いだ。ただそれ以外の打者の数字は伸びず。とくに昨年の本塁打王メヒアは4ポイントと低迷、打撃の調子も上がっておらず今後の戦いにむけての不安材料となりそうだ。楽天は総得点がリーグ最下位だったものの、ポイントではリーグ2位だった。後藤の5度を筆頭に先制打の数は他チームに引けをとらなかったが、そのリードを守れない試合が多くあった。ロッテは同点打が12回で両リーグトップ、しかし勝ち越しは3度と少ないように追いつくものの結局負けるという試合が目立ち、同点打を放った試合での勝敗は4勝6敗と負け越し、2度追いついた5日と21日の試合も最終的には負けている。ポイントでトップだった今江も勝ち越し打は記録していないように同点にしてからの打撃が課題となった。4月中旬に合流後なかなか調子の上がり切らないデスパイネの復調が待たれるところだろう。

表2

表2