【プロ野球】離脱者ゼロのチームは?キャンプ故障者情報

キャンプインから一週間が過ぎ、各チームのキャンプは第2クールに入った。シーズンを乗り切る体力づくり、技術の向上、連係プレーの強化などさまざまな目的を持つキャンプだが、最も重要なポイントは「ケガ人が出ないこと」ではないだろうか。今回は12球団の「健康度」をみていくことで、シーズンに向けよい準備ができているチームはどこなのかを探ってみたい。

まずはパ・リーグからみていきたい。表1はパ・リーグ6チームの自主トレ、キャンプ中の故障情報をまとめたもの、表2は昨シーズン中からオフにかけて手術を受けた選手、昨年から故障を抱えている選手の一覧だ。

ソフトバンク:12球団で唯一ここまで離脱者を出していないが、レギュラーの長谷川、中村晃がそれぞれオフに手術を受けている。中村晃はすでに一軍に合流しているが、長谷川はまだ二軍での調整中だ。投手陣では手術明けの柳瀬、寺原と右肩の違和感が続く千賀がキャンプを二軍でスタートさせている。

日本ハム:離脱者なしで第1クールを終えたが、7日に石井がふくらはぎを痛めて離脱した。また、ルーキーの有原と正捕手の大野は昨年から右ひじを痛めておりキャンプは二軍スタート、大野の控えとして活躍した市川も腰の手術を受けたため二軍で調整を行っている。今後はキャッチャー2人の仕上がり具合がポイントとなりそうだ。

西武:初日から3日連続で故障者が発生した。とくに初日に背中痛を発症した岸の状態が気にかかるが、今のところ重症ではないようで、5日の休日にはオフ返上でランニングや体幹トレ―ニングを行っている。オフに肩やひじのクリーニング手術を受けた浅村、中村、秋山の3人は一軍スタートとなったが、昨年7月に股関節の違和感を発生させた十亀は、まだ二軍で調整中。投手陣の層に不安があるチームだけに回復具合が心配される。

ロッテ:昨シーズン中継ぎとしてフル回転した大谷が7日にひざを痛めた。また4日にはハフマンが太ももの張りで練習を早退している。こちらは軽傷のようだが、全力プレーが持ち味の選手だけに下半身の不安は気になるところ。

オリックス:主力2人が順調さを欠いている。T-岡田は自主トレ中に発生した右肩の違和感でまだ屋外でのバッティングを開始していない。比嘉も右肩に違和感があり、2日の時点では一部別メニュー調整となっていた。62登板とフル回転した昨シーズンの疲労が原因となっている可能性もあるだけに、今後の状態が非常に気がかりだ。11月に右ひじの手術を行った金子は一軍でキャンプをスタートさせた。まだブルペンには入っていないものの、40メートルの距離でキャッチボールを行うなど順調に回復している。

楽天:ショートのレギュラー定着が期待されていた西田が、自打球で左足の甲を骨折してしまった。全治には6~8週間かかるとみられている。調整の大幅な遅れは避けられず開幕に間に合うかも微妙なところ。レギュラー最有力候補が不在となったショート争いは、6日の紅白戦で先発した後藤、ウィーラーが中心になりそうだ。そのほか主力選手では中継ぎエースの福山が手術明けということで二軍からのスタートとなっている。
次にセ・リーグの状況(表2、表3)をみてみたい。

DeNA:第2クールに入って白崎が左ふくらはぎを負傷、二軍に降格となった。ただ故障者は少なく、左肩に違和感をかかえる大原が二軍調整中なのが目立つ程度。「健康度」は12球団一といえそうだ。

ヤクルト:新人の風張が自主トレ中に右足に張り、中元がインフルエンザを発症させたものの全体的には順調なキャンプを過ごしている。ただ最大の不安材料はバレンティン。オフにアキレス腱の手術を受け来日は3月となる予定だが、1日も早く元気な姿を確認したいところだろう。昨年3度目のトミージョン手術を受けた館山は復帰に向けて慎重に調整を行っている。

巨人:自主トレ中に腰痛に見舞われた坂本は6日に全体練習に合流、そのほかに離脱した選手もおらず各選手が順調にキャンプを過ごしている。二軍で調整中なのは長野、アンダーソン、矢野の3人。膝と肘にメスを入れ開幕に間に合うかが懸念されていた長野は、予定より早くキャッチボールとティーバッティングを再開、全力でダッシュも行うなど順調に回復している模様だ。

阪神:故障ではないが来日前にパスポートの盗難に遭ったゴメスは、キャンプへの合流が一週間遅れた。また鶴岡、マートンもふくらはぎや太ももを痛めており主力が順調さを欠いている。そんな中、右ひじのクリーニング手術を受けた西岡は一軍キャンプに参加、3月に強化試合を行う侍ジャパンのメンバー入りにも意欲を見せるなど体調に不安はなさそうだ。

中日:2年前のキャンプではインフルエンザの大流行に悩まされたが、今年も30日に濱田がノロウイルスに罹患、31日には武藤がインフルエンザを発症するなどいきなりのトラブルに襲われた。幸いにもその後は新たな感染者が出ておらず終息に向かっているようだ。残る心配は昨年続出した故障者の回復ぶり。岩瀬はキャンプ初日のブルペン入りを回避とまだ状態が不透明だが、吉見は初日から50球を投げ込み復活に向けて好スタートを切った。

広島:外国人選手が順調さを欠いている。セットアッパーとして期待された新外国人のザガースキーは4日の練習中に右足首を捻挫し全治3週間、新守護神候補のヒースも5日にインフルエンザを発症した。課題のリリーフ陣の調整が遅れるのは大きな不安材料になる。5日に肩の張りでブルペン入りを回避した大瀬良は7日にフリーバッティングに登板しており、調整の遅れはなさそうだ。

ここまで12球団の状況を見てきたが、最も順調にきているのはソフトバンクだろう。またDeNAは故障者の数が少なく今のところ大きな不安はない。逆に阪神、広島、西武はキャンプでの離脱者が相次いでおり、負の連鎖が起こらないよう注意が必要だ。とくに西武は離脱者に加え浅村、中村、秋山の主力3選手が手術明けと、不安材料は多い。同じくリハビリ中の主力が多いのが巨人、中日。今のところ順調に回復している選手が多そうではあるが、今後も各選手の状態には注意が必要だろう。

表1

“表1

表2

表2

表3

表3

表4

表4