【Jリーグ】警告数から見るチーム分析

今季から2ステージ制に移行したJ1リーグにおいて、累積警告による出場停止ルールが昨年と異なっていることを皆さんご存知でしょうか。今回はそんな反則・警告に関するデータからうかがえるチーム状況を探って行きたいと思います。

■意外と知られていない累積警告ルール

まずは意外と認知されていない「2015年版 累積警告による出場停止ルール」について。表1に規定を簡単にまとめました。大前提となるのが、「各ステージが別大会扱い」となること。そしてリーグ規定では、大会ごとに試合数で出場停止となる警告累積回数が決まっており、2ステージ制となった今季は、1ステージ各チーム17試合ずつとなるので、10~19試合の3回が該当回数となります。さらに「各ステージが別大会扱い」のため、1stステージで受けた警告は2stステージに持ちこされない点も注意です。

表1

表1

その点を留意して表2をご覧ください。こちらはJ1リーグの今季(表2-1 第3節まで)と昨季(表2-2)の反則・警告数をそれぞれチームごとにまとめたもので、現在のところ第3節終了時では新潟、鹿島、仙台の順で警告数が多くなっています。中でも新潟、仙台は昨季リーグフェアプレー賞を受賞したチームだけにどのような変化があったのか気になるところです。

表2-1

表2-1

表2-2

表2-2

■フェアプレー賞チームに異変?

まず仙台、1試合2枚イエローカードをもらうことによる退場処分が大きく影響しています。リーグ初戦は野沢、2戦目がハモン・ロペスと2戦連続で退場処分に。リーグ戦ではないものの、ナビスコカップでも毎試合警告を受けているだけに、ブロックを形成し守備をするのか前線からボール奪取に行くのか、バランスをうまく取ることが警告減への近道となりそうです。そしてリーグ戦を戦う上で気になるのが、先述の選手以外でも梁、金園と攻撃陣ばかりがカードをもらっていること。元々攻撃力があるチームではないだけに、ステージ終盤での戦力ダウンにつながらなければいいのですが。

続いて新潟。こちらは昨季第3節終了時点で警告を1枚ももらわなかった唯一のチーム。それだけに今季の8枚というデータは異常といえる値かも知れません。ラファエル・シルバが2枚もらっている以外は、1人で複数枚もらっている選手はいません。柳下政権4年目を迎える今季は、これまで培った前線からの守備とボール保持への意識の向上がテーマ。その成果が8枚という警告数に表れているのではないでしょうか。皆で共通理解が出来ているからこそ、前線から激しくボールを奪う、奪われても取りに行く、そしてボール保持率を上げる、といった一連の動作が連動して行えている。それがたまたま警告につながったということだと思えるほど、見ていて気持ちのいいサッカーができているのも事実。少しでも警告数を減らせればステージ制覇も近いのではないでしょうか。

■松本の得点源が減少傾向に

そのほか、反則数と被反則数の割合では、松本が2.6で断トツ。前から行くのか引いて守るのかがハッキリしているサッカーをする松本において、やはりJ1では引いて守ることが多くなった結果の数値といえます。相手にポゼッションされた状況下で反則数が増えるのは当然のこと。この点は昨季もポゼッション自体は低かったので特段問題視することではないのでしょうが、被反則数の数字が気になるところ。被反則数とは、ファウルを受けた数=セットプレーにつながった数であり、セットプレーからの得点が全体の半分以上を占めた昨季を考慮すると、今後の得点力が心配となりそうです。

次は表3をご覧ください。こちらはJ2リーグの今季(表3-1 第3節まで)と昨季(表3-2)の反則・警告数をそれぞれチームごとにまとめたものです。

表3-1

表3-1

表3-2

表3-2

■C大阪の多い警告数

昨季J2で1番警告が多かった東京V、J1で最多だったC大阪が警告数で上位に来ています。特にC大阪は1年での昇格を目指す上でも警告には気をつけたいところ。扇原、山口、丸橋、玉田ら主力が軒並み警告を受けていて、さらに山口は今後も代表でチームを抜ける可能性があります。厚い選手層を誇るC大阪だけに心配はいらないのでしょうが、長丁場のJ2を戦う上で不用意な戦力ダウンだけは避けたいところです。

■反則数は減ったが勝ち点が

これまでと逆に警告数や反則数が減少傾向にあるのが福岡。井原新監督を迎えた今年はそれまでの前線からの激しいプレスを辞め、自陣でブロックを形成する守備に変更しました。守備のやり方を変更しただけで、守備での連動性を欠いている点や球際で激しくいけていないということもあってか、反則に占める警告の割合が減りつつあります。成績は第3節を終えて勝ち点0で最下位。一方の反則ポイントでは2番目に少ない数字。これまで反則ポイントが少ないクラブが順位的に上位に、同ポイントが多いほど下位にいる傾向が出ているだけに、井原マジックで例外とならないように勝ち星を積み上げていただきたいものです。