スポーツデータコラム

2000本目前のカープ新井、どんな打者?達成はいつ?

 通算2000安打まであと29本で開幕を迎えた広島の新井が好調なスタートを切っている。開幕戦で2安打を放つと、26日の試合でも同点タイムリーを含む2安打で2試合連続のマルチ安打、2000安打まではあと25本となった。これまで46人の打者が達成している2000安打だが、達成した選手たちの打者としてのタイプは様々だ。表1はこれまで2000安打を達成した打者と新井の通算打率と本塁打率(本塁打数÷打数)を比較したものだ。本塁打率はあまりなじみのない指数だが、例えば本塁打率が.050の場合、年間500打数の打者だとシーズン25本塁打になる。.040~.050ぐらいの数字であれば年間20本塁打を安定してクリアする程度の打者という感覚でとらえていただきたい。
これまで46人で通算打率が最も低かったのが谷繁(現中日監督)の.240、最も高いのは若松勉(ヤクルト)の.31918となっていて、本塁打率は最高が王貞治(巨人)の.094、最低が宮本慎也の.008だった。そして2000安打達成者の平均をとると、打率は.287、本塁打率は.043となった。これに2000安打達成時の平均年齢(39歳)を加えると平均的な2000安打達成者の打者像がみえてくる。つまりシーズンの打率は3割弱、年間20本強の本塁打という成績を40歳手前まで続けると2000安打に到達するというイメージだ。今回2000安打を目前としている新井のこれまでの通算打率は.277、本塁打率は.040、そして年齢は今年で39歳だ。これはかなり2000安打達成者の平均的に近い数字といえないだろうか。表1の「平均」の位置と新井の位置を比べていただいてもかなり接近しているのがお分かりいただけるだろう。選手としてはかなり個性的なイメージの強い新井だが、残してきた成績は「平均的な大打者」ともいえるものなのだ。

過去の達成者の中に新井にきわめて近い成績を残していた選手がいる。表1で新井のすぐ左上にプロットされている選手、これは1960年代から70年代にかけて大洋(現DeNA)の中心打者として活躍した松原誠だ。新井と松原、この二人の成績を比較したものが表2である。打率と本塁打率のほかにも出塁率、長打率、打点、併殺打、四球などの成績がかなり接近している。「松原2世」ともいえる成績を残してきた新井だが、松原とは成績以外にも縁がある。実は新井がレギュラーに定着し始めた2001~2002年のシーズンに一軍チーフコーチ兼打撃コーチを務めていたのが松原だったのだ。恩師ともいえる存在とそっくりな通算成績を残すというのはプロ野球の歴史の中でも稀なことではないだろうか。
表1
表2

新井と縁がある選手と言えば今シーズンから阪神の監督を務める金本だろう。この二人にはそのキャリアに共通点がある。表3は大学から直接プロ入りし2000安打を達成した10人の選手のシーズンごとの通算安打数を比較したものだ。大卒選手が2000安打を達成するにはできるだけ早い段階でのレギュラー定着が必要だ。実際この10人のうち8人は2年目までにシーズン100安打を記録している。そして2年目までに100安打を打っていない2人の例外が新井と金本なのだ。金本は1年目が0安打、2年目が17安打となかなか芽が出ず、初めて年間100安打を放ったのは4年目のシーズン。新井も同じようにレギュラー定着には時間がかかり年間100安打到達は金本と同じ4年目のシーズンだった。即戦力として期待されることの多い大卒選手でありながらたたき上げでレギュラーに定着したという点でこの二人には共通点がある。
表3

 とはいえ新井はまだ2000安打には到達していない。27日の時点ではあと25本となっているが、達成のXデーはいつになるだろうか。表4はこれまでのシーズンで新井が29安打目を放つために要した試合数とその日付をまとめたものである。過去最速だったのは22試合目、最遅はレギュラーではなかった2000年の71試合目。レギュラーとして活躍したシーズンの数字をみてみるとだいたい30試合前後には29安打目が記録されている。そして到達日の打率をみるとお分かりいただけるように、打率3割を超える好調なスタートを切ったシーズンでは3~5試合程度早まり、不調の場合は2~3試合遅れている。今シーズンの広島の30試合目は5月1日マツダスタジアムでの中日戦だ。開幕3連戦での良い状態をみると若干早まる可能性はあるが、29日~1日の中日3連戦の間に達成というシナリオが最も濃厚だろう。ただその前の週末(22~24日)には金本監督率いる阪神とマツダスタジアムでの3連戦が予定されている。切っても切れない関係にある金本監督の前で達成という理想的なシナリオを実現させるためには22~24試合で29安打を放つ必要がある。これは自己最速ペースだ。もしこのペースで安打を重ねることができれば広島ファンにとっても願ってもない展開となるはず。ぜひともこの3連戦での2000安打到達を期待したいところだ。
表4

