ドラフト指名選手 どの地域からが多い?

日本シリーズも始まり、今年のプロ野球もいよいよ終わりが近づいてきた。どちらの球団が日本一に輝くのか気になるところだが、今回は先日行われたドラフト会議の結果を含め、どの地域から指名された選手が多いのかを分析してみた。

まずは表1。こちらは選手が指名時に所属しているチーム(高校、大学、社会人など)を地域ごとにまとめたものとなっている。多くの方の予想通りに、関東や近畿地方から選出された選手が圧倒的に多いことが分かる。これらの地域には高校の強豪校が多い中、彼らが進学する大学や就職する社会人チームなどもそれらの地域に密集していることに原因があると思われる。また全体を見てみても、どの地域からもまんべんなく指名されており、特定の地域が急激に数を伸ばすといったことがないことからも、地域のパワーバランスがそのまま反映された結果となっている。

表1

表1

表1 グラフ

表1 グラフ

次に表2。こちらはその年度に指名された選手の最終所属チームではなく、出身高校別に地域分けしたもの(例:13年 広島 大瀬良大地→長崎日大→九州・沖縄)。こちらで顕著なのは、近畿地方の選手の指名が減少傾向にあること。さきほどの表1のグラフでもそうだったが、近畿地方が山と谷を繰り返しつつ、指名数が年々減少している。その代わりに、東北地方が少しずつではあるが、着実に指名数を伸ばしている。これには、坂本(巨人)やダルビッシュ(レンジャース)らがそうだったように、近畿地方の選手が東北地方の高校に野球留学する機会が多くなっていることが原因として挙げられる。親元を離れ、東北の地で力を付けた彼らがプロ球団に指名された結果が数字として現れている。

表2

表2

表2 グラフ

表2 グラフ

続いて表3。こちらは表2をさらに詳しく見たものとなっている。高校でドラフト指名されたのか、進学・社会人入社後に指名されたのかを、出身高校を基準として表にまとめたもの。例えば、北海道の13年でいうと、北海道の高校を出て大学・社会人となって指名された選手が1人、高校生が1人といった具合だ。

表3

表3

この表からは高校生で指名されたのか、それともそれ以降に指名されたのかが分かる。各地域ともに高校生で指名されることは少なく、大学・社会人となった後の指名が半数近くを占めている。即戦力という意味では、高校生より、大学・社会人で多くの場数を踏んだ選手の方が多いのは当然のことだろう。そういう意味では、大谷やダルビッシュなど、高校卒業後に即プロとして活躍する選手がいかに凄いことなのかが、違った観点からうかがい知れる。また、余談ではあるが世間一般で言われるような「今の時代大学ぐらい出てないと」といったことはプロに入団するような選手には関係ないようにも思われる。

一方、北海道や東北、北信越地方においては逆の結果となった。高卒でプロ指名される選手が、大学・社会人のそれと同等の数を生み出している。これらの地域の選手の特徴としては、大学後のドラフト指名より、社会人経験後のドラフト指名が多く見受けられる。また、大学後の指名選手でも関東地方の大学出身選手が多くなっており、この地域ならではの色がはっきりと出ているように思われる。

プロに入ることが目的ではなく、息の長いプロ人生を送ることが選手にとって一番のこと。そこを目指すために日夜努力を続ける選手たちが最善の道を歩んでくれることを望む。