バレンティンの本塁打数には意外な規則性が!

春季キャンプ真っ只中のプロ野球界では、各選手がレギュラー獲得へ向け必死のアピール中。そんな中、今年トリプルスリーを狙うソフトバンクホークス柳田は、最大瞬間風速14.9m/sの逆風の中、本人も「完璧」と自画自賛の130m特大弾を放ち工藤新監督に強烈なインパクトを与えました。今回は、そんなアーチストたちの「飛距離」に関する過去5年のデータを基に話を進めて行きたいと思います。そして最後にあるアーチストの本塁打数には、意外な規則性があることも分かりました。

■2014年は「意外な」選手が平均飛距離王に

セ・パ両リーグの2014年本塁打20傑を基に「本塁打平均飛距離」と「打った方向」をまとめたものが表1です(※距離は推定で、今季もNPBに所属する選手のみ掲載。ランニングHRは方向の欄に反映されておりません)。結果はセ・パともに意外なものとなりました。

まず、セ・リーグはエルドレッド、バレンティンら力自慢たちを押しのけ、ロサリオが125mで首位に。一方パ・リーグでは柳田、中田ら若きスラッガーを抑えて内川が120.8mで平均飛距離ナンバーワンに輝きました。また、表6では今季NPB所属選手の各年の本塁打飛距離から最長と最短、平均距離を集計。その結果、2014年シーズンの最長飛距離は村田と陽が記録した150mとなりました。

最長飛距離を記録した村田と陽は、それ以外の本塁打で110m台が多く平均飛距離を伸ばせず。また、自ら「パワーヒッター」を豪語するロサリオは125m以上を11本揃える活躍で、両リーグでもナンバーワンの平均飛距離を記録しました。両リーグあわせたランキングで上位3人をセ・リーグが独占し「平均飛距離」ではセに軍配が上がる結果となりました。

■フルスイング柳田と大谷の共通点

今季注目の選手でもある柳田は、平均飛距離3位という結果でしたが、他のアーチストとははっきりとした違いが結果に表れています。それは、広角にバランスよく打ち分ける器用さです。特に、パワーヒッターでありながらライト方向へ引っ張る本塁打より、レフトへ流した本塁打が多い点から、柳田の技術の高さが伺え知れます。また、柳田同様に大谷も逆方向への本塁打が多く、平成を代表する大砲はパワーだけでなく逆方向へ打つ器用さも兼ね備えたアーチストと言えるようです。

■各年代で見るとリーグで違いが

次に年度別に各リーグの結果を見てみたいと思います。表2(2013年)、表3(2012年)、表4(2011年)、表5(2010年)にそれぞれ年度別成績をまとめました。セ・リーグでは、外国人選手が上位を独占しているのに対し、パ・リーグは日本人選手が奮闘、本塁打王を獲得する選手の国籍と同様の統計が出ています。中でも村田は孤軍奮闘の活躍で毎年ランクイン。今年150m弾を記録するなど年齢を重ねても衰えることを知らない、そのパワフルさは日本を代表する長距離バッターと言えるのではないでしょうか。

■常連組にも変化が

最長飛距離常連では、過去5年で3度の本塁打王に輝いた「おかわり君」こと中村の最長飛距離に変化が見られます。これまで140m超えの本塁打を記録してきた中村でしたが、手術でシーズンを出遅れた2013年が135m、そして昨年は130mとケガの影響なのか飛距離が伸びていません。しかしそこは「7、8割の力で」アーチを量産していると本人が語るように、ベテランならではのボールの芯を捉える技術とパワーを併せ持った中村だからできる業ではないでしょうか。柳田や大谷ら若手に負けじとベテラン中村も息の長いアーチストとして活躍しそうです。

■ノーゲームの試合では本塁打がでにくい?

最後に今回本塁打について調べていて判明したアラカルトを2点ほど。まずは、ノーゲームになった試合での本塁打について。2014年は、本塁打が出たもののノーゲームとなった試合が2試合ありました。5/15オリックス戦(本塁打:坂口、ジョーンズ、ペーニャら)と7/6の広島戦(本塁打:エルドレッド、丸、川端ら)です。調べてみるとこれは意外にもレアなケースだったことが判明しました。それ以前で本塁打が出たもののノーゲームをなった試合は、なんと6年前の2008年9/4横浜戦までさかのぼります。この試合では現ソフトバンク吉村が本塁打を含む2安打4打点の活躍を見せましたが、降雨ノーゲームとなりました。意外にもノーゲームとなった試合では本塁打が出ること自体珍しいようです。

次にバレンティンの本塁打数について。2013年に60本塁打で日本プロ野球シーズン本塁打記録を更新したことで有名な選手ですが、2011年に来日以降、年間本塁打の数は「31本」か「60本」しか打っていません。

2011年(31本)、2012年(31本)。2013年(60本)、2014年(31本)

ということは…2015年は31本!? そして2016年は再び60本?
今シーズンもアーチストたちの活躍から目が離せそうにありません。

2014セ

2014パ

2013セ

2013パ

2012セ

2012パ

2011セ

2011パ

2010セ

2010パ