【プロ野球】開幕3連戦で大事なことは?

27日からの3連戦でいよいよペナントレースがスタートするプロ野球、もっとも注目されるのは当然27日の開幕戦。143分の1の試合とはいえその注目度は段違いだ。ただこの開幕戦、調べて見ると勝敗がペナントレースの行方に与える影響は少ないことが分かった。
表1は2005年以降の開幕戦の勝敗と、その年の順位の関係をまとめたものである。過去10年、優勝した20チームのうち開幕戦を勝利していたのは7チーム、負けていたのは11チーム、あとの2チームは引き分け。逆に最下位だった20チームのうち開幕戦に勝利してしたのは8チーム、負けていのは11チーム、引き分けが1チームという結果になっている。この数字から明らかなようにシーズンの結果から見てみると開幕戦の勝敗はさほど重要ではないのだ。
では開幕カードで重要となることは何か?表2はシーズン初勝利までに要した試合数と、そのシーズンの順位、表3は開幕カードが3連戦だった場合の勝敗数と、そのシーズンの順位を集計したものだ。表2から分かるように初勝利が4試合目以降となった場合、優勝したチームは4チーム、Aクラス入りしたチームはわずか7チームしかない。10年間のAクラス入りのチーム数は60となるのでかなり少ない割合といえるだろう。さらに初勝利が5戦目となると、優勝したのは2008年の巨人1チームだけ。優勝を狙うにはかなり厳しい状況となってしまう。このことからシーズン初勝利はおそくとも3試合目までに挙げるのが理想といえる。
さらに表3をご覧いただきたい。開幕カードが3連戦だった場合、勝ち越したチームがAクラスとなった割合は47チーム中31チームで約6割5分、負け越したチームの場合は約3割5分となっている。ただ負け越しでも1勝2敗だった場合は31チーム中13チームがAクラスとなっており、さほど悪い割合ではなくなってくる。これらの数字から開幕3連戦では最低限1つは勝つことが重要であり、それは開幕戦でなくても構わないという傾向が見えてくる。さらに開幕戦が各チームのエース級が登板し、チーム力の差が出にくいことを考慮すると2戦目、3戦目のどちらかで勝つ確率を高めておくことが大事なのではないだろうか。
ではここからは各開幕カードを「1勝もできない恐れはないか」という観点から紹介していきたい。表4は開幕カードと予想される先発投手の一覧。

表1

表1

表2

表2

表3

表3

表4

表4

■巨人-DeNA

先発が予想されるのは巨人が菅野、新外国人ポレダ、ルーキーの高木勇、DeNAは久保、山口、三嶋だ。菅野はオープン戦での登板を一度スキップ、オープン戦最後の登板も3回62球で降板した。まだ70球以上を投げた試合はなく調整は順調とはいえない。対する久保はオープン戦3登板で失点は0、11イニングで被安打も5と完ぺきすぎるぐらいの内容だった。投球は年々円熟味を増しており現状の巨人打線では攻略は難しいだろう。巨人が初戦を落とした場合、続く2投手は未知数の新外国人と、プロ初登板のルーキーとなってしまいDeNAの山口、三嶋と比較すると計算は立ちづらい。初戦を落とした場合のことを考えると1勝もできない可能性は巨人のほうが高いのではないか。

■阪神-中日

阪神が1勝もできない可能性はかなり低いだろう。メッセンジャー、岩田、藤浪は実力、実績ともに十分で、とくにメッセンジャー、岩田の2人は中日戦での相性も抜群。そろって崩れる場面は想像しにくい。ただ不安なのは打線。オープン戦の終盤から打線の調子は下降しており、ベストオーダーで臨んだオープン戦最後の3連戦でオリックスに2度完封負けを喫してしまった。あまりにこの状態が続くようだと思わぬ苦戦もあり得る。中日は若干分が悪いといわざるを得ない。開幕投手が予想される山井も昨シーズンの阪神戦では防御率3.69と平凡、まず1勝という意味ではオープン戦で好投を続けたバルデスが投げる2戦目に一番大きな期待をかけたい。

■広島-ヤクルト

前田が初戦、黒田が3戦目に先発することが濃厚な広島が1つも勝てないという状況は一見考えにくい。しかしオープン戦を通じて低調に終わった打線の不振は相当な不安材料だ。もともとヤクルトの開幕投手・小川、石川は苦手な投手で、杉浦にも8日のオープン戦ではほぼ完ぺきに抑えられている。2戦目のジョンソンを含めて先発の布陣に文句はないが0点では勝てないのが野球、最低限の得点を挙げることにすら四苦八苦している現状では1勝に手が届かないということも十分考えられる。

■日本ハム-楽天

開幕戦は大谷と則本がほぼ確実。ともにリーグを代表する投手だけにどちらのチームも開幕戦で勝てる確率は五分五分。負けた場合に重要となってくるのが2戦目以降の先発だが、日本ハムはおそらく武田勝と浦野、楽天は塩見と横山になりそう。大谷、則本と同等に勝ちを計算できる投手はいない。確実に1勝を取りに行くのであればかつてロッテが園川を開幕投手に抜擢したように、エースを2戦目にずらすという作戦もなくはない。ただ開幕投手のステータスが特別な意味を持つ日本球界で実現する可能性は少ないだろう。エースを初戦でぶつけ合う以上、負ければ3連敗の危険性が高くなることは間違いない。1勝もできない可能性は両チームにありそうだ。

■西武-オリックス

絶対的な開幕候補だった西武の岸とオリックスの金子がともに故障のため開幕を回避した。代役は西武が牧田、オリックスはディクソンとなる。オリックスは金子不在とはいえ2戦目にも計算のたつバリントンが控えているのに対し、西武は岸の急な離脱で青写真が大幅に狂った。当初は開幕に岸、2戦目に牧田、3戦目野上と、表と裏のローテーションのバランスをとるのではなく、良い投手を順番に登板させる予定だっただろう。まず1勝という観点からは正しい選択だったのだが、変更を余儀なくされてしまった。岸の穴は昨シーズン、オリックス戦で防御率0.83と相性の良かった岡本洋が埋めることになりそうだが、当然岸の穴を完全にふさぐことは難しい。オリックスは3戦目にルーキー山崎福を起用する可能性が高いので、オープン戦で抜群の成績を残した野上を3戦目に回すことが、確実な初勝利への備えとなるのではないか。

■ソフトバンク-ロッテ

攝津が開幕投手を務めるソフトバンクは、仮に開幕を落としても2戦目には攝津以上の安定感を誇るスタンリッジが控え、3戦目にも昨シーズンのロッテ戦で4戦4勝だった中田が準備している。まず1勝は堅いだろう。ロッテは開幕が涌井、2戦目にチェン、3戦目は唐川となりそうだ。絶対的な投手はおらず相手の先発陣を考えると苦戦は必至、昨シーズンの開幕は同じカード、同じ球場で3連敗を喫している。好調だったオープン戦の勢いを持ち込んで少なくとも1勝はしておきたい。