ヤクルト連覇は黄信号、勝率と得失点でみるオープン戦

 いよいよ開幕するプロ野球、21日まで行われたオープン戦は阪神が7勝3敗5分という成績で首位となり、金本新監督にとっては幸先のよいスタートとなった。さてこのオープン戦の成績についてはいろいろな見方が語られてきた。ペナントレースにが全く関係ないといった無関係説から、最下位だけは良くない、最下位と3位は避けたいといったジンクスめいたものまで様々だ。オープン戦の成績がシーズンに影響するようなことは本当にあるのか?今回はこれまでよく語られてきた「順位」ではなく「勝率」と「得失点」に焦点をあてて検証してみたい。
なぜ「勝率」と「得失点」に着目するのか?それは「順位」がほかのチームの動向の影響を受ける相対的な結果であるのに対して「勝率」と「得失点」は自チームの実力によって生まれた結果である。12チームの中で何位だったという視点ではなく、どれだけ勝てたか、どれだけ点を取ったか、どれだけ点を失わなかったかという視点から結果を検証した。
表1
まずはオープン戦の勝率と公式戦の勝率を比較したものをご覧いただきたい。表1は2005年以降のシーズンでオープン戦の勝率と公式戦の勝率の相関関係を求めたものである。全体的にはかなりばらつきがあり、全体的にはオープン戦の勝率は公式戦にあまり影響しないといえそうだ。オープン戦の勝率が5割以上だったのは全132チーム中72チーム、そのうち30チームがシーズンでも5割以上の勝率だった。これは率にすると約58%でこれだけでは有意な結果とは判断しづらい。オープン戦で5割を超える勝率を残してもそれだけでシーズンの好成績が約束されるほどではないようだ。それでは勝率5割を基準にするのではなく、極端な成績を残したチームだけの結果をみるとどうだろうか?表中に示したオレンジの線はオープン戦の勝率が6割6分7厘の境界、緑の線は3割3分3厘の境界を示している。つまり2勝1敗以上のペースで勝ったチームはオレンジ線の右側、1勝2敗以下のペースで負けたチームは緑線の左側にプロットされている。この極端に勝った/負けたチームの成績に着目すると、全体的な様相よりもよりはっきりとした明暗が表れてくる。オレンジ線の右にプロットされた、つまりオープン戦の勝率が6割6分7厘を超えた20チームのうちシーズンでも5割以上の勝率を残したチームは14チーム、7割のチームが勝率5割を超える好成績を残している(表2)。勝率5割の場合の58%を上回る数字で、ここまでくると「吉兆」と言ってもいいのではないだろうか。今年のオープン戦で勝率が6割6分7厘を超えたのは阪神(7割)ロッテ(6割9分2厘)ソフトバンク(6割6分7厘)の3チームだ。前例通りにいけばこのうち2チームは勝率5割以上が期待できるということになる。
表2
 そしてよりシーズンの成績に結びついているといえるのが、オープン戦での勝率が振るわなかったケースだ。勝率が3割3分3厘以下だった17チーム中なんと14チームがシーズンでも勝率5割未満に終わっている(表3)。率にすると約82%という高い割合だ。オープン戦といえども負け過ぎは好ましくないという結果がはっきりと出た。2005年以上でオープン戦の勝率3割3分3厘以下からリーグ優勝したのは2008年の巨人1チームだけ、Aクライス入りもほかに3チームのみだ。今年勝率が3割3分3厘未満だったチームは4チームもあった。とくにセ・リーグはヤクルト(3割3分3厘)中日(3割8厘)、DeNA(3割8厘)と3チームが該当、これまでの傾向ではセ・リーグのBクラスはほぼ決まりということになってしまう。リーグ連覇のかかるヤクルトには気がかりな結果だ。
表3

