鳥谷1番は正解?初回攻撃の重要性とは

 プロ野球の開幕から一週間、セ・リーグは2ゲーム差の中に5チームがひしめく混戦でのスタートとなった。その中で5勝4敗と無難なスタートを切った阪神の今年の目玉といえば「1番・鳥谷」だろう。和田監督が2年越しで実現させたこの新打順は果たして理にかなったものなのだろうか。初回の攻撃の重要性から見えてくる理想の1番打者について検証を行った。

初回に得点すれば勝利が近づく

 そもそも1番という打順が最も意味を持つのは初回の攻撃である。試合の中で必ずイニングの先頭打者として打席に立つことが保証されているのは1回表と1回裏の1番打者だけだ。試合の中で唯一理想的な打順で攻撃することが確定しているこのイニングにいかに確実に得点を挙げられるか。実はこのことは試合の結果に少なからぬ影響を与えているのだ。
 初回に得点を奪うことがいかに重要かということを示すデータがある。2004年以降全ての公式戦の試合結果を調査した結果、初回に1点以上得点を挙げたチームの勝率は.645、0点に終わったチームの勝率は.443であることが分かった。(表1)この差は昨年セ・リーグで優勝した巨人と最下位ヤクルトの勝率の差より大きい。初回の攻撃の成否が試合に与える影響の大きさは明らかである。

表1

表1

 では、得点を挙げるにはどうすればよいか?そのために重要となるのが先頭打者の出塁である。表2は初回の先頭打者の出塁が、得点の確率に与えた影響を調べたものである。先頭打者が出塁した場合、1点でも得点が入る確率は約60%、出塁できなかった場合は約25%とその差は2倍以上、出塁の重要性は明らかだ。では1番打者の出塁自体はどの程度試合の勝敗に影響しているのか。それが表3だ。2004年以降の9763試合で、初回に1番打者が出塁したチームのその試合での勝率は.545、出塁しなかったチームは勝率.476。初回先頭打者の結果だけで勝率に約7%の差が生まれている。7%の勝率の差は1シーズンに換算すると約10勝、これは決して無視できない数字だ。つまり1番打者に最も要求されることとは出塁であり、出塁する確率が高い選手を1番打者にすることは試合に勝つための重要な要素であるのだ。

表2

表2

表3

表3

 そして大事なことは、初回の先頭打者に限っては監督が任意の選手を選択できるということだ。試合の結果に大きな影響を与える1回の得点を大きく左右する先頭打者、つまり「1番打者を誰にするか」という決定は、先発投手の選択と並んで非常に重要な監督の仕事であり、1番打者の選択肢が先発投手のそれより幅広いことを考えると、1番打者の決定は監督としての資質が問われる大事な決断であるといえる。和田監督の2年越しの構想は今シーズンの阪神の命運を大きく左右するといっても過言ではない。

鳥谷の成績は理想的な1番打者

 では鳥谷の1番固定は正しいのか?その答えが表4だ。鳥谷は2011年以降4年連続でチームトップの出塁率を記録しており、チーム内で4番目だった2010年も.373と高い数字だった。これだけでも1番打者の適正は十分感じられる。さらに鳥谷が1番に相応しい理由として、出塁率が打率に左右される割合が低いことが挙げられる。鳥谷は四球を選ぶ能力が高いため、仮に打率が低下しても、出塁率は打率ほどには低下しないのだ。実際、近年最も打率の低かった2012年でも打率.262に対して出塁率は.373と高いレベルをキープしている。これが高い打率によって出塁率も高くなるマートンのようなタイプの打者の場合、打率が低いシーズンは連動して出塁率も低下してしまい、鳥谷のようなタイプの打者と比較して、安定した出塁は計算できない面がある。同程度の出塁率の打者であれば四球数という裏付けのある打者のほうが1番打者にはふさわしいといえるだろう。つまり鳥谷ほど1番打者に適した成績を残している選手はチーム内には存在せず、1番固定は大正解なのだ。

表4

表4

不調の広島、楽天は1番打者に問題が

 ではほかのチームの1番打者事情はどうなっているのだろうか。現状1番打者の選択に問題があると感じられるのはスタートダッシュにつまずいた広島と楽天だ。広島は開幕からの2試合で鈴木誠也を1番で起用したが7打席で一度も出塁できず、3試合目以降はルーキーの野間を起用している。野間は二塁打4本、三塁打1本と非凡な長打力を見せているが、ここまでの36打席でフォアボール0に対して三振が12と出塁という面では全く期待に応えていない。現時点では安定した出塁が期待できるタイプではなく1番打者に固定されていることには疑問が残る。チームでは昨年リーグトップのフォアボール数を記録した丸が最も1番に適したタイプなのだが、ほかに3番を打てる選手がいないというチーム事情もあり3番に固定されている。丸を1番にできないのであれば、昨年1番を打った53試合で出塁率.333、25四球を記録した堂林や、チーム内では安定して高めの出塁率を残すことのできる梵の起用なども検討されていいだろう。
  楽天もここまで1番打者が出塁率.161、得点0と大苦戦している。開幕当初は実績のある聖澤を起用していたが、聖澤はもともと三振が多く、四球は少い安打によって出塁するタイプ。盗塁の技術は高いが出塁能力の高い1番ではなく、頼みのバッティングも打率.115と不振だった。その後は岡島、松井稼が1番を打っているものの依然1番打者が選んだ四球が0と誰も仕事ができていない。ただ、岡島は昨年、一昨年と高い出塁率を残しておりチーム内では最も適任なのは間違いない。盗塁が上手いタイプではないため、盗塁を重要視するチーム方針からすると固定が難しいのかもしれないが、まずは出塁という意味では1番岡島がベストの選択ではないだろうか。

日本ハム・西川は理想的な1番になれる

 好調なチームの中からは、ヤクルトの荒木と日本ハムの西川に注目したい。荒木はミレッジの故障により山田が3番に移動した2日の試合から1番として起用されている。その日から3試合連続で四球を選ぶなど3試合で6度の出塁と今のところは及第点の働きを見せている。ファームでの出塁率は2013年が.410、2014年が.391とかなりの高水準であり適正は十分。ミレッジ、バレンティンの両外国人が復帰するまでにどれだけ1番打者としての資質をアピールできるだろうか。
 日本ハムの西川はここまで打率.211と一見不振にみえるが、出場6試合ですべて四球を選んで出塁しており出塁率は.444と抜群、8四球に対して三振は5と素晴らしい内容だ。理想的な1番打者になれる可能性を感じさせる選手で、3番の陽、4番の中田が本調子ではないため得点数は3と伸びていないが、主軸の2人が本調子になれば得点数も増え、チームの得点力もさらにアップするだろう。今シーズン最も注目したい1番打者だ。