データでみるJリーグ 2ステージ制の行方

2004年シーズン以来11年ぶりとなる2ステージ制に制度を変更したJリーグ。ステージごとに王者が決まる今シーズンは、開幕から浦和、広島、鳥栖が2連勝を飾り1stステージ優勝へ向け幸先の良いスタートを切りました。今回は、J1リーグの制度変更の変遷を振り返るとともに、2ステージ制時代の過去データから今季の行方を占ってみたいと思います。

■J1リーグの制度変更について

まずはJ1リーグの制度変更について。表1にはその変遷をまとめました。93年に10チームで開幕したJリーグは、2ステージ制を採用し、ステージごとにホーム&アウェーを実施。さらに90分を戦って同点の場合は延長戦(Vゴール)、それでも決着がつかなかった場合はPK戦を行う完全決着方式を採用していました。そして順位においても、現在の「勝ち点制」ではなく、「勝利数」(95年から)で決定するなど、J開幕当初のファンにとって「分かりやすい」をモットーとした制度は、今とはずいぶん異なったものでした。

表1

表1

その後、96年に1度は「通年制」に変更されたものの、翌年再び「2ステージ制」に変更。その際、チーム数の増加とともに増え続けた試合数(最大で95年の52試合)も考慮して、ステージごとにホーム&アウェーだったものを各ステージ1回戦総当たりに変更(年間でホーム&アウェー2回戦総当たり)、試合数が半分に減少されました。しかも97年は参加チーム数が奇数の「17」になるなど、リーグの迷走ぶりがうかがえます。

99年からは16チームによる2ステージ制(各ステージ1回戦総当たり)が定着。PK戦、Vゴール、そして延長戦の廃止などを経て、国際サッカーの基準である「通年制」に合わせるというJリーグの意向で05年からは再び「通年制」へ移行。

そして今年15年シーズンからは、モデルチェンジを施した「2ステージ制」が満を持して3度目の登板となったわけです。スポンサー収入の増加やファン拡大などが目的に挙げられる今回の2ステージ制。これまでとの相違は、ステージ覇者同士のチャンピオンシップから年間勝ち点1~3位までを加えた5チームでのプレーオフを実施する点です。次項では、ステージ制に変更となった今シーズンの行方を、過去データをもとに分析してみたいと思います。

■ステージ覇者の平均勝ち点は

表2には過去2ステージ制だった時の1st、2stそれぞれ勝ち点上位3傑をまとめました(赤字は両ステージ登場チーム)。

表2-1

表2-1

表2-2

表2-2

参加チーム数によって獲得勝ち点も変わってきますが、今年と同じ18チームだった98年では、1st磐田39点、2st鹿島42点でステージ覇者には平均40点ほどが必要な計算になります。また、各ステージ1回戦総当たりとなった97年以降、04年までの覇者勝ち点平均では38.7点(1st=38.5、2st=38.9、18チーム換算)が優勝に必要。ただし、表1にもあるように延長勝ち(勝点2)が無くなったのが03年からで、03、04年の平均が36.8点となり、それを考慮しても37点以上が優勝ラインと言えそうです。

また、表から分かる特徴としてはステージ覇者となったチームには、どちらかのステージで3位以内に入ったチームが多い(8/11回)。そして意外にも両ステージで3位以内に入っていたチームはステージ覇者以外にほとんど存在しないのです(93、95、03年の3回のみ)。

■通年制の前半戦と後半戦の成績は

一方、通年制のため参考記録ですが14年から過去5年分のデータを表3にまとめました。対戦カードが1周する17節終了時点までを前半戦、それ以降を後半戦とみなして順位を計算。前後半の平均勝ち点では、35.8点(前半=35.4、後半=36.2)とステージ制に比べやや劣る傾向が出ています。

表3-1

表3-1

表3-2

表3-2

表3-3

表3-3

表3-4

表3-4

表3-5

表3-5

通年制で見られる特徴としては、ステージ制同様に前後半ともに3位以内に入っているチームが4チームと少なく、1位のチームですら3位以内に入ることは稀だったようです。1年間というスパンでシーズンを見通した結果、前半・後半と万遍なく成績を残しているチームが少ないように見受けられます。

さらに、J2降格を免れようと巻き返すチームも多く、前半戦2桁順位で終えたチームや7位以下のチームが後半戦に巻き返しているケースがステージ制と比較しても多々あり、通年制ならではの傾向となっています。

■条件に当たるチームは?

以上より、36点から37点が優勝ラインと予想され、引き分けを考慮しても11勝以上は必須となりそう。そのためにもホームでの白星が重要となるわけですが、過去5年のホーム成績上位5傑では柏、広島、浦和などがホームアドバンテージを生かした戦いをしており、スタートダッシュに成功した浦和、広島には高いステージ優勝の可能性があると言えそうです。

以前のステージ制の傾向からも分かるように、ステージを制する上で必要なのは両ステージで結果を残すこと。そして通年時のように調子の良い時に勝ち点を積み上げられれば、という考え方を捨て、早い段階から調子を上げて勝ち点を積み重ねることが通年制と違う優勝への近道となりそうです。