次にオープン戦での得失点差とシーズン成績の関係をみていきたい。勝敗へのこだわりが薄いオープン戦では勝敗よりも得失点によりチームの力が表れているのではないか、という推測の元に調査を行ったところ勝率よりはシーズンの成績に結びつくという傾向が出てきた。まずは全体の結果をご覧いただきたい(表4)。先ほどの散布図より若干右肩上がりの傾向が見て取れる結果となっている。オープン戦での一試合当たりの得失点差がプラスだった63チームのうち約62%にあたる39チームがシーズンで勝率5割以上を記録しており、オープン戦勝率5割以上よりも好結果となった。今年のオープン戦では阪神、ロッテ、ソフトバンク、楽天、西武、広島、DeNAが得失点でプラスの結果だった。DeNAは勝率では12チーム中最低タイだったが得失点ではプラスという興味深い成績を残している。そしてここでも極端な結果を残したチームをみていくと、よりシーズンと直結する関係が表れてきた。
表4
表5はオープン戦での一試合平均得失点差が1.5を超えたチーム、表6はマイナス1.5を下回ったチームの一覧である。散布図中ではオレンジ線の右が1.5以上、緑線の左側が-1.5以下を示している。得失点が1.5を超えた12チームのうち8チーム、66.7%がシーズンで勝率5割以上を残していた。これはオープン戦の勝率6割6分7厘を超えたチームがシーズン勝率5割を超える割合(70%)を若干下回る数字となっていて、勝率より得失点が重要と言い切れる結果ではなかった。ちなみに今年のオープン戦で得失点差が1.5を超えたチームはない。逆に得失点差がマイナス1.5を下回ったケースではここまでで最もシーズンとの結びつきが強いという結果が出てきた。一試合当たりの得失点差がマイナス1.5を下回った11チームのうち10チームがシーズン勝率で5割未満に終わっているのだ。これはかなり分のわるい数字で、オープン戦といえども得点できず、失点を防げずという戦いぶりを続けていてはシーズンで巻き返すことは難しくなるということなのだろう。今年のオープン戦で得失点差がマイナス1.5を超えてしまったのはヤクルトと中日の2チーム、この両チームは勝率も3割3分3厘以下とかなり悪い状態でのシーズンスタートとなってしまった。オープン戦の結果でみればヤクルトの連覇は厳しいということになる。
表5
表6
ここまでオープン戦での勝率、得失点をみてきたが表2、3、5、6をみてお気づきになった点があるのではないだろうか。オープン戦で好結果を残したチームはパ・リーグが多く、成績が悪かったチームはセ・リーグが圧倒的に多いのだ。これはリーグ全体の対戦成績にも表れている。2005年以降のオープン戦でセ・リーグとパ・リーグのチームが対戦した試合のセ・リーグのチームの勝率は4割3分9厘しかなく、通算で72の負け越しとなっている。もちろんこれにはDHの使用不使用の影響もある。パ・リーグのチームだけがDHを使用し、セ・リーグのチームは使用しないという試合があるからだ。しかしそういったケースの試合を除いてもセ・リーグの負け越し数はまだ51もある。同じ条件で戦ってもパ・リーグの優位は変わらないのだ。これは交流戦で起きているパ・リーグの優位と同じ現象である。表7は2005年以降の交流戦とオープン戦でのセ・リーグの対パ・リーグ勝率の推移である。ほとんどの年で勝率が5割を割っているのがお分かりいただけるだろう。そして今年もオープン戦での対パ・リーグ勝率は3割8分1厘に終わっている。今年も交流戦でのセ・リーグの苦戦は濃厚、ということもオープン戦の結果からは見えてくるのではないだろうか。
表7

