【プロ野球】大物が続々引退、消えゆく80-90年代野球

 球界で例年になく大物の引退が相次いでいる。現役選手の安打数で上位3人を占めていた、中日の小笠原と和田、そして谷繁が選手として引退、さらに同6位の谷(オリックス)も今季でユニフォームを脱ぐことを決めた。投手でも現役で唯一200勝を達成している山本昌(中日)、そして勝利数2位の西口(西武)が引退を発表している。ほかにも日米通算で100勝100セーブを達成している楽天の斎藤、通算480試合登板の小山(楽天)、2006年の日本ハム日本一に貢献した森本(西武)、最優秀防御率のタイトルも獲得した高橋(DeNA)、プロ通算65勝の朝倉(中日)がこれまでに引退を決めている。

 ここまでで紹介した11人の選手はすべて1980~90年代のドラフトで指名され入団した選手たちだ。80年代、90年代にプロ入りした選手は今シーズン開幕前の時点で50人いた(表1)。それがここまでの段階で11人の引退が決定し、オフの間にはさらに引退する選手や、戦力外となりNPBから去る選手も現れるだろう。1999年以前に入団した選手が姿を消す日はそう遠くない未来に訪れることになりそうだ。そこでここからは過去のものとなりつつある1980~90年代の野球を経験している選手たちを紹介していきたいと思う。
表1
 今シーズン引退する選手たちの中で最も過去の野球を知る選手はなんといっても山本昌だ。山本昌は1983年のドラフトで中日に5位指名され入団した。同じドラフトで1位指名を受けた選手には西武黄金時代の主力である渡辺久信、辻発彦をはじめ、星野伸之(阪急)吉井理人(近鉄)佐々木誠(南海)水野雄仁、香田勲男(巨人)小早川毅彦(広島)中西清起、仲田幸司(阪神)藤王康晴、仁村徹(中日)と80~90年代を代表する選手がずらりと並んでいる。

 山本昌は後楽園球場での公式戦を経験した最後の現役投手でもある。1987年4月10日の巨人戦ではリリーフで登板し駒田徳広に四球、山倉和博にタイムリーを許し、西本聖から三振を奪ったところで降板。続く11日の試合では打者3人(吉村禎章、中畑清、駒田)と対戦して無失点で降板している。この翌年には東京ドームが完成し後楽園球場は閉鎖されたので、この年以降にプロ入りした選手は昭和のプロ野球を代表する球場でプレーすることはなかった。

 後楽園のようにかつて本拠地として使われていた球場でのプレー経験を持つ選手も残り少なくなってきた(表2)。中日がかつて本拠地としていたナゴヤ球場でのプレー経験(一軍公式戦)がある現役選手はあと6人、中日の選手だった山本昌のほかには、谷繁、三浦と岡島(DeNA)松井稼(楽天)に加え当時は阪急に所属していた中嶋(日本ハム)もプレー経験がある。1986年のドラフトで阪急に入団した中嶋は、阪急の本拠地であった西宮球場だけでなく、ロッテの川崎球場、近鉄の藤井寺球場、南海の大阪球場、ダイエーの平和台球場での試合にも出場経験がある。川崎、西宮、大阪、平和台の各球場はほかに現役で経験のある選手はおらず、この4球場でのプレー経験がある選手は中嶋で最後の選手となる。近鉄が大阪ドームに移ったあとも数年間使用されていた藤井寺球場は、中嶋のほかに西口、松井稼、サブロー(ロッテ)もプレーした経験を持っている。
表2

 山本昌、谷繁が引退したため中嶋は来季も現役を続行すれば1980年代、そして「昭和」に入団した最後の選手となる。そして90年代を代表する投手である、野茂秀雄(当時近鉄)と日本の公式戦で対戦した経験を持つ最後の選手ともなる。中嶋は野茂と1994年5月3日の試合で2度対戦し、2度とも四球を選んでいる。

 米国へ渡った選手との対戦経験といえば、オリックス時代のイチローとの対戦を経験した投手も数少なくなってきた。現役でもっとも多くの対戦経験(54打数12安打)を持つ西口が引退し、残るは松坂(ソフトバンク)と川井(楽天)だけ。意外な名前にも思える川井はロッテ時代の2000年に2度対戦していて、対戦結果は二ゴロと死球だった。イチローが日本にいたころにパ・リーグのチームに所属した投手はNPBにはもうほとんど残っていない。今季全休した松坂が今後も復帰がかなわなかった場合は川井が90年代のパ・リーグ最後の投手となる。

 最後に「昭和最後の選手」となった中嶋と対戦経験のある現役投手を紹介しておきたい(表3)。中嶋は2007年以降バッテリーコーチを兼任しており、とくに近年は試合に出場する機会がきわめて少ない。そのため対戦体験のある投手が徐々に少なくなりつつあるのだ。現在対戦の経験がある投手は全部で29人、しかしそのうち4人はすでに引退が決定、来季の去就が不透明な投手も少なくないためこの数はまだ減りそうだ。西口の引退する西武には対戦経験のある投手がいない状態になり、ロッテも涌井だけだ。中嶋が来季も現役を続行し、試合に出場すればプロ野球新記録となる実働30年を達成する。打席に立つシーンに巡り合った際にはその対戦投手にも注目をしてみていただきたい。
表3