鳥谷が打てない投手は? 相性で見るプロ野球

どうしてもあのピッチャーは打てない、あの球場では気持ちよく投げられる、プロ野球の世界にはさまざまな相性が存在する。一度や二度ならたまたまでも、何度か続くと苦手意識が生まれ余計に対応できなくなるもの。今回はバッターとピッチャー、球場、そして大観衆という3つの面から得意や苦手を紹介したい。

その1 バッター対ピッチャー、今年一番カモられた選手は?

野球の基本であるバッターとピッチャーの対戦。まずは今シーズン特定のバッターに打たれまくったピッチャーを見ていきたい。表1-1はバッターが好成績を残した対戦の一覧である。10打数以上対戦した組み合わせの中で最もバッターが圧倒した対戦が、銀次(楽天)vsメンドーサ(日本ハム)だ。4月8日の初対戦でいきなり3打数3安打と攻略すると、以降3試合の対戦でのすべてヒットを放ち、10打数7安打、フォーアボールも2つ選んでおり12度の顔合わせで塁に出られなかったのはわずか3回だけだった。メンドーサはこの影響もあってか楽天戦は4度登板して0勝3敗、防御率も5.23と散々な結果に終わってしまった。2位の小谷野vs唐川は通算でも打率.423と小谷野が圧倒している。10打数未満ながら印象的な対戦がエルドレッド(広島)vs国吉(DeNA)。こちらも初対戦でいきなりエルドレッドが2本塁打を浴びせると、以降2度の対戦でもヒットを放ち打率10割でシーズンを終えた。現役選手の対戦で最も打数の多い打率10割の組み合わせは谷(オリックス)vs石井(日本ハム)だ(表1-2)。2005年の初対戦以降1四球を挟んで谷が7連続安打中で石井はまだ谷を打ち取ったことがない。エルドレッド&国吉の記録はどこまで伸びるだろうか。

表1

表1

一方ピッチャーが圧倒した対戦の一覧が表2-1だ。ノーヒットだった対戦で打数が一番多かったのは鳥谷(阪神)vs杉内(巨人)。レギュラーシーズンではなんと19打数の0安打、クライマックスシリーズでの対戦でも3打数ノーヒットに終わっていて今シーズンは22打数0安打という数字になった。この対戦では通算でも87打数8安打と杉内の圧勝、MLB挑戦を検討中の鳥谷だが、杉内にとっては是非日本に残ってほしい相手だ。続く対戦はジョーンズ(楽天)vs大谷(日本ハム)で15打数ノーヒット、奪三振も7と大谷に軍配。メジャー志向の強い大谷だけに、元メジャーの大打者との対戦はより気合が入ったのではないだろうか。ほとんどが三振で終わった対戦が長谷川(ソフトバンク)vs松井裕(楽天)、西川(日本ハム)vs平野佳(オリックス)、エルドレッド(広島)vs福谷(中日)、ヘルマン(オリックス)vs五十嵐(ソフトバンク)の4例。何度対戦してもバットにも当たらないとなればバッターの苦手意識は相当なもの。来シーズン以降も尾を引きそうな組み合わせだ。初対戦から最も長くヒットが生まれていない対戦が石原(広島)vs大野(中日)。昨年の初対戦以来19打数連続ノーヒット中(表2-2)。ほとんどが三振と内野への凡打になっていてまだまだ記録が伸びそうな気配がある。そしてほとんどバットにも当たらない対戦だったのが伊藤(オリックス)vs増井(日本ハム)だ(表2-3)。今年のレギュラーシーズン終了まで1つの送りバントを挟んで7連続三振中だったのだが、クライマックスシリーズでの対戦でついに伊藤が初ヒットを放った。1本出たことでこの2人の相性は変化するのか?来年以降に注目したい。

表2

表2

その2 敵地でも問題なし。ビジターでも得意な球場は?

次に特定の球場を得意とするバッターを紹介したい。表3-1、3-2はビジターチームの選手としてプレーした球場での成績を集計したものだ。表3-1は打率の上位10人、3-2は本塁打率(何打数に1本の本塁打を打つか)の上位10人となっている。打率上位選手で注目したいのがマートンだ。マートンは神宮での成績が抜群。他の上位選手が100打数以下での高打率となっている中、200打数を超えて4割台を記録している。この傾向はますます強まっており、今シーズン神宮での打率は驚異の.548、OPSにいたっては1.683と、神宮に限っては全盛期のボンズを超える存在といっても過言ではない成績だ。打率上位の中では西岡、ペーニャの2人がともに得意としていた球場を本拠地とする球団に移籍した。得意としていた球場への移籍という意味で注目したいのが本塁打率で4位のロペス(巨人)。横浜では4割近い打率で8本塁打と大の得意。退団が濃厚なブランコの代役としてDeNAが獲得を検討中だが、実現すればベストフィットする可能性がある。また本塁打率1位の中村(西武)は横浜での本塁打率が5.64。これは500打数に換算すると約88本塁打を打てる計算になる。神宮でもこれに近い数字を残しており、もしセ・リーグに在籍していたらとんでもない記録が生まれたのでは、という妄想を抱かせる好成績だ。

表3

表3

ピッチャーにとって球場の違いはバッター以上に大きい。マウンドの合う合わないはピッチャーによっては非常に大きな影響を与える要素だ。表4-1、4-2はピッチャーの球場別成績。最も相性のいい球場を持っているのは内海だ。2007年のフルキャスト宮城(当時)での初登板で6回1/3を無失点で勝利投手となると、続く2008年は完封、2009年にも7回無失点といまだこの球場では無失点、2010年以降の登板がないのがもったいないくらいだ。ほかで注目は沢村(巨人)。ナゴヤドームでの防御率は0.78、40イニング以上を投げてのこの数字は優秀だ。来シーズンリリーフ転向となればこの球場での登板機会も増えるだけに期待したい。一方苦手で目立つのが最多勝投手の山井(中日)。神宮との相性の悪さは異常とも言えるレベルで、好調だった今シーズンも神宮では4回6失点と勝てなかった。岩田(阪神)の横浜、ウルフ(ソフトバンク)のQVCマリン、篠田(広島)の甲子園などもひどい数字となっており、ここまでになると登板回避も考えられる成績だ。

表4

表4

その3 大観衆に応えたのは?

最後は大観衆の声援に応えた選手、そうでなかった選手を紹介したい。表5-1、5-2は観衆が30,000人以上入った試合での打率上位10人と下位10人の一覧。この状況で活躍したのはデスパイネ(ロッテ)、そして畠山(ヤクルト)だ。とくに畠山は26試合で本塁打が5本、打点は24と打率以外の内容も抜群、この畠山を筆頭に飯原、中村とヤクルト勢が3人もランクインした。ただ肝心の本拠地で30,000人を超えたのはわずか3試合、その活躍が神宮の大観衆の前でなかったのが残念だ。一方今シーズンは歓声に応えられなかったのが表5-2の選手たち。一軍での実績の少ない選手たちが並んだが、規定打席到達者の中で最下位はジョーンズ(楽天)だった。通算の打率も.221と低かったが、観衆が30,000人を超えると打率はさらに下がって.180、ホームランも2本しか打てなかったのは意外だった。

表5-6

表5-6

投手の1位は今季ブレークした巨人の小山。観衆が30,000を超えると無敗とよりよいピッチングを披露した。2位以降には大谷(日本ハム)涌井(ロッテ)松井裕(楽天)など甲子園を沸かせたピッチャーたちが目立つ。とくに涌井は成績の伸びないシーズンだったがこの条件では4勝1敗、防御率も2.37と全盛期のような力を見せていた。