阪神最後の本塁打王は?チーム別個人タイトル獲得事情

 プロ野球ファンにとってペナントレースの行方とともに気になるのが打者や投手の個人タイトルの行方だろう。贔屓チームの選手がタイトルを獲得するのはうれしいものだ。さてこの個人タイトル、これまでの獲得者の所属チームに注目するとチームごとに得意な部門、苦手な部門があることがみえてくる。今回は現在表彰の対象である打者6部門(首位打者、最多本塁打、最多打点、最多盗塁、最高出塁率、最多安打)と投手6部門(最優秀防御率、最多勝利、最多奪三振、勝率一位、最多セーブ、最優秀中継ぎ)に加え、最優秀選手(MVP)、最優秀新人選手、沢村賞について、2リーグ制となった1950年以降の66シーズンの獲得者を調査、それを所属チーム別に集計を行った。以下ではその結果をご紹介していきたい。なお集計の対象は連盟の表彰対象であったシーズンの獲得者とした。また最多セーブは1976年(パ・リーグは1977年)から2004年の間は連盟の表彰対象であった最優秀救援投手(セーブポイントが対象)の受賞者を集計の対象としている。そのほかの部門の連盟の表彰対象だったシーズンは表の注釈をご参照いただきたい。
 まずセ・リーグのチーム別打撃部門タイトル獲得回数が表1だ。いわゆる「三冠」である首位打者、最多本塁打、最多打点の3部門ではいずれも巨人の数字が群を抜いている。とくに打点では66シーズン中29回と4割を超える獲得率になった。これはもちろん巨人の誇る2人のレジェンド、王貞治と長嶋茂雄の貢献が大きい。この3部門で2人が獲得したタイトルの合計は46とチームの総計である76回の約60%を占めている。ただこの2人を除いても巨人から出た首位打者は8人、本塁打王は4人、打点王は7人と他球団並みの数字が残っている。三冠と最高出塁率では巨人が席巻してきたセ・リーグだが、最多盗塁では広島が獲得回数、人数ともに1位となった。高橋慶彦、野村謙二郎、緒方孝一と3度タイトルに輝いた選手を3人も輩出している。広島球団の伝統として「機動力野球」が挙げられることが多いのはこういった実績があってのことだろう。]
表1
 パ・リーグ(表2)では部門ごとにチームの特色が表れた。西武は直近8年間で6度本塁打王を獲得している中村剛也の存在が大きく最多本塁打部門でトップ、13年連続盗塁王という大記録を持つ福本豊がいたオリックス(当時阪急)は最多盗塁を12球団でも最多の24回獲得している。日本ハムは2012年までの63シーズンで一度も盗塁王を輩出したことがなかったが、2013年に陽岱鋼がチーム初の盗塁王となると、そこから西川遥輝、中島卓也と3年連続で盗塁王を誕生させている。そして12球団最多となる12人の首位打者を輩出したのがロッテだ。古くは東京オリオンズ時代に山内和弘、榎本喜八という大打者が所属、80年代には落合博満が5度の首位打者となり、2000年以降も福浦和也、西岡剛、角中勝也とコンスタントに首位打者を生んできた。楽天の数字が少ないのは2004年にチームが誕生したため、それでも12年間で4部門のタイトルを獲得し、残るは最多安打と最高出塁率となっている。
表2
 セ・リーグの投手部門では打撃部門より巨人偏重の傾向が薄く、中日の健闘が目立つ結果となった。とくに最多勝部門ではリーグトップの15回、11人の投手を誕生させている。2000年代の16シーズンで6度の最多勝を獲得し、それまでトップだった巨人を追い抜かした。また岩瀬仁紀に代表される近年の救援陣の充実もあって最多セーブ、最優秀中継ぎでも両リーグ最多の獲得回数を誇っている。2002~2012年の11年連続Aクラスはこの投手陣あってのものだった。阪神は同じ伝統球団である巨人と比較すると目立つ部門が少ないが、奪三振部門だけは別だ。2012年からは3投手(能見篤史、ランディ・メッセンジャー、藤浪晋太郎)で4年連続のタイトル獲得、過去には3度このタイトルを獲得した井川慶もいて12部門中唯一リーグトップの数字を記録している。広島は勝率第一位と最優秀中継ぎ投手をまだ輩出していない。楽天以外のチームで投打12部門のタイトルの中に未獲得の部門が残っているのは広島だけだ。
表3
 パ・リーグではソフトバンクと西武が2大勢力となっている(表4)。ソフトバンクは奪三振、勝率、セーブ、中継ぎの4部門でリーグトップの獲得回数、西武は最多勝、防御率という主要2部門がトップだった。ただ西武は防御率が2004年の松坂大輔、最多勝が2009年の涌井秀章が最後の獲得者、2010年代に入ってからは数字が伸びていない。パ・リーグの最多奪三振部門は同じ投手が何度もタイトルを獲得するケースが多く、27年間で14人しかタイトル経験者がいない。日本ハム、ロッテ、オリックスの3チームのタイトル獲得者は1人だけだ(ダルビッシュ有、伊良部秀輝、金子千尋)。
表4
 ここまでで投打の12部門を紹介したが、次に記者投票で決まるMVP、新人王と選考委員によって選出される沢村賞の状況をみていきたい(表5)。野球選手としての最高の目標の1つでもあるMVPを最も獲得しているチームはやはり巨人だった。ここも王と長嶋の2人で14回の獲得回数を稼いでいる。ヤクルトは7人で8回の獲得と目立つ数字ではないがこのうち4回、4人は外国人選手だった。これまでMVPを獲得した外国人選手は9人で、約半数がヤクルトの外国人選手ということになる。さらに巨人で2度MVPに輝いたアレックス・ラミレスも最初に入団したチームはヤクルトなので、その外国人選手発掘力は相当なものだといえるだろう。沢村賞は1988年までセ・リーグの投手のみが選考対象だったためパ・リーグのチームの獲得回数は少ない。日本ハムは2007年のダルビッシュ有、オリックスは2014年の金子千尋が初めて獲得、これで残る沢村賞未獲得チームはロッテだけとなった。
表5
 最後に各部門のタイトル獲得から最も遠ざかっているチームを紹介したい(表6)。打撃部門で最も遠ざかっているチームが阪神とロッテで、阪神は最後の本塁打王が1986年のバース、ロッテは最後の本塁打王と最高出塁率選手が同じく1986年の落合博満だ。2人は同年のセとパの三冠王、ともにチーム史に残る大打者以来本塁打王が出ていないというのは不思議な偶然である。投手部門では先にも挙げた勝率と中継ぎ部門で広島が未獲得、広島は最多セーブも1991年の大野豊以来輩出できていない。本塁打王から遠ざかるロッテはMVPも同年の落合以来誕生していない。日本一となった2005年、2010年もMVPは他チームの選手だった。そもそもMVPは年間の勝率1位チームから選出されることが多いが、ロッテが最後に勝率で1位となったのは1974年が最後(2005年は勝率では2位)で。最も勝率年間1位から遠ざかっているチームでもある。DeNAはセ・リーグの球団では最も沢村賞から遠ざかっており、最後の獲得は1983年の遠藤一彦である。DeNAは最多勝が1993年の野村弘樹、防御率は1992年の盛田幸妃が最後と先発投手の主要なタイトルを長らく獲得できていない。
表6

良い打者の条件は何?P/PAが示す好打者とは

 P/PAという指標をご存じだろうか。これはある打者が打席(PA)ごとにどのくらいの球数(P)を相手投手に投げさせているかを表す指標で、数値が大きくなるほど打席での「勝負が遅い」打者であるということになる。よく言われるように野球は、どんなによい打者でも6割から7割は凡退をするスポーツである。この多くの凡退の打席をいかに内容のあるものにできるか、というのは打者にとって重要な資質の一つだろう。この1打席ごとの内容を比較的簡単にある程度評価することができるのが「P/PAの良し悪し」なのだ。1打席あたりの被投球数が多いということは、たとえ打ち取られたとしても投手に多くの投球をさせているということであり、相手投手を疲労させるという意味で少なくとも多少のダメージは相手に与えているということになる。この点においてP/PAが大きい打者は他の一般的な指標、例えば打率や打点などが優秀ではないにしてもチームにとって有益な選手となっているのである。
 ただこのP/PAが大きくなるということは一つの弊害を生む。それが三振率(何打席に1回の割合で三振をするか)の増加だ。相手投手に多くの投球をさせると、当然のこととしてストライクを奪われる回数も増加するので、必然的に三振の数も増える。三振はその時点でアウトが確定するという意味で相手にとって一番安全なアウトの取り方であり、攻撃側にとっては「何も起こりえない」という意味でできるだけ避けたい打席結果だ。できるだけ三振は避けたいが、簡単に打席を終わらせることも避けたい。P/PAを良化させるためにはこのジレンマを乗り越える必要があり、これは打者にとって難しい問題である。そこで今回は各打者のP/PAと三振率の相関をみることで、それぞれの打者がこの問題にどのように対処しているのかということを見ていきたい。

 表1は昨シーズンの公式戦で100打席以上を記録した選手のP/PAと三振率の相関関係を表したものである。縦軸は三振率で上に行くほど数字が大きくなる、つまり三振をしにくい打者であることを示し、横軸はP/PAの値で右に行くほど被投球数が多い、つまり「打席での勝負が遅い」打者であることを示している。前に述べたように基本的にP/PAが大きくなると三振率は悪化するので、全体としては右肩下がりの傾向が現れることになる。
表1
 さてこの中で最も極端な傾向を示した打者が銀次(楽天)だ。銀次のP/PAは100打席以上の打者185人の中で最低の3.31と昨年最も「勝負の早い」打者だった。その結果三振率は18.63と、こちらは185人中最高の数字となった。P/PAが両リーグ最低ということで今回のテーマでは評価しづらい結果となってしまっているが、早い勝負の結果として最も優秀な三振率を記録していることは、「三振しない」という確固たる打席での姿勢が結果として表れているという点で素晴らしい打者ということはできるだろう。
 逆に最も優秀なP/PAを記録したのは今シーズン西武から巨人に復帰した脇谷である。昨シーズンのP/PAは4.59という数字でこれは銀次より1打席あたり1球以上多い数字だ。これはどのくらいの差なのか?昨シーズンの数字では脇谷は打席数が銀次より82少なかったものの、被投球数は76上回っていた。1打席あたり1球とはいえシーズンを通すとかなりの数字になることがお分かりいただけるだろう。脇谷は両リーグ最高のP/PAを記録しつつも三振率は100打席以上の打者の平均三振率5.79とほぼ同じ数字に止めており、総合的に内容の濃い打席でのアプローチを実践できていたシーズンだった。
 そして注目をしていただきたいのがグラフで右上のゾーンにプロットされている選手たちである。このゾーンはP/PA、三振率がともに良好なことを示しており、ここには先に挙げた「P/PAを良化させると三振率が悪化する」というジレンマをある程度克服した打者がプロットされているのである。中でも総合的に最もこの2つの要素を両立させていたのが田中賢(日本ハム)だ。昨シーズンは185人中10位となるP/PAを記録すると同時に、11位の三振率を記録、両リーグで最も「簡単に打ち取られない上に三振もしにくい」打者だった。もともとは年間100三振を2度記録したこともあり、さほど三振しにくい打者というわけではなかったが、年齢をかさねるごとに三振率が良化、その上で優秀なP/PAはキープするという理想的な進化をしてきた打者でもある。
 田中賢のほかにもグラフ上では9人の打者の名前を挙げた。中にはシーズン安打記録を更新した秋山や西岡、角中といった首位打者経験者の名前があり、一般的に「好打者」のイメージを持たれる打者が多いのが特徴である。その意味最も注目したいのが日本ハムの近藤だろう。昨シーズン残した数字は、高卒4年目、レギュラー定着1年目にして非常に優秀な打席でのアプローチが達成できていることを示しており、今後の成長に非常に期待が持てる選手だ。

 最後に逆のゾーン、つまり「打席での粘りはなく三振もしやすい」ということを占めるゾーンに含まれてしまった選手を紹介しておきたい。表中の5人の選手は最も左下よりにプロットされてしまった選手たちだ。やはり打撃に課題がある捕手の名前が多くなる結果が出た。中でも松井雅(中日)はP/PAが185人中165位、三振率が178位と全く振るわない数字を残してしまった。その結果打率も100打席以上の選手ではワーストとなる.135に終わり、出塁率も.179だった。いかに捕手といえどもここまで打てないと厳しいものがある。昨シーズンは開幕スタメンに起用されるなど期待も大きい選手だがまずは打席でのアプローチから改善する余地があるだろう。また井手(DeNA)はプロでの年間四球数が最多でも9という球界でも有数の四球を選ばない打者である。打席での勝負が早いことは悪い面ばかりでもないが、昨シーズンは自己最多の4本塁打を放つ一方で、三振率も自己ワーストに近い3.64と早い勝負のよさを全く生かせなかった。主に打撃面での貢献が期待される選手であるだけにこの点での改善に期待